おすすめの名作「ショーシャンクの空に」の人気の理由を考察。なぜ人気なのか?

洋画

「ショーシャンクの空に」の洋題(英語のタイトル)は?

原作は、ホラー作品をヒットさせる「スティーブン・キング」の

「The Shawshank Redemption」になります。

 

「Redemption」の単語の意味は、以下の意味があります。

  • 償還・・・返却すること
  • 償却・・・
  • あがない
  • 償金
  • 済度・・・困難や苦労から救うこと

 

邦題の「空に」は、何故ついたのでしょうね?

 

不朽の名作である 「ショーシャンクの空に」

 

ショーシャンクの空には実話?

1994年公開アメリカ映画「ショーシャンクの空に」は、冤罪で刑務所に投獄されたエリート銀行員アンディが最後まで希望を捨てずに長い年月を掛けて脱獄するまでの刑務所内での人間模様を緻密に描いたヒュー. 1994年に公開され、20年以上経った今でも感動の名作として必ずといっていいほど名前があがるヒューマン・ドラマの傑作『ショーシャンクの空に』(1994)。

受賞には至りませんでしたが、第67回アカデミ 舞台・演劇のニュースを動画で,2013年11月2日(土)から上演される 舞台「ショーシャンクの空に」の製作発表会見が行われ、 脚本の喜安浩平さん、演出の河原雅彦さん、 出演者の成河さん、益岡徹さんが登壇されました。

あなたは、将来の夢ややりたいことをあきらめたことはありますか?どんなに絶望的な状況でも、夢や希望を持ち続けることはできますか?「ショーシャンクの空に」は、無実の元銀行員が刑務所の中で、何十年も希望を持ち続ける大切さを教えてくれます。

『ショーシャンクの空に』(ストーリー・あらすじ編) 原題 The Shawshank Redemption 製作国 アメリカ 製作年 1994 上映時間 143分 監督・脚本 フランク・ダラボン 原作 スティーブン・キング 評価 : 5.0点 スティーブン・キングの『塀 の中の.

不朽の名作である、「ショーシャンクの空に」。

映画のエンドロールに「アレン・グリーンを偲んで」が表示されているために、誰なのか気になっている方も多いはずです。

監督のフランク・ダラボンさんの関係者であるという噂を掴みましたので本当かどうか調べてみました。

「ショーシャンクの空に」を越える映画はありますか? かれこれ100年以上続く映画史の中でこの映画を越える映画はないと思います。

チャップリン、ヒッチコック、ゴダール、キューブリック等の作品よりも上でしょう。

パニックミステリーが大丈夫なら絶対みてください。。。

観終わった後、私は当分立てなかった(笑)まわりの方たちも放心状態。。。さすがスティーヴン・キング!「ショーシャンクの空に」とは真逆な作品。

『ショーシャンクの空に』はティム・ロビンスとモーガン・フリーマンという、2大俳優の共演でも有名で、アメリカや日本をはじめ、世界各国でも有名な感動作品に数えられます。

ひょんなことから銀行に勤めるエリートマンは冤罪をかけられ、それまで高い社会的地位を誇っていた安定のショーシャンクの空に映画ファンならそのタイトルを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

この映画は1994年の作品で、20年以上前のものでありますが、今なお多くの人々の心に残る名作映画として現在も親しまれています。

名作映画の代表格。

若い人は泣けないかもだが、泣ける泣けない関係なくクッソ面白い映画。

冤罪で悪質な刑務所に入れられてしまった男が頭を使って刑務所を改善していく話。

スティーブンキングの中編小説「刑務所のリタ・ヘイワース」が原作。第67回アカデミー賞において7部門にノミネートされ、脱獄映画の傑作とも称されるヒューマンドラマ「ショーシャンクの空に」を英語にすると?原題と邦題でタイトルが異なる映画をチェックしましょう。

 

妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。

初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者. ショーシャンクの空にって実話?アレングリーンとは?… 最後まで希望を捨てず自由を勝ち取った男性の姿を描いた「ショーシャンクの空に」 心に響く名ゼリフがたくさん

 

原作はスティーヴン・キング。

『グリーン・マイル』も同じ刑務所が舞台のドラマだが どちらかといえば 『ショーシャンク』の方が好き。

上映時間 143分 監督:フランク・ダラボン 脚本:フランク・ダラボン 原作:スティーヴン・キング 『刑務所のリタ・ヘイワース』 アンディ (ティム・ロビンス) ショーシャンクの空に:妻とその愛人を射殺したとしてショーシャンク刑務所に収容された無実のアンディ。

粗暴な刑務主任・ハドリーや囚人たちから暴力を受けながらも、彼は持ち前の親しみやすさと元銀行家の手腕を生かし徐々に信頼を勝ち得ていく。

ジャンルはヒューマンドラマ。

主にホラーの大家として知られる米作家スティーヴン・キングの人間賛歌を謳った中編小説『刑務所のリタ・ヘイワース』をフランク・ダラボンが脚本化。

今から30年も前の 1994年に公開されたアメリカの映画 です。

 

最後まで希望を捨てず自由を勝ち取った冤罪という社会的制裁の影 『ショーシャンクの空に』は、1947年を舞台にして冤罪という大きなテーマを扱っている。

映画ではかなり過去の話ではあるが、実際、冤罪自体は21世紀になってもまだその影をひそめることはない。

撮影は主にオハイオ州で行われ、刑務所外部は、すでに使われなくなった少年院(Ohio State Reformatory)が使用された。

コメント

タイトルとURLをコピーしました