三浦春馬さん出演の映画「太陽の子」は、8月6日に上映【彼の半生を紹介】

三浦春馬 俳優

日本中に衝撃が走った三浦春馬さんの死。

あまりにも突然すぎたその死はとうてい受け入れられませんでした。

その理由は数々の憶測を生みましたが、ここでは三浦春馬さんの母親や父親のこと。

これまでの歌や映画の活躍などをまとめました。

三浦春馬の死の原因は母親?

子役から芸能界に入り、着実に実力も知名度もあげてきた三浦春馬さん。

人気が出ても奢ることなく、派手なこともせず、本当に好感度の高い俳優さんでした。

三浦春馬さんが芸能界へ入ったこと、芸能界で活躍してきたことに関して、母親の存在は大きかったことと思われます。

三浦春馬さんの母親は春馬さんが小学校1年生の時に離婚。

以後、春馬さんは母親が育ててきましたが、春馬さんが中学生になったころ、ホストをしている男性と再婚しました。

その際、継父の家で暮らしていたと言います。

春馬さんの母親はスナックを経営。

決して、恵まれた幼少期を過ごしてきたわけではありませんでした。

ですが、春馬さんが個人事務所を立ち上げた時、母親と継父は事務所の役員となりました。

完全に春馬さんにおんぶにだっこ状態だったようです。

春馬さんが自らの命を絶ち、様々な憶測が世間を賑わせましたが、その中で浮彫になったのは母親との金銭トラブルでした。

母親は取材に対して金銭トラブルを否定していますが、春馬さんとは音信不通となっていたことは認めました。

母親から言わせると継父と、春馬さんの所属事務所・アミューズとの関係で揉めていたとか。

いろんなことが一つのタイミングで起こり、春馬さんは精神的にも肉体的にも参っていたとも発言しています。

春馬さんが出演した2014年のドラマ「僕のいた時間」の役作りのため、体重を落としたことをきっかけに春馬さんは体調不良を起こしていたようです。

心身共に疲れていた春馬さんを、事務所は鞭打つように無理に働かせていたと母親は主張。

その一方で週刊誌などは春馬さんの母親は春馬さんにお金の無心をしていたと報じています。

本人が亡くなってしまった今となっては、本当のところはわからないままですが、春馬さんは自死を選ぶほどの悩みを抱えていたことは確かです。

三浦さんが亡くなられた直後は、やたらと「母親」の金銭感覚がおかしかったなどと報道されていましたが、10年近く疎遠になっていた事を考えると、母親が春馬さんが亡くなられた原因と直接関係があるのかは、少し考えづらい部分でもあります。

三浦春馬さんの母親の現在は?

三浦春馬さんの母親に関してはいい噂を聞きません。

その飛び抜けたルックスを活かして子役から芸能活動をさせていたこと。

思春期真っ盛りの中の再婚。

5年近くに渡る音信不通やお金のトラブル。

ネガティブな噂しか流れてきませんでした。

そんな母親は春馬さんの葬儀にも出席していません。

※記事を書いている時点では、メディアが「母親が・・・」ネガティブの内容を書いていましたが、

今となっては、どこかからの印象操作で母親のせいにしている可能もありえると言えます。

現在の母親はどうしているのか?

春馬さんの莫大な遺産問題も取り沙汰された中、春馬さんの母親は2017年を最期に、行方不明になっています。

風の噂では母親が宗教にハマり、その宗教団体で生活をし出家としたとも伝えられています。

現在は、宗教にはまっているなどの記事はなく、なぜそのような記事が出たのか?まったくの不明です。また、事実確認は出来ていませんが、再婚したと噂が出ています。

三浦春馬さんのインスタの暗号とは?頭文字を縦読みすると・・・

三浦春馬さん死後、春馬さんの死を少しでも理解したいと、色々な情報が出回りました。

その中でも話題になったのが、三浦春馬さんのInstagramでの投稿を縦読みで読むと何かを示唆するような暗号が隠されていたということ。

それは1月1日元旦の投稿でした。

投稿された文面を見ると・・・

#並みに

りぬけるので

いてきて下さいね 笑

に掛けてくださる皆様

#並みの

#力が

#年通して

#なぎりますように 笑

縦読みをすると

「う そ つ き ば か いち み」

このようになります。

一体、この文面は何をさしているのでしょうか?

意味深なところが余計リアルです。

三浦春馬さんはやはり助けを求めていたのでしょうか?

誰かに気付いて欲しかったのでしょうか?

あんなに将来有望で好青年だった春馬さんだけに、本当に謎なのです。

三浦春馬の残した歌・映画

三浦春馬さんは俳優としてだけではなく、歌手としても活動をしていました。

ドラマ、映画にとどまらず、舞台やミュージカルでも活躍していました。

歌もうまくダンスも踊れる春馬さんは、相当努力したと聞きます。

真面目で完璧主義者なところもあるので、役にも入り込みますし、歌も完璧なものを披露したかったのだと思います。

これまでのキャリアを簡単にご紹介しますと、30歳でありながら主演ドラマ16本を含むドラマ出演52本。

主演映画12本を含む映画30本。主演舞台6本を含む舞台8本。

コンサートも開催していました。

数々の賞も受賞し、各分野で活躍できる貴重な俳優さんでした。

「夢はNHK大河ドラマの主演」と語っていたとも報じられた春馬さんですが、

「青天を衝け」では、後輩の「吉沢亮」が主演として選ばれ、生きていたら絶対にその夢は叶ったと思います。

春馬さんの才能はますます開花し、年相応に俳優としてのキャリアを築き、その姿を多くの人が見たい、見たかったとこぼしています。

三浦春馬はどんなシーンでも「表現者」として一流だったのです。

三浦春馬の父親の声・・・

三浦春馬さんの父親と母親は春馬さんが幼い頃離婚。

父親は家を出てからずっと春馬さんとは会っていなかったようですが、丁度、春馬さんが母親と音信不通になったころに再会しました。

春馬さんにとっては父親と会えたことで、少しは安心材料になったのでしょうか?

父親と春馬さんが再会したのは、父親が心臓を悪くしてペースメーカー手術をした際、父親の病院にお見舞いに訪れたことからだったようです。

父親にとって春馬さんは自慢の息子。

周りにもよく自慢話しをしていたとか。

父親によると春馬さんの母親はお金があればあるほど使ってしまう浪費家だったようで、春馬さんの遺産相続に関しても心配されていました。

春馬さんの母親は春馬さんの記念館とか記念碑を建てたいと漏らしていたとか。

父親にとっても春馬さんの死はとても辛いことだと思います。

親より先に亡くなるなんて最大の親不孝です。

それでも、春馬さんを育ててきた母親一人を責めることは出来ません。

大事な時に家を出て行った父親にも原因の一端はあるのではないでしょうか。

春馬さんの母親と再婚した継父もイマイチよく分かりません。

春馬さんにとって家族って何だったのでしょうか?

父親はたまに春馬さんとお酒を飲みに行くこともあったようですから、男同士話せることもあったのかもしれません。

春馬さんには芸能界にも仲の良い友達はいましたが、根本の部分で孤独だったのかもしれません。

今となっても、この先も三浦春馬さんの死の真相は分からないままでしょう。

死と引き換えにした春馬さんの苦しみは誰にもわからないのです。

三浦春馬さん出演作品

テレビドラマ

  • 14才の母
  • ごくせん 第3シリーズ
  • ブラッディ・マンデイ
  • サムライ・ハイスクール
  • 大切なことはすべて君が教えてくれた
  • 陽はまた昇る
  • ラスト♡シンデレラ
  • 僕のいた時間
  • 殺人偏差値70
  • わたしを離さないで
  • おんな城主 直虎
  • オトナ高校
  • tourist ツーリスト
  • ダイイング・アイ
  • TWO WEEKS
  • 太陽の子
  • おカネの切れ目が恋のはじまり

映画

  • 森の学校
  • キャッチ ア ウェーブ
  • 恋空
恋空【19歳の新垣結衣と17歳の三浦春馬】ロケ地・場所と作者の現在を調査
ケータイ小説が原作となった恋愛映画。 美嘉は、あることがきっかけで少しやんちゃな金髪、ヒロと付き合うことになる。 見た目と違い、優しくて明るいヒロに美嘉はどんどん惹かれていく。 しかし、ヒロの元カノからの嫌がらせ、妊娠、流...
  • 奈緒子
  • 君に届け
  • 東京公園
  • キャプテンハーロック
  • 永遠の0
  • 真夜中の五分前
  • 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
  • 銀魂2 掟は破るためにこそある
  • こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
  • コンフィデンスマンJP -ロマンス編-
「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」の登場人物の紹介と解説
華麗に大胆に人を騙す詐欺師(=コンフィデンスマン)のダー子、ボクちゃん、リチャードが香港でいろんな人を巻き込みながら騙しあいを繰り広げる、予想不可能、奇想天外なストーリーである。 登場人物 ダー子・・・長澤まさみ ボクちゃん・・・...
  • アイネクライネナハトムジーク
  • 天外者
  • ブレイブ -群青戦記-

舞台

  • 星の大地に降る涙
  • 海盗セブン
  • ZIPANG PUNK〜五右衛門ロック III
  • 地獄のオルフェウス
  • キンキーブーツ
  • 罪と罰
  • ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド〜汚れなき瞳〜

以前、この記事を書いた時点での思いや考えを書かせて頂いておりましたが、色々深堀すべきと思われる事が多々出てきておりますので、別記事にて記載する予定でおります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました