名作映画「トゥルーライズ」のあらすじ・内容・キャスト【戦闘機のハリアーは、本物?】

True-Lies 洋画
この記事は約4分で読めます。

概要

凄腕の秘密諜報部員は、妻や子にも正体を隠した家族思いの父親だった。

ターミネーターシリーズのジェームズ・キャメロン監督アーノルド・シュワルツェネッガーが再度コンビを組んだ,コメディタッチのスパイアクション!

二重生活を送るヒーローの活躍!

映画『トゥルーライズ』は、家族にはコンピューターのセールスマンと偽り、実は機密機関の対テロリスト・スペシャルエージェントという二重生活を送るヒーローの活躍を、ド派手なアクションとユーモア豊かに描いたコメディタッチのスパイムービー!

ホバリングが可能な戦闘機・ハリアーの機体上で繰り広げられるシュワちゃんの勇ましい活躍や、妻や娘に舐められるダメ亭主のドタバタ役者ぶりが見どころ!

名コンビ再度のタッグ!

主演と監督はターミネーターシリーズを大ヒットさせた名コンビのJ・キャメロンとA・シュワルツェネッガーが3度目のタッグを組み、ド派手で爽快なアクションで魅せます。

本作は、1991年のフランス映画『La Totale!』(主演:ティエリー・レルミット)を見て気に入ったシュワルツェネッガーが、キャメロン監督にリメイクを持ちかけて製作されました。

リメイク版は、ド派手なアクションに笑いあり、ラブロマンスありの豪華全部盛り!

「トゥルーライズ」の巨額の製作費!

本作の製作費はナント!120億円…製作費が1億ドルを超えた一番最初のアメリカ映画で、

フロリダの観光名所セブンマイル・ブリッジを実際に爆破したり、米海軍の協力で実機のハリアー戦闘機が使用されたりで、見せ場つくりの為に巨額の製作費が投入されました。

実は、橋の爆破シーンは走行シーンと超リアルなミニチュアの橋の爆破シーンを合成した映像で、実際に爆破したというのは“トゥルーライズ(本当のような嘘)”です。

後に製作される映画タイタニックでは、総製作費が2億ドルという巨費が投じられる。

あらすじ・ストーリー

つまらない夫…実は凄腕諜報員!

政府の最高機密機関オメガ・セクターに属する諜報員ハリー・タスカ―は、対テロリストのスペシャルエージェント。

だが、家族にはコンピューターのセールスマンと偽り、その正体を極秘にしていた。

凄腕諜報員として活躍する彼の唯一の悩みは、家庭問題にあった。

妻のヘレンとは倦怠期を迎え味気が無く、14歳の娘からはつまらない父親だと舐められ娘は非行に走りかけていた。

更に妻の浮気疑惑も発生し、職権乱用で妻の調査を行うハリーだったが、ヘレンと共に核武装したテロリストに捕らえられ、娘も巻き込まれてしまう。

遂にはハリーの正体も明かされ、ヘレンはショックでヒステリーを起こしてしまう始末!

テロリストは大統領に要求を突きつけ、聞き入れられない場合はアメリカ主要都市を核攻撃すると脅かす!

はたして国家と家族の危機に、ハリーはどう対処するのか・・・。

キャスト・出演者

主演のA・シュワルツェネッガーと、妻役で名コメディエンヌぶりを発揮した「ハロウィン」シリーズのジェイミー・リー・カーティスほか、「ライジング・サン」のティア・カレル、「コーンヘッズ」のトム・アーノルド、「トゥームストーン」のビル・パクストンらが共演。

見どころポイント

本作は141分とかなり尺の長い映画ですが、次から次と繰り出される怒涛のアクションとコメディタッチで描かれる人間ドラマで、長い尺を忘れるくらいの面白さ!

ターミネーターでは冷酷でシリアスなキャラだったシュワちゃんが面白キャラを演じ、殺人マシーンから転じた対比的な演技がみられます!

J・L・カーティス演じる冴えないオバちゃんが、脱いだ途端に超ナイスバディに度肝を抜かれ、最後に悪人がミサイルごと吹っ飛ばされるのは大爆笑モノ!

劇中内の戦闘機は、ハリアー

劇中内で登場する戦闘機は、AV-8B ハリアーⅡと言われる物です。

本物の戦闘機を使っているシーンもあれば、本物でないシーンもあるそうです

ジェームズキャメロン監督について

トゥルーライズをヒットさせたジェームズ・キャメロン監督や彼の他の作品が気になる場合は、以下の記事も参考にしてみてください。

天才「ジェームズ・キャメロン」のおすすめ映画ランキングと作品一覧
天才「ジェームズ・キャメロン」の人生 ジェームズ・キャメロンは、1964年生まれのカナダ出身の映画監督・脚本家で探検家でもある。 84年に監督した『ターミネーター』が世界中で大ヒット!続く『エイリアン2』も続編の『ターミネーター2』...

作品情報

予告動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました