ドラマ「アンサングシンデレラ」の評価は!?

日本ドラマ

原作は、漫画

日本の漫画作品で、医療原案を富野 浩充が担当しており、2020年7月16日から、石原さとみが出演でテレビドラマ化をしました!

『アンサングシンデレラ』のキャッチコピーは、「患者の未来と、向き合っている。見えないところで、支えている。」

また、タイトルにある形容詞のアンサング(unsung)とは、日本語で「讃えられない」の意味であり、unsung を用いたイディオムには、「縁の下の力持ち」を意味する unsung hero といわれています。

あらすじ

病院薬剤師の主人公が、自身と薬剤部のメンバーを中心として、医師、看護師、外部の薬剤師などの医療に関わる役割の人物との間に起こる問題に、向き合っていく。

また、患者の未来と向き合い、支えていく。

感想

“生きる希望”を、『アンサングシンデレラ』は伝えてくれます。

医師や看護師との連携、患者の気持ちや未来に寄り添っており、お互いの命と時間を大事にしているなと感じました。

主人公の葵みどりが、後輩に『感謝されたいの?』というシーンがありますよね。

私は、『うわー、痛いところ言うなー!当たり前でしょ!』と感じましたが、ドラマを観ていくにつれて、その言葉には、意味があったんですね。

また、豪華な芸能人揃いなのも良いところです!

是非、観てほしいです!

主人公

葵みどり: 石原さとみ(幼少期:堰沢結愛)

薬剤部の薬剤師をしており、薬剤師歴は8年目。

過去に、白血病で妹を亡くした際に、薬剤師に助けられたのをきっかけに、この道を進む。

薬に対しては、人一倍の信念を持っていて、常に一人でも多くの患者を救いたいという思いでいるが、それが故に患者に深入りする傾向がある。

仕事熱心で人想いな性格である。

石原 さとみさん他の出演作品

・連続テレビ小説『 てるてる家族』(2003年)

・大河ドラマ『 義経』(2005年)

・『霊能力者 小田霧響子の嘘』(2010年)

・『進撃の巨人』(2015年)

・『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(2015年)

・『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(2016年)

・『アンナチュラル』(2018年)

「アンナチュラル」のあらすじ・見どころ・主題歌を紹介!?脚本がすごい【続編はあるのか?】
もうこの世には存在しない、誰かにとっての大切な人が残してくれた これから生きていく私達のために、幸せな未来へのヒントを探す研究員達の話 あらすじ・ストーリー 舞台は不自然死究明研究所、死因究明に特化した研究所で通称UDIラボと呼ば...

・『高嶺の花』(2018年)

・『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』(2019年)

・恋はDeepに(2021年4月14日予定)

まとめ

たくさんのドラマや映画、バラエティにも活躍をしている石原さとみさん。

法医学ミステリードラマ、TBS『アンナチュラル』(2018年)は、記憶に新しい石原さとみさんですが、フジテレビドラマで、医療従事者を演じるのは、新米ナース“あおい”の成長を描いた民放連ドラ初主演作『Ns’あおい』(2006年)以来14年ぶりだそうです。

また、ドラマや映画、舞台などでは、できるだけメイクは自分でするようにしているらしく、このドラマもそうなのではないでしょうか?

石原さとみさんのブレイクのきっかけや過去の経歴などをまとめた記事もありますので、そちらも参考にしてみてください。

石原さとみさんのブレイクのきっかけと23歳と25歳の時のドラマが転換期【半生を紹介】
現在では多数の映画・テレビ番組出演を果たしている女優の石原さとみさん。 2020年には一般人男性との結婚を発表し、翌年2021年1月には所属事務所から婚姻届けを提出したことが明らかにされました。 大人気の女優であったことから、「...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました