映画『キングオブコメディ』の配信先と考察。怖いかも?

「キングオブコメディ」という映画をご存知ですか?

この映画は、主人公が有名なコメディアンになるために奮闘する物語ですが、ラストシーンで怖い展開が待っています。

この記事では、「キングオブコメディ」のラストシーンを解説し、名言や考察も紹介します。

また、この映画はコメディの要素が多く含まれているため、怖い展開に驚かされる方もいるかもしれません。

しかし、その怖さがこの映画の魅力の一つでもあります。

是非、この記事で「キングオブコメディ」について深く理解し、楽しんでいただければと思います。

目次

マーティン・スコセッシ監督とロバートデニーロ

1982年に公開されたアメリカ映画「キングオブコメディ」は、マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ主演の作品です。

物語は、コメディアンを夢見る男が、自分の才能を認めてもらうために、有名なトークショーの司会者を誘拐するという内容です。

スコセッシ監督が描く緻密な演出や、ロバート・デ・ニーロが見せる絶妙な演技によって、作品には深いメッセージとともに、強いエンターテイメント性があると言われています。

キングオブコメディの当初の評価

映画「キングオブコメディ」は、当初は興行的に失敗し、批評家からも酷評されましたが、後にカルト的な人気を獲得し、現在ではコメディ映画の傑作として知られています。

また、この映画にはマーティン・スコセッシ監督という、有名な監督が携わっていたことも興味深い事実の一つです。スコセッシ監督は、この映画を撮影する前に「タクシードライバー」を監督しており、両作品には共通するテーマがあります。

それは、社会的に孤立した男性の心理描写です。

映画『キングオブコメディ』のあらすじ

主人公のルパート・パピキンは、コメディアンを夢見る中年男性で自身の才能に自信を持ちながらも、全く売れていない状態であった。

そんな彼は、自分が憧れる人気トークショーの司会者ジェリー・ラングフォードに会うため、彼の自宅に侵入しようとする。

しかし、失敗に終わり閉め出されてしまう。

その後、ルパートは、自分がジェリーと出会うためにどんな手段を使っても良いと決意し、彼の番組に出演する機会を求めて奔走する。

やがて、ルパートは自身の才能を証明するために、ジェリーを人質に取り、番組の舞台に乗り込む。

そして、コメディアンとして才能を発揮し、世間の注目を浴びることに成功するが、その行為は犯罪として刑務所に収監されてしまう。

「どん底のまま終わるより、一夜限りの王になりたい」

ショーは大成功しますが、刑務所に収監されてしまいます。

そして、服役中に書いた自伝書がベストセラーに!

作品は、ルパートの夢と現実、成功と犯罪といった対立が描かれながら、現代社会におけるメディアやエンターテインメント産業の暴力的な一面についても扱っています。

映画『キングオブコメディ』のキャスト

本作の登場人物と関係性を以下に示します。

名前俳優関係性
ルパート・パピキンロバート・デ・ニーロ本作の主人公。中年男性で、コメディアンを夢見るが、全く売れていない状況にある。
ジェリー・ラングフォードジェリー・ルイス有名なトークショーの司会者で、ルパートの憧れの的。
リタ・キーンダイアン・アボットジェリーの愛人である女優。彼女は、ルパートに興味を持ち、彼の才能を見出すきっかけを作る。
キャシー・ロングシェリー・ハックルパートが仕事をする喫茶店のウェイトレス。彼女は、ルパートに共感し、彼の夢を応援する。
マーシャサンドラ・バーンハードルパートのファンで、彼の行動に共感している。彼女は、ルパートのファンクラブを立ち上げ、彼を支援する。
映画『キングオブコメディ』の登場人物一覧

これらの登場人物が、ルパートの物語に深く関わっています。

特に、ジェリーとリタの関係がルパートの物語を大きく動かす重要な要素となっています。

映画『キングオブコメディ』テーマについて

「キングオブコメディ」のテーマは、社会のエリート層やメディアによる支配への反乱といえます。

主人公のルパート・パピキンは、自分がコメディアンであるにもかかわらず、売れずに苦しんでいると同時に、トークショーの司会者であるジェリー・ラングフォードに対する異常な執着心を持っています。

ルパートは、彼を支配するような社会やメディアの体制に対して反乱を起こすことで、自分自身を解放しようとしています。

また、この映画は、社会の成功の定義や成功を求める人々の心理についても掘り下げています。

「キングオブコメディ」は、ロバート・デ・ニーロが演じる主人公ルパート・パピキンの異常なキャラクター描写や、社会派映画としての内容、独創的な映像美や音楽などの演出面など、多くの要素が高い評価を得ています。

また、後の映画やドラマに多大な影響を与えた作品として、映画史に名を残す作品とされています。

映画『キングオブコメディ』は、マーティン・スコセッシ監督の演出

「キングオブコメディ」は、マーティン・スコセッシ監督が手がけた作品で、映像美や音楽などの演出面でも特徴的な点があります。

まず、映像美についてですが、本作は都市の夜景が美しく描かれています。

また、主人公ルパート・パピキンの孤独感や追い詰められた心理状態を表現するために、独特のカメラワークや映像効果が用いられています。

例えば、ルパートがジェリー・ラングフォードに接触しようとしているシーンでは、彼の視点から見たジェリーの姿が、まるで神のような存在のように描かれている場面があります。

また、音楽面でも注目されるべき点があります。

映画中で使われる音楽は、クラシック音楽やポピュラー音楽、または現代音楽まで幅広いジャンルのものが使用されています。

また、映画のクライマックスであるルパートのスタンドアップコメディのシーンでは、ジェリー・ルイスの演奏する曲が流れると同時に、ルパートのコメディの演技が進行していきます。

以上のように、映像美や音楽などの演出面においても、本作は独特の世界観を持っていることがわかります。

映画『キングオブコメディ』の評価や影響について

「キングオブコメディ」は、公開当時は賛否両論の評価でしたが、今日ではスコセッシ監督の代表作のひとつとして、高い評価を得ています。

特に、ロバート・デ・ニーロが演じる主人公ルパート・パピキンの奇妙で異常なキャラクター描写が高く評価されています。

また、当時のアメリカ社会の風潮や芸能界の裏側を描き出した内容も、社会派映画として評価されています。

影響面では、本作は後の映画やドラマに多大な影響を与えた作品のひとつとされています。

例えば、クエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル」や「イングロリアス・バスターズ」、トッド・フィリップス監督の「ジョーカー」などにも、本作の要素が取り入れられているとされています。

また、本作は、コメディとサスペンスを融合させた新しいジャンルの映画としても注目されています。

総じて、「キングオブコメディ」は、社会派映画として、また映像美や音楽などの演出面で独創的な作品として、映画史に名を残す作品として高く評価されています。

映画『キングオブコメディ』のラストシーンの解説

映画「キングオブコメディ」のラストシーンは、主人公のルパート・パピキンが自分が出演するトークショーのセットに侵入し、ホスト役のジェリー・ラングフォードを人質に取るというものです。

ルパートは自分がコメディアンになることを夢見ており、この行動はその夢を実現するための最後の手段でした。

しかし、セットに侵入したルパートは、実はトークショーの企画であったことが明らかになります。

ルパートは自分が夢見ていたスポットライトを浴び、コメディアンとしての才能を発揮します。

そして、ジェリーはルパートの才能を認め、彼をコメディアンとしてスカウトすることになります。

このラストシーンは、ルパートの夢を実現するために選んだ極端な手段が成功し、彼が最後にスポットライトを浴びることができたことを示しています。

また、社会的地位や名声を得るためには、時には非常にリスクの高い行動が必要であることを示しています。

しかし、同時に、この手段が成功するためには、トークショーの企画ジェリーの協力など、多くの偶然が重なる必要があります。

このことから、このラストシーンは、夢を追い求めることの難しさや、成功するための条件が揃わなければならないことを示しています。

映画『キングオブコメディ』のラストシーンは、主人公のルパートが自分のテレビ番組に出演する夢を見ている場面で終わります。

彼は周りからの称賛を浴び、成功を手に入れたかに見えますが、実際にはただの妄想??でした。

このエンディングは、社会において成功するために必要なものが何であるかを考えさせます。

ルパートは、自分の目標を達成するために、犯罪を犯し、人を傷つけ、社会的地位を利用しました。

しかし、彼が手に入れたものは、ただの妄想であり、現実の成功ではありませんでした。

この映画は、成功のためには正しい方法があることを示しています。

社会的地位やお金などの物質的なものだけが成功ではなく、自分自身が納得できる方法で目標を達成することが本当の成功だということを教えてくれます。

また、この映画は、人々が社会的地位や名声を手に入れるために、どのような手段を用いるかを問いかけます。

ルパートのように、犯罪を犯してまで成功を手に入れることは、決して正当化できるものではありません。

正しい手段を用いて目標を達成することが、社会的にも倫理的にも重要であることを示唆しています。

『キングオブコメディ』は、成功のために正しい手段を用いることの重要性を問いかける映画です。

物質的なものだけでなく、自分自身が納得できる方法で目標を達成することが本当の成功であることを教えてくれます。

また、社会的地位や名声を手に入れるために、正しい手段を用いることが重要であることを示唆しています。

映画『キングオブコメディ』に似ている映画は?

「キングオブコメディ」は、独特なストーリー展開と演出で、多くの映画ファンから高い評価を受けています。

同じような雰囲気や要素を持った映画としては、以下の作品が挙げられます。

1. 「タクシードライバー」

キングオブコメディ」と同じ監督であるマーティン・スコセッシが手掛けた作品で、主人公の孤独と社会の闇を描いた作品です。ロバート・デ・ニーロが主演し、演技力が光る作品としても有名です。

2. 「ファイト・クラブ」

社会不満を抱える男たちが、自分たちの正体を隠して地下で格闘技を楽しむというストーリー展開が、独特な雰囲気を醸し出しています。主演のブラッド・ピットエドワード・ノートンの演技も見どころの一つです。

3. 「アメリカン・サイコ」

金持ちのエリート層が繰り広げる残忍な犯罪を描いた作品で、主人公の精神状態が描かれる点で「キングオブコメディ」と共通する部分があります。クリスチャン・ベールが主演を務め、狂気的な演技が話題となりました。

以上の作品は、どれも社会の暗部や孤独を描いた作品であり、独特な雰囲気を持っています。「キングオブコメディ」が好きな方は、ぜひこれらの作品も観てみると良いでしょう。

感想とまとめ

映画「キングオブコメディ」のラストシーンは、主人公のルパートがついにテレビ局に侵入し、自分のコメディ番組を放送することに成功する場面です。

しかし、その後の展開は予想外で、ルパートは自分が番組を放送していると思っていたが、実は録画されたものが放送されていたことが明らかになります。

このラストシーンは、ルパートが自分の夢を叶えたと思っていたが、現実は違っていたことを示しています。

また、ルパートが番組を放送できたのは、犯罪を犯してまで実現したものであり、その代償として刑務所に入ることになります。

このように、映画「キングオブコメディ」は、成功や名声を得るために犯罪を犯すことの危険性を描いています。

また、夢を追い求めることが必ずしも幸せになることを保証していないことも示しています。

名言としては、ルパートが「私は笑いを作ることができる。でも、それを誰かと分かち合うことができない」と言うシーンがあります。

この言葉は、ルパートが孤独を感じていることを表しており、成功や名声を得ることが本当の幸せではないことを示唆しています。

全体的に、映画「キングオブコメディ」は、成功や名声を追い求めることの危険性や、本当の幸せを見つけることの大切さを描いた作品と言えます

まとめ

「キングオブコメディ」は、ロバート・デ・ニーロが演じる主人公ルパート・パピキンの異常なキャラクター描写や、社会派映画としての内容、独創的な映像美や音楽などの演出面など、多くの要素が高い評価を得ています。

また、後の映画やドラマに多大な影響を与えた作品として、映画史に名を残す作品とされています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次