「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」のあらすじ・登場人物と解説【ネタバレなし】

コンフィデンスマンJP 邦画
この記事は約3分で読めます。

華麗に大胆に人を騙す詐欺師(=コンフィデンスマン)のダー子、ボクちゃん、リチャードが香港でいろんな人を巻き込みながら騙しあいを繰り広げる、予想不可能、奇想天外なストーリーである。

登場人物・キャスト

ダー子・・・長澤まさみ

ボクちゃん・・・東出 昌大

リチャード・・・小日向文世

ジェシー・・・三浦春馬

ラン・リウ・・・竹内 結子

赤星・・・江口洋介

あらすじ

今回のターゲットは、香港マフィアの女帝でその冷酷さから<氷姫>という異名を持つラン・リウ。彼女が持つパープルダイヤを狙って三人は香港へ。

ランを騙そうと様々な策で近づくがなかなか餌に食いつかず苦戦する。

そこにかつて一度タッグを組んだことある恋愛詐欺師ジェシーも現れる。

ダー子とジェシーは当時、恋仲であったとの噂もあった。

彼もまたパープルダイヤを狙っているのであった。

そして、そのジェシーに詐欺を依頼したのはかつてダー子らに騙され復讐を試みる日本のヤクザ赤星である。

赤星はダー子らを、ジェシーはパープルダイヤを狙って三人に襲い掛かってくるのであった。

二人の妨害によりなかなかうまく進まない三人。

今回新しく入ったモナコという若い女の子を使いあれこれ情報を使い、調べ上げる。

するとランは愛に飢えており、愛を探しているということがわかる。

ジェシーもそれを知り、ランに甘い誘惑をする。

ランは次第にジェシーに心を開いていくが、最後の決め手に欠けていた。

それはランが昔の初恋の相手を忘れられないからである。

そこでジェシーはなんと、ダー子に一緒に協力してパープルダイヤを手に入れないかと持ち掛けるのである。

ダー子は昔ジェシーのことを好きだったという情報が何故かジェシーの耳に入り、取り入ろうとしていたのだ。

さてダー子はボクちゃん、リチャードを裏切り、ジェシーと一緒になってしまうのか?

この騙しあいの裏にはある計画が隠されていたのだ!!!

事態は誰も予想できない展開に。

本当のコンフィデンスマンは誰なのか。

感想

とてもとても面白かったです。

序盤はとても展開が早く、一瞬たりとも瞬きできませんでした。

そして次第に深まっていく謎。

もしかしたらダー子たちは負けてしまうのではないかとハラハラしましたが、なんと最後に大どんでん返しが待っていました。

誰も予想していなかった展開で、本当に面白くて、何度も何度も見返したくなる作品です。

このような映画は過去に見たことがないくらい予想を覆す素晴らしい映画です。

またこの作品の三人は、弱者や一般人からお金を騙すのではなく、違法行為等で大金を稼いでいる反社会組織や悪党からお金をだまし取っているため、見ていてとても気持ちがよく、つい応援してしまいます。

最後にはとてもスカッとなる気持ちの良い作品です。

コンフィデンスマンJPについて

コンフィデンスマンJPとは、2018年にフジテレビ系で放送されました。

大好評につき、劇場版が決定。

今回のロマンス編が公開されました。

そして2020年にはプリンセス編も公開され大ヒットしました

主題歌

そして、コンフィデンスマンJPと言えば「Official髭男dism /Pretender」

コメント

タイトルとURLをコピーしました