映画「海街ダイアリー」のストーリー・あらすじ【ネタバレなし】

海街diary 邦画

鎌倉に住む三姉妹が腹違いの妹と一緒に生活することになり、親との問題や個々の問題、姉妹間の問題などに直面しつつも成長していく、春夏秋冬ホームストーリー。

あらすじ

鎌倉市で暮らす三姉妹、幸、佳乃、千佳。ある夏の朝に、幼いころに離婚して出て行った父の訃報が届く。

三姉妹の母と離婚してすぐ一緒になった再婚相手とは死に別れ、山形で三人目の妻と暮らしていた。15年も前に出ていった父の訃報に、三人ともなんとも思わなかった。

長女の幸が仕事でいけないため、次女の佳乃、三女の千佳が山形であるお葬式に行くことになった。そこでとてもしっかりしている中学生の異母姉妹、すずに出会う。

すずは死に別れた再婚相手との間の子供で、血のつながっていない三人目の再々婚相手とその連れ子と暮らしていた。

幸も仕事を終え、葬式に参加したが、頼りない再々婚相手の陽子を見て、血のつながっていないすずとこれから暮らしていけるのか不安になる。

そして幸は帰り際、すずに「鎌倉で四人で暮らさないか」と提案した。

すずもそれをすぐ受け入れ、「行きます」と即答した。

そしてしばらくして、すずが鎌倉にやってきた。

三人は鎌倉にある祖母の古くて大きな一軒家に暮らしていた。

そして四女のすずを迎え、これから四人での生活が始まった。

新しい中学に引っ越したすずはクラスにもすぐ馴染み、昔からやっていたサッカーのクラブチームにも入った。

順調にも思えたが、すずは次第に三人にとって自分がいることが傷になるのではないかと考えるようになった。というのは、父はすずの母親と不倫し、三姉妹を置いてでていってしまったのだ。

その後三姉妹の母親もすぐに男を作りでていき、祖母に育てられた。

その祖母も数年前に他界し、今は三人きりなのだ。そのことがすずはずっと気になっていたのであった。

長女の幸は、不倫して出て行った父を恨みつつも、自分も看護師として働きながら同じ職場の医者と不倫していた。

次女の佳乃は信用金庫で働いていたが男に弱く、お金を貢いでいた男に振られ、金も返してもらえなかった。

三女の千佳はちょっと変わった性格で、働いているスポーツ店の店長と恋愛していた。

四人とも言葉にはしないがそれぞれ何かの傷を抱え生きているのであった。

この四人はこれからどのようにして生きていくのか。

すずの思いはどう変わっていくのか。

海の街を舞台に、移り変わる季節とそれぞれの心情を描いたホームストーリーである。

感想

私が今までみた映画の中で一番、繰り返し何度も見ている作品です。

まず映像がとても美しく、海、そして春夏秋冬がきれいに描かれています。

そこで起こる家族のちょっとしたストーリー。

また、ゆっくりとした時間が流れていて、特に大きな問題や争いが起きないところもとても好きで、心がほっこり暖かくなります。

また出ている女優さんがとにかく綺麗で、演技がとても上手で、本当にこの家族が実在するのではないかと思うほどリアルです。

「家族とは」「姉妹とは」を考えさせられ、見た後に家族を大切にしようと思える本当に素晴らしい作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました