映画「グリーンマイル」は、実話か?原作の小説は?【ネタバレなし】

グリーンマイル
目次

映画「グリーンマイル」の元ネタは、スティーヴン・キングの小説

グリーンマイル』は、1996年にスティーヴン・キングによって発表された。

1932年の大恐慌時代の死刑囚が収容されている刑務所を舞台としたファンタジー小説

残念ながら実話ではありません。

本記事で解説するのは1999年に公開された、上記の小説を原作とした映画版。

監督は数々のスティーヴン・キング小説を映像化してきたフランク・ダラボン。

不思議な力を持つ黒人死刑囚ジョン・コーフィー(マイケル・クラーク・ダンカン)と、実直で堅物の看守ポール(トム・ハンクス)たちの触れ合いを三時間を超える尺で描いた感動長編。

しかし感動だけじゃない、奥深いテーマの数々から構成される本作をできるだけネタバレしない方向で紹介していきたいと思います。

「グリーンマイル」のキャスト

看守の主任ポール・エッジコム – トム・ハンクス

刑務所に投獄されるジョン・コーフィ- マイケル・クラーク・ダンカン

ポールの相棒副主任のブルータス・ハウエル- デヴィッド・モース

「グリーンマイル」の意味

映画のタイトルにある「グリーンマイル」の意味は、「牢屋から死刑執行場までの道」を意味しています。

ご存じの通り「マイル」は、距離を指す時に使われる1マイル、10マイルのマイルになります。

グリーンは、刑務所の床が緑である事から「グリーンマイル」となっています。

他には、「遠い道」と解釈される事もあるようです。

「グリーンマイル」の概要・あらすじ

1932年、アメリカの刑務所。

死刑囚監房で看守を務めるポールのもとに一人の大柄な黒人の男が送られてくる。

名をジョン・コーフィーといい、双子の幼女を強姦して死に到らしめたというとてつもない凶悪犯とのこと。

しかしジョンは、その恐ろしい風貌や罪状に反して、とても心優しく、繊細で純真な心を持っていた。

また、ジョンは神通力のような不思議な力を持っていて、ポールの股間を掴んだだけで重い尿道炎を治してしまったり、嫌われ者の看守パーシーに踏みつけられ虫の息だったネズミの命を救うなど、イメージに反して聖人のような行いをする。

ある日、ジョンの不思議な力がきっかけで、実はジョンの罪が濡れ衣だったと発覚する。

ジョンのことが嫌いではない看守達は彼を救ってやりたいと尽力するが、その想いも空しくジョンの死刑執行が決まってしまう…

「グリーンマイル」の感想

「感動」の二文字だけでは表現できない、奥深いテーマ

かの巨匠スピルバーグ監督に「鑑賞中、耐えきれず4度号泣してしまった」とまで言わしめた本作。
キャッチコピーを見ただけだと「ハートフルな感動物語」という印象をいだいてましたが、実際に作品を観た結果、少なくとも筆者は全く違う印象を受けました。

筆者が感じたのは人間の身勝手さ、意地汚さ、世の不条理、命の価値、罪と罰。などなど。
何が正義で何が悪なのかを考えさせられる作品だったと思います。

トラウマになるほどのシーン

この映画は、暖かいハートフルな雰囲気に反してトラウマ級のエグいシーンも入ってたりします(汗)

そのため、小さなお子さんと一緒に見たりするとトラウマになるかもしれませんので、注意が必要です。

映画「グリーンマイル」のレビューを調べてみた

高知競馬の駐車場に「さくらサーカス」のきれいなイルミネーション✨昼はこんな感じ😊 あれは移動遊園地だったけど、トムハンクスを好きになった映画「ビッグ」を思い出した🙂「フォレストガンプ」や「グリーンマイル」も好きだけど、若いころのコメディ映画の方が好き…

トム・ハンクスが主演した映画(その2)○:グリーンマイル ×:バットマン リターンズ(マイケル・キートン)、グラディエーター(ラッセル・クロウ)(39%)

電気椅子[処刑:方法]罪人を椅子に固定し、髪を剃って頭頂部をあらわにしたところによく水を含ませたスポンジを乗せる。その上から電極をかぶせ、通電することで罪人を死に至らしめる。映画「グリーンマイル」で椅子が命を奪うシーンが細かく描写されて…

確かそうですw 薄っすらとしか覚えてないけど😂 違う映画ですが、 グリーンマイルと似てた気がします (・ω・三・ω・)フンフン

まとめ・考察

さて『グリーンマイル』を視聴した感想を述べさせてもらいましたがいかがでしたでしょうか。

詳しい顛末はネタバレになってしまうので明言を控えさせてもらったので、ぜひとも実際に鑑賞していただきたいです。

「感動」だけでは言い表せられない本作。

筆者とはまた違った見え方をする方もいるかもしれません。

奥深いテーマの作品ということで小難しいのかなと身構えてしまう方もいるかもしれませんが、三時間超という長尺を感じさせないほどスラスラと一気に観れてしまう良い映画なので普段映画を観ない人でもオススメです。

刑務所を舞台にした映画は、以下の作品などもあります。

トム・ハンクスの出演作品

映画「ターミナル」は、空港内のみでの撮影の映画です。

非常に繊細な演技をトム・ハンクスが演じています。しかも、英語が話せないという難しい役柄

映画「フォレストガンプ」では、ピュアでまっすぐな人を演じています。笑いあり、感動ありの映画です。

2作品とも有名な作品ですが、もし見ていなければ、見て頂きたい2作品です

スティーヴン・キングの作品情報

グリーンマイル」の原作者であるスティーブン・キングは、ホラー作品をメインに様々な作品を生んでいます。以下の作品も彼の小説が原作になっていますので、参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次