リバーフェニックス主演の映画「スタンドバイミー」のあらすじ・キャスト

目次

1987年4月に劇場公開された「スタンドバイミー」の予告編動画は、こちら

映画『スタンド・バイ・ミー』は、1986年公開のアメリカ映画で、スティーヴン・キングの小説を原作とする映画作品です。

映画「スタンドバイミー」のキャスト

監督は、ロブ・ライナーで、2000年代以降にはモーガン・フリーマン主演の『最高の人生のはじめ方 』をはじめとするベテラン俳優を主演に、人生のあり方を描いたようなヒューマンドラマで人気を博している監督です。

ベン・E・キングが歌う主題歌「スタンドバイミー」はあまりにも有名

それ以外にも、ラジオからかかる音楽にも注目を浴びる作品として知られています。

映画「スタンドバイミー」のキャスト

ゴーディ・ラチャンス(ウィル・ウィートン)

この物語の主人公。両親から期待されていた出来のよい兄を事故で無くしたため、家族からは冷遇され、コンプレックスを感じている。将来は、小説家になるのが夢。

クリス・チェンバーズ(リヴァー・フェニックス)

家庭環境がよくなく、不良の兄「アイボール・チェンバーズ」を持ち、将来に悲観的。友人思いの正義感のある青年。

テディ・ドチャンプ(コリー・フェルドマン)

父親から虐待を受けて耳を焼かれてしまったが、父親が軍隊で勇敢に戦った事は尊敬している。

バーン・テシオ(ジェリー・オコンネル)

ちょっぴり太った少年で、おっちょこちょいだが、彼のアイデアで4人で行方不明の死体を探しにいく事になる。

映画「スタンドバイミー」のあらすじ

ノスタルジーを感じさせる、少年時代の冒険を描いており、その後の映画でも大きな影響をもたらしています。

4人の少年の夏を題材とした青春映画

いつもの木の上の秘密基地に集まるメンバーでいつも通りの遊びをする4人。

バーンは、盗み聞きで「汽車にひかれた死体」がある事をみんなに伝えます。

そして、キャンプに行く事にし、死体を見つけて有名になろうと4人は計画を立てます。

そして、、、この冒険の体験が生涯忘れられないものとなるのです。

大人になったからわかる子供の頃の気持ち

子供のころは、住んでる小さな街が自分の全てだと思っていた。

大人になるにつれて疎遠になっていく子供の頃の友人たち。

もう、12歳の頃に出来た友人と会う事はないのかもしれない。

そんな子供の頃の気持ちを思い出させてくれる青春映画の名作『スタンド・バイ・ミー』を観直してみてはどうでしょう。

映画「スタンドバイミー」のレビューを調べてみた

ブラックフォン思いの外良かった! 黒いスタンドバイミーと言った感じ?凄くバランスの良い映画だった。

小説版Free!の参考映画だったので『スタンドバイミー』借りてきました、そのうち見ます。

スタンドアンドファイトMUSIC スタンドバイミーの映画の ストーリーを 忘れかけてる 何がしたくて どこに行きたくて 何を壊して 何になりたいんだ? スタンドバイミーが終わるまで [2015.11.20 渋谷club乙]  /…

まさに、観た印象がスタンドバイミー過ぎて。。。ある意味やられた!って事ですね。すごい面白い作品で是非音が良い映画館でもう一回観たいですね。

映画「スタンドバイミー」の作品情報

  • 製作国:アメリカ
  • 脚本:ブルース・A・エヴァンス、レイノルド・ギデオン
  • 監督:ロブ・ライナー
  • 上映時間:89分
  • 公開日:1987年4月18日
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる