マイケル・J・フォックス主演 SF映画「バックトゥザフューチャー」

洋画

バックトゥザフューチャー

伝説の海賊が隠した財宝を探す少年たちの冒険を描いて大人気だった『グーニーズ』チームが再集結して話題となりました。

そして、その第2弾として『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のキャスト&製作陣がリモートで再集結となったようですね。

ご興味のある方は、YouTubeで公開されたリモートの様子をご覧になられてみてくださいね。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』第一作のラストシーン。

主人公マーティの未来に問題が発生した!ということでマーティとガールフレンド、そしてドクはデロリアンで未来に向かいます。

その未来の日付が、2015年10月21日だったのです。

しかし、企画から実現までの間で大きな問題となったのがユニバーサル・ピクチャーズからの許諾を得ることでした。

USJとか国内の広告代理店などを回ったんですけども、相手にされないんですよね。

もうこの10月21日ははずせないと思いまして、アメリカの本国にラブレターを出してOKをもらったんです。

デロリアンはこの企画のために特別に制作され今年の夏、日本にやってきました。そして、不要になった衣類を集めながら全国を巡回。リサイクルを呼びかけました。

シリーズ完結編「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3」では、タイムマシン車「デロリアン」と共に消えたドク(クリストファー・ロイド)を追い、マーティ(マイケル・J・フォックス)が100年前の西部開拓時代へ向かう。

そこで無事にドクを見つけ出すものの、デロリアンが故障。

二人で1985年に戻る計画を立てる中、ドクは運命の女性と出会ってしまう。

アカデミー賞受賞製作者のスティーヴン・スピルバーグとロバート・ゼメキスがお届けする「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は3部作の映画として大成功した作品の一つ。

変わり者のドク・ブラウン(クリストファー・ロイド)が造り上げたデロリアンのタイムマシンで1955年にタイムトラベルしてしまったティーンエイジャーのマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)。

そこでマーティが直面するハプニングにより彼自身の未来が消えてしまう危険にさらされ、そうなると彼は未来に帰れなくなってしまう。

革新的な特殊効果とドラマチックな音楽、そしてアクションが満載のこの作品は、永遠の青春アクション傑作だ。

ちなみに『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』へ出演したクララ役のメアリー・スティーンバージェンは、1980年に『タイム・アフター・タイム』で共演したマルコム・マクダウェルと結婚10年後に離婚。

その後、1995年に『CSI:科学捜査班』『FARGO/ファーゴ』『CSI:サイバー』のテッド・ダンソンと再婚しています。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズですが、1作目では時を30年前にさかのぼって、マーティが高校生のころの両親と会うというストーリーでした。

そして、『PART2』では、30年後という未来へタイムスリップします。『PART3』では100年前の西部開拓時代へ行ってしまったりタイムスリップすることに・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました