映画「スピード」の概要とキャストを紹介

洋画
画像出典:映画.com
この記事は約3分で読めます。

1994年12月に劇場公開された「スピード」の予告編動画は、こちら

 SWATと爆弾魔が頭脳戦を繰り広げるノンストップ・アクション映画。

全世界での興行収入3億5,000万ドル以上の大ヒットにより、本作が主演のキアヌ・リーヴスヒロインを演じるサンドラ・ブロックの出世作となった。

また、ヤン・デ・ボン監督の映画監督デビュー作でもある。

あらすじ

ロサンゼルス市警察のSWAT隊員であるジャック・トラヴェン(キアヌ・リーヴス)は、高層ビルのエレベーターに爆弾を仕掛けた犯人であるハワード・ペイン(デニス・ホッパー)をあと一歩のところで取り逃がす。

数日後、ジャックを逆恨みしたハワードはバスに爆弾を仕掛け、「スピードが時速80キロを一度でも下回れば爆発する。乗客を1人でも降ろせば爆発する。」と脅迫し、多額の身代金を要求した。

ジャックは爆弾を載せたバスを発見したが、すでに時速80キロ以上で高速道路を走行していた。なんとかバスに飛び乗るも、自分を捕まえに来たと勘違いした男が銃を発砲。

弾は偶然にも運転手に当たってしまい、皮肉なことにスピード違反で免停中のアニー(サンドラ・ブロック)が代わりに運転することに。

数々の試練が迫りくる中、ジャックは無事乗客を助け出し、爆弾魔・ハワードを今度こそ捕まえることが出来るのか?

映画「スピード」をAmazonプライムで視聴する

感想

「エレベーター」から始まり、「バス」・「地下鉄」と舞台を移しながら、SWAT隊員が爆弾魔と頭脳戦を繰り広げるというサスペンス的要素を含んではいますが、アクション映画としても1級品ではないでしょうか。

バスが飛ぶシーンはちょっとやりすぎの感もありますが・・・。

また、観た人は「地下鉄」は蛇足だと批判する側と、最後まで飽きさせない流れ・アイデアだと評価する側に分かれると思います。

出演

主演のキアヌ・リーヴスとヒロイン役のサンドラ・ブロックが世界的にも有名になった映画。

続編『スピード2』ではアニーを演じるサンドラ・ブロックは続投ですが、ジャックを演じたキアヌは、1のストーリーの中で「異常な状況下で結ばれた男女は長続きしない」というセリフの伏線回収をするかのように、アニーと別れたという設定で出演しません。

これは降板したキアヌ・リーヴスが2の脚本を気に入らなかったからとキアヌ本人が言っていたという話。

2では舞台が広い海の豪華客船ということもあり、1に比べて「スピード感」が伝わりづらかったような気がします。

キアヌ・リーヴスが出演しなかったせいか、脚本のせいか、『スピード2』の興行収入は1の半分以下。

キアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックがお似合いだと思われた方は、韓国映画のリメイク『イルマーレ』(2006年 日本公開)で再共演している2人の恋愛模様を楽しむのも良いかも(笑)。

映画「スピード」のレビューを調べてみた

「マッド・ダディ」を鑑賞🙌 サイコなストーリーなのに何だか笑える。子供殺そうとしてるのに夫婦喧嘩したり仲直りしたり。ニコラス・ケイジのイカれた演技も上手い😤 ただ子供の頃にこの映画観てたらちょっとトラウマになるかもwww話のスピード感も今風でな…

㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️ 2022年6月公開「ジュラシックワールド/ドミニオン」 プロローグ5分間動画公開! ㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️㊗️ 今年8月映画「ワイルドスピード9」IMAX版でのみ予告で流…

コメント

タイトルとURLをコピーしました