映画「コーヒーが冷めないうちに」のあらすじと感想【小さなカフェでおこる人間模様】

coffee-movie
目次

2018年9月に劇場公開された「コーヒーが冷めないうちに」の予告編動画は、こちら

昔に戻って、もう一度やり直したい。

おそらく多くの人が、このような願いを抱いたことがあるのではないでしょうか。

もし、過去に戻れるなら何をしますか?しかも、限られたごくわずかの時間だけ。

映画「コーヒーが冷めないうちに」では、タイムスリップできる喫茶店と、そこに集う人たちの人間模様が描かれています。そしてそこには、短いながらも濃密な人間模様がありました。

今回は、そんな映画「コーヒーが冷めないうちに」のみどころや、実際に見た感想を書いていきます。

映画「コーヒーが冷めないうちに」の概要

映画「コーヒーが冷めないうちに」は、2018年に公開された日本の映画です。

監督は「アンナチュラル」などで知られる塚原あゆ子、主演は「ビリギャル」で高い評価を得た有村架純

脇を個性派女優である吉田羊松重豊などが抑えており、見やすいながらも、押さえるところは押さえた作品となっています。

今作は、多様な人間ドラマが描かれることが特徴です。ゆっくり見ながら、作品の世界に浸ることができます。

映画「コーヒーが冷めないうちに」のあらすじ

ある町の小さなカフェ「フニクリフニクラ」には、不思議な都市伝説がありました。

その都市伝説とは、「そのカフェのとある席に座ると、過去に戻ることができる」というものです。

そして、その話を聞きつけた人々は、席が空くのを待つため、足しげく通うのでした。

フニクリフニクラの話は真実です。しかし、過去に戻るためには幾つかのルールがありました。

  • 過去に戻って何かをしても、現実は変わらない
  • 過去の世界では、店から出ることはできない
  • 過去に戻れるのは、カップに注がれたコーヒーが冷めきるまでの間だけ。冷める前に飲み干す必要がある
  • その席の先客が席を立った場合にのみ、座ることができる

フニクリフニクラで働く数は、そんなルールを客に伝え、コーヒーを淹れる日々を送っていました。

そんな彼女に、新しい出会いが待っていました。

映画「コーヒーが冷めないうちに」のみどころ

「コーヒーが冷めないうちに」は、ファンタジー的でSFめいた設定を用いながらも、カフェを訪れる人々の人間模様を描いた作品となっています。

そして、描かれた人間模様の中でもリアリティがあり感動的なのが、松重豊と薬師丸ひろ子が演じる夫婦の話です。

簡単なあらすじを以下に書いていきます。

高木佳代(薬師丸ひろ子)は若年性認知症を患いながら、フニクリフニクラに足しげく通っていました。

時間になると房木康徳(松重豊)が迎えにきます。

しかし、佳代は房木と夫婦だったことを忘れてしまっていました。

そんな彼女がフニクリフニクラに通う理由は、昔に戻り、房木に渡せなかった手紙を渡すためでした。

若年性認知症(作中では「認知症」とだけ言われていますが、年齢的に若年性でしょう)を患う妻と、それに寄り添う夫。

その光景は映画としてありきたりではありますが、非常に丁寧な描写がなされています。

その丁寧な描写は見る人の感情移入を助けます。

もし、自分が夫だったら、妻だったら、と考えてしまうのです。

そして、彼らの姿は決して、非現実のものではありません。私たちの誰にでも、起こる可能性があるからです。

もし自分がその立場に立ったらどうするのか。

そうしたことを考えながら見るのがおすすめです。

ごく短いタイムスリップで、あなたは何をする?

~映画「コーヒーが冷めないうちに」感想

温かい飲み物を飲んでいると、その冷めていくスピードの速さに驚かされます。

ましてや、ぬるい温度の飲み物であれば、そのスピードたるや、想像以上でしょう。

今作「コーヒーが冷めないうちに」で提供されるコーヒーは、かなりぬるいものとなっています。

それが冷めきるまでの間に限定された、ごく短時間のタイムスリップ。自分ならば何をしようかと考えながら鑑賞していました。

私には、過去に戻ってやり直したいことがいろいろあります。

しかし、作品のルールに則れば、過去で何をしようが現実は変わりません。

では、変えられるものとは何か。

それは、見えなかったものを知ることで変えられる自分の思いや考えです。

それを教えてくれたのは、過去に戻れるコーヒーを淹れられる、本作の主人公である数でした。

彼女は特殊な能力を持ちながらも、自身の過去を正しく見ることができていなかったのです。

現実は変わらずとも、真実を知ることで、新しい視点で物事を見られる。

そして、新しい視点を持つことができれば、自身は大きく変わる。

これらは当たり前の事実ではありますが、なかなかできないことでもあります。

今現在も、すぐに過去のものとなります。

こうして文章を書いている時間も、次の瞬間には通り過ぎています。

一刻一刻を大切にしたい、と思う映画でした。

映画「コーヒーが冷めないうちに」のレビューを調べてみた

映画鑑賞、思考や感情が自由になれる時間があるので、陽も好きです。 邦画であれば、「コーヒーが冷めないうちに」、「おくりびと」 洋画であれば、「TIME」、「最強のふたり」 たーさんは?

戻りたい過去は全くございません。強いて挙げるならば、高校1年のデパートの屋上で待ってる俺に「お前薬師丸さんと40年後に夫婦役やるよ!キャッ❤️」って言って、帰ってみたいですね! (@ コーヒーが冷めないうちに 完成披露試写会舞台挨拶)

まとめ

映画「コーヒーが冷めないうちに」は、不思議で、温かい雰囲気を持つ素敵な作品です。

物語そのものは比較的単調ですが、見飽きることなく、安らいだ気持ちで鑑賞することができます。

過去に戻れる席と、過去に戻るためのコーヒー。

この設定そのものは現実的ではありませんが、中で描かれる人情劇はごく身近なもの。

見ている側も登場人物の気持ちに、思い当たる節があることでしょう。

ぜひ、温かいコーヒーを片手に鑑賞してみてください。

何か、視点を変えるきっかけとなるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次