「フォレストガンプ /一期一会」の概要・あらすじを解説。ベンチの場所は何処?

洋画
この記事は約4分で読めます。

フォレストガンプの概要・あらすじ

3年以上走り続けたガンプには、助けや救いを求める多くの人々がついて走るようになっていました。

とにかく今目の前にいる人を大切にして、受け入れて、その運命を乗り越えて生きていきます。

知能指数は人より低いが足だけはめっぽう早いフォレストの「半生」と、アメリカを象徴するさまざまな「事件」をオーバーラップさせながら、誠実に生きることのすばらしさを愉快に教えてくれるヒューマン・ドラマです。ジェニーにストリップ小屋で裸でギターを弾かせるシーンでは、制作スタッフがDVDのオーディオ・コメンタリーで「ジョーン・バエズが彼女の理想像だ」とコメントしている。

フォレストはこの手紙を受け取ってアラバマを飛び出し、冒頭のバス停まで来たのだ。

何かと物事をむずかしく考えてしまうとき、フォレストのまっすぐな生き方や、彼を温かく見守りつづけた母の教えを事あるごとに思い出させてもらったものです。

2人は一緒に暮らすようになり、ある日、ガンプはジェニーにプロポーズをします。

彼は人より知能指数は劣るが、母から教わった教えを胸に純真な心で生きていく。

日本公開は1995年で、配給収入38億円のヒット作品。

親の育て方に、ある一定の問題がある場合も、子は自然な感情を抑え込む癖がついてしまうことがあり、結果、恋愛でも、なかなか口説かれない強者に、育ってしまうこともあるらしいです。

フォレストの人生には、目まぐるしく大きな変化が起こります。

病気で亡くなる直前、フォレストへ「人生はチョコレートの箱のようなもの。

とのジェニーの答えに安心し、涙ぐむフォレスト。

上官からの命令に対して「はい」と答えるだけでよく、命令された事だけをこなせば良い軍隊の生活はフォレストに向いており、優秀な兵士となる。

しかし、突然ジェニーは家を出て行きます。

以後は大漁が続き、人生に絶望していたダンも希望を取り戻し、やがて「バッバ・ガンプ・シュリンプ」は知らぬ者はいないほど大きな会社へと成長する。

彼女が人生に挫折した事を知ってか知らでか、フォレストは不器用なりにジェニーを愛し続ける。

また、フォレストの父親の存在について、劇中ではミセス・ガンプが父親は「旅に出ている」とだけ言いますが、原作では父親が湾港労働者で、500キロのバナナの下敷きになって死んだことが明らかにされています。

でもそこにフォーカスしていないから最初から最後まで楽しく見られるのでしょう。

実はこのやりとりの一番最初のセリフは「フォレスト・ガンプ / 一期一会」という映画で、ガンプ役のトム・ハンクスがジェニーにプロポーズしたときのセリフで、「結婚してくれないか。僕はよい夫になるよ、ジェニー」という意味です。

さて実際に映画の中の二人はどうなったのか…。

ジェニーはガンプのプロポーズを受けたのでしょうか。

これはネタバレになりますのでこの感動の映画をまだ見ていない人のために伏せておきますね。

歴史的大事件から、文化ムーブメント、産業界まで大小硬軟取り混ぜて、フォレストがアメリカの現代史と並走する映画です。

そこにフォレストと同じ名前のジェニーの息子が帰宅し、ジェニーは彼がフォレストと自分の子供であると告げる。

多くの感動を呼び、人々の心に今も残るセリフを生んだ「フォレスト・ガンプ」

ただ、その時その時の自分の人生を、バカ正直に生きた男の、夢のような成功物語。ヒューマン・ドラマであると同時に、一風変わったアメリカン・ドリームを描いたサクセス・ストーリーでもある。主人公のガンプを軸に見れば、これは、そんなお話です。いっぽう。

ガンプの幼なじみの女の子でヒロインのジェニーは、ヒっドい人生を送ってます。

子供の頃は父親に虐待され、女子大に入るとエロ本に出たことがバレて退学に。

その後、成人してからも踏んだり蹴ったりの人生。

ガンプとジェニーは、世代的には“団塊の世代”です

1950年代に子供時代をすごし、60年代に青春時代を送って、70年代にオトナの仲間入りをした。

まさしくアメリカ現代史を駆け抜けてきた、そんなジェネレーション。

でも、フォレストがジェニーと結ばれるのは、ずっと後―彼が思いがけず大学フットボールチームやベトナム戦争で活躍し、エビ漁で成功し、ジェニーが寂しい子ども時代から脱却してから。ふたりはアラバマのフォレストの家に戻って、結婚式を挙げます。

フォレストガンプの最初のシーン、終盤のシーンのベンチは何処?

映画で出てくるベンチのシーンの場所は、ジョージア州サバナと言われる場所です。

日本では、あまり有名ではないですが、アメリカでは人気の観光地。

コメント

タイトルとURLをコピーしました