映画「ヴィレッジ」のあらすじ・内容を考察・解説【ミステリー・サスペンス】

ヴィレッジ 洋画
この記事は約2分で読めます。

森に囲まれた村

最後のどんでん返しで有名なM・ナイト・シャマラン監督の『ヴィレッジ』は、森に囲まれた奇妙な掟だらけの村を舞台にしたミステリー作品です。

盲目の少女アイヴィー、ルシアス、そうして精神弱者のノアは、森に囲まれた村に暮しています。
村人は怪物がいる森に入ることが禁止されており、村で生まれた小さい子達は森を恐れておりました。

精神弱者のノアは、子供のような精神を持っており、純粋にアイヴィーが好きなだけで、村の中でも最も無垢だと言える存在だった。

しかし、アイヴィーとルシアスの婚約を知ったノアがルシアスを刺してしまいました。

ルシアスは村の薬では助からない重病となってしまいましています。

アイヴィーは、ルシアスを助ける薬を手にいれるために森に入っていきます。

怪物がいる森

森の中では、怪物に扮したノアが登場。

盲目でありながらも怪物を倒し、町から薬を持ち帰ったアイヴィーは、盲目の為に誰の格好を見ることが出来ませんでした。

アイヴィーが、ルシアスへの薬を手にするため森を抜けると、そこには自動車に乗った保護区域の警官がおりました。

村は、犯罪を憎むアイヴィーの親達によって作られた村であって子供達を今の時代の世界から隔離するように、怪物の恐怖を植え付けていたのだった。

アイヴィーが森を抜けた先では、侵入者を許さないために警察が警備を行い、飛行機が飛行する事を禁止してる保護地区の中に村があったのです。

盲目であるアイヴィーは村と外の世界の違いには気づかず、怪物がノアであったことも知らずに、、、。

実は、村は完全に外界から隔離されており、薬などの物資の行き来もなく、村人は100年以上前の暮らしをしていたのです。

ノアが怪物として殺されてしまったことは長老達だけが知り、「怪物」に襲われた事にする事で「怪物」の信憑性を高めたという皮肉な結果になり物語は幕は閉じます。

『ヴィレッジ』は、ホラー映画よりも、最後のどんでん返しと村の設定が上手く練られたミステリー作品として評価されました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました