映画「トップガン」のあらすじ・考察【トム・クルーズ出演】ネタバレなし

トップガン 洋画
この記事は約7分で読めます。

トップガン(1986年)のオープニング動画10分

続編が公開される「トップガン」は、少し古い映画ですが、どんな映画かを知るためには、十分過ぎるかっこいい10分の映像となります。

1986年にアメリカで興行成績1位を獲得した、トム・クルーズ主演の航空アクション映画。

日本では1987年に配給され、洋画配給収入1位を記録。

トム・クルーズの甘いマスクが日本人受けするだろうという予測が的中し、恋愛映画として大ヒットを収めた。

トップガン」とは、アメリカ海軍戦闘機兵器学校のエリートパイロット養成所のことを意味し、上位1%のパイロット達しか入れないトップクラスの集団である。

アメリカ海軍が全面協力で製作され、ミラマー海軍基地、空母「レンジャー」での撮影、F-14トムキャット戦闘機を操縦するシーンなど、空中での迫力ある戦闘シーンが満載。

天才的才能を持つ若きパイロットの栄光と挫折、恋愛を通じて成長していく物語。

トップガンの登場人物

若手俳優だったメグ・ライアンは、この作品をきっかけに「恋人たちの予感」、「めぐり逢えたら」など作品に出演

ヴァル・キルマーは、トップガンに出演後、メグ・ライアンと映画「ドアーズ」の出演し、「バットマンフォーエヴァー」では、主役を演じている

ティム・ロビンスは、本作が出世作で、後に「ショーシャンクの空に」で主役。トム・クルーズとは「宇宙戦争」で再度共演し「ミスティックリバー」などにも出演している。

トップガン出演時のトム・クルーズの年齢

今では、誰もが知るスーパースターのトム・クルーズだが、トップガン出演時は24歳

この作品をきっかけにブレイクし、一躍スターの仲間入りとなった。

超かっこいいトップガンのオープニング曲「デンジャーゾーン」

主題歌はケニー・ロギンスが歌う「デンジャー・ゾーン」(Danger Zone

躍動的な曲で、トップガンを知らない人でも一度は耳にしたことがあるだろう。

30年以上経った今でも名曲として存在している。

「オリジナル・サウンドトラック盤」は繰り返し発売され、劇中で歌った歌や音楽を収録されたデラックスエディションも生産されている。

トップガンのあらすじ

アメリカ海軍の若手パイロット、ピート・”マーヴェリック“・ミッチェル大尉(トム・クルーズ)は、相棒のニック・”グース”・ブラッドショウ中尉(アンソニー・エドワーズ)とクーガー、マーリン組と共にインド洋上での国籍不明のMig-28の飛来に向かい合う。

天才的技量と直観力を持つマーヴェリックは、張り付いて来ていたMig-28の頭上を側宙背面降下し、敵パイロットに向かってファックサインを見せつけ、後部席に搭乗していた温厚で陽気なグースがポラロイドカメラで記念撮影し、敵機を追い払った。

クーガーは敵機からロックオンされた恐怖で操縦不能となる。

帰艦しようとしていたマーヴェリックは着艦できないクーガーを心配し、帰艦寸前再び飛び立ち、クーガーを空母へ誘導して無事帰還することに成功した。

帰艦したクーガーは自信を失い限界を感じ、司令官のスティンガー(ジェームズ・トールカン)に辞職することを伝えた。

クーガーが去った後、マーヴェリックとグースがスティンガーに呼び出され、クーガーへの行いは勇敢だったと褒められるが、挑発的な行為をとったことは咎められた。

その後二人にクーガーが行く予定だったミラマー海軍基地のエリートパイロット養成学校「トップガン」行きを命じた。

トップガンではトップのパイロット達が集められていた。

ある日の夜、とあるバーで開催された非公式の歓迎パーティーで、マーヴェリックは一人の美しい女性に一目惚れ。

歌を歌ってアプローチをするが相手にされなかった。

翌日、講義中に民間人専技術教官のチャーリー(ケリー・マクギリス)を紹介され、マーヴェリックは昨晩バーで出会った女性だと知った。

いつの日か二人はお互い惹かれあうようになり、立場を超えて結ばれるようになる。

映画「トップガン」をAmazonプライムで視聴する

トップガンの考察・感想

とにかくトム・クルーズがカッコよすぎる!

戦闘機を操縦しているシーンもだけど、バイクを走らせている場面もすごく映えていました。

特にトップガン行きを命じられたトム・クルーズが、離陸していく戦闘機を横にバイクで走行中、満面の笑みでガッツポーズをした希望溢れるシーンはとても印象に残りました。

戦闘機の空中戦は迫力があり、言葉に表せないほど圧巻。

それに絡み合う音楽の融合が物語を盛り上げて、胸が熱くなりました。

成功、挫折、恋愛、友情・・。

青春ドラマの王道ストーリーだけど、何度観ても飽きのこない魅力ある作品です。

また、若かりし頃の現在のトップスター達がズラリと揃った演技を観られたのも、とても新鮮でした。

映画「トップガン」のレビューを調べてみた

バットマンもシリーズ物とするならば単独映画ってダイアナ元妃の伝記映画『スペンサー』しかないんだな… トム・クルーズ大好きで続編出るからって自分が産まれる前のトム・クルーズ作品『トップガン』観たのにコロナで延期され過ぎてどんなんか忘れてしまってるのツライ

映画「トップガン」から学ぶニオイの教訓。主演のトムクルーズ演じるマーヴェリックはモテる。友人のスライダーが「なんでお前ばっかり」と聞くと「You stink」(お前、臭いぞ)と指摘され、必死で自分の匂いを嗅ぐシーンが印象深い。クサイとモテないので僕は…

1992年生のマヤノトップガンは1986年公開の映画「トップガン」からですけど、2002年生のディープインパクトも1998年公開の同名映画からですよね(たぶん)。今では「ディープインパクト」と言ったら映画より馬の方なのが凄い。

トップガンの続編は、上映が延期。原因は?

2019年に続編『トップガン マーヴェリック』が公開予定でしたが、新型コロナウィルス感染症の影響もあり2021年11月19日上映へ延期された。

続編では、パイロット養成所の教官として戻ってきたマーヴェリック、戦闘機の飛行シーン、主題歌の「デンジャー・ゾーン」など、前作の感動が蘇ってくる作品になっていることに違いない。

映画館で迫力ある飛行シーンを是非体験したいものだ。

トップガンの続編「マーヴェリック」の予告編動画

残念ながら、上映日が延期となってしまいましたが、予告編動画を見ると早く見たくなりますね。

映画「トップガン マーヴェリック」の予告編動画

「マーヴェリック」は、2022年5月27日に劇場公開

公式サイトによると22年の5月27日に公開されるようです。

トップガン マーヴェリック 公式サイト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました