『ファイト・クラブ』の何が面白いかを解説。作品のメッセージと明言を紹介

洋画

衝撃のラストを待ち受ける名サスペンス

『ファイト・クラブ』(Fight Club)は、1999年製作のアメリカ映画。

日本では1999年12月11日に20世紀フォックス配給により、日比谷映画他、全国東宝洋画系にて公開された。

チャック・パラニュークの同名小説の映画化。

ファイトクラブの主人公は、ジャック・トラヴィス・コーネリアスなど、どれが本名かわからないナレーター(エドワード・ノートン)と謎のカリスマ男のタイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)になります。

ファイトクラブに集まった男たちは、夜な夜な自己開放を求めてお互い殴り合う。

1999年に公開されたアメリカ制作の映画、ファイトクラブでも性的シンボルが、ブルーレイ版ですが ラストの方で、サブリミナル映像として収録されています。

デヴィッド・フィンチャー監督。

エドワード・ノートン主演。

ブラッド・ピットが助演を 『ファイト・クラブ 』は観終わった後に、自分の生き方を考えさせられる映画です。

過激な表現も多いですが、その全てにメッセージがあり、奇跡のようなバランスで観ている私たちに揺さぶりをかけてきます。

ファイトクラブ 出てくる敵は普通のモンスターハウスと変わらないが、ファイトクラブに入った瞬間、その部屋で寝ていた敵が全て混乱する。



「ファイトクラブ」は「名前は知っている」ぐらいの状態で見た。

非常に良かった。

ブラッド・ピットがあの役で、実は……というのがめちゃくちゃ良いと思った。

映画全体のトーンはいわゆるマッチョな価値観が全体を覆っていて、見ていてその割り切り方が実に清々しいと思った。見て良かったと思っている。

現代人の疲れ切った日常、現状を打破したいという欲求、人間の理想像という部分が凝縮されている映画でした。何度見ても面白い、流行り廃れのない映画だと思いました。

エドワード・ノートンとブラッド・ピット出演のサスペンス映画です。

ファイトクラブのラストシーンと遊び心

ファイトクラブは衝撃のラストが待ち受ける名サスペンス映画です。

ラストシーンを知っていても知らなくても楽しめます。

初めて観るときは単純にストーリーを追うことができ、ラストを知ってから観るときは新たな気づきがあります。

『ファイトクラブ』のラストシーンには、男性器の1コマが挿入されています。

これは、タイラーが映写技師として働いていた時の遊びと同じですが、『ファイトクラブ』全編で強調されている「男性像」を表してしているとも言えます。

監督はデヴィッド・フィンチャー

映画「ファイトクラブ」の監督はデヴィッド・フィンチャーです。

監督「デヴィット・フィンチャー」おすすめ代表作の映画
デヴィット・フィンチャーは、1962年生まれアメリカコロラド州デンバー出身の映画監督。 18歳で8mmカメラを用いて映画製作を始め、1986年にビデオ製作会社を設立し大手企業の多くのCMを手掛け一躍トップ・ディレクターになる。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました