洋画「ブラック・ウィドウ」 のあらすじ・内容・スーパーヒロインを紹介

ブラック・ウィドウ 洋画

マーベルコミックスの美しき最強スパイ…ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ。

孤独な暗殺者だったブラック・ウィドウは、なぜヒーロー集団アベンジャーズのメンバーとして活躍することになったのか? その理由とは!?

ブラック・ウィドウとは?身長や本名は?

彼女は、過酷な訓練によって万能な戦闘スキルとタフな精神を身につけた最強スパイ。

暗殺者という過去を背負いながらも、ヒーロー集団アベンジャーズの一員として、いくつもの戦いに参加してきた…しかし、メンバーの中で唯一過去が明かされていないヒーロー。

そんな彼女の身長は、170.18センチ

本名は、ナタリア・ナターシャ・ロマノフ(略してノマノヴァ)

ブラックウィンドウの意味は?

「ブラック・ウィンドウ」という名前の毒クモがいます。

このクモは交尾後になんと!オスを食べてしまうのです。

この危険なクモから名前が使われているのです。

暗殺者という過去…

ナターシャ・ロマノフは孤児で、ソ連が行っていたスパイ養成の「ブラック・ウィドウ・オプス」計画によって育てられ、暗殺者ブラック・ウィドウとなる。

彼女は秘密の訓練基地「レッドルーム」でマインドコントロールを受けながら、戦闘や諜報活動の厳しい訓練を続け、またここでバイオテクノロジーによって彼女は長寿となり、若い身体を保てるようにも改造された。

各ブラック・ウィドウは祖国への忠誠心を維持するために偽りの記憶を植えつけられてから任務を与えられ、ナターシャは国際諜報組織S.H.I.E.L.D. の任務の一環で中国に派遣され、アベンジャーズと共に闘うことになった。

過去の秘密が解放!

初登場からこれまで、彼女はスパイのプロとして人目につかないような漆黒のボディスーツを身にまとい、「黒色」はブラック・ウィドウのトレードマークともなっている。

しかし、本作では真逆の目にも爽やかな「白色」のボディスーツ姿で登場!

黒は「闇」、白は「解放」! アベンジャーズの中で唯一明かされてこなかったブラック・ウィドウの過去と秘密が本作で遂に明かされる!

更に『アベンジャーズ/エンドゲーム』で下した決断の背景も明かされる。

あらすじ

孤高の暗殺者…ブラック・ウィドウ。

ある日、ブラック・ウィドウの前に“妹”エレーナが突如現れた!

エレーナも自分と同じ戦闘能力を持つ、女戦士である。

訓練の時、偽りの家族を植え付けられ、妹も存在したのだった。

ウィドウ姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織「レッドルーム」の秘密を知ったことで命を狙われる。

唯一の味方は、かつて組織が生み出した “偽りの家族”だけ。

だが、この家族の再会によって、レッドルームの恐るべき陰謀が動きだす!

ブラック・ウィドウの作られた過去との戦いが、世界の命運を握る。

そして、ブラック・ウィドウの秘密と隠された真実とは・・・。

キャスト

主演ウィドウ役に、スカーレット・ヨハンソン、妹役に期待の新星スター フローレンス・ピューやレイチェル・ワイズ、デヴィド・ハーパーら、豪華スターが顔を揃えています。

みどころポイント

ポスターに刻まれたキャッチコピーは「何も信じるな!過去、家族、自分さえも。」とは、まさに予想のつかないスパイ・アクションを象徴していると言える。

アクションの白眉は、ブラック・ウィドウと敵のタスクマスターによるダイナミックな空中戦! 予告編では崩壊する建物から自由落下しながら格闘する2人を、カメラが縦横無尽に動き回りながらとらえていくシーンは圧巻!の一言。

本作は「ミッション:インポッシブル」などのようなスタイリッシュかつトリッキーな仕掛けに、MCUらしいヒーロー・アクションが融合し迫力満点!

また、同等の戦闘能力を持つ妹との再会と”姉妹愛”も、深く描かれています。

作品情報

製作国:アメリカ

監督:ケイト・ショートランド

上映時間:133分

公開日:2021年7月9日公開

予告動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました