洋画「ブラック・ウィドウ」 のあらすじ・内容・感想・【スーパーヒロインを紹介】

ブラック・ウィドウ 洋画
この記事は約7分で読めます。

マーベルコミックスの美しき最強スパイ…ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ。

孤独な暗殺者だったブラック・ウィドウは、なぜヒーロー集団アベンジャーズのメンバーとして活躍することになったのか? その理由とは!?

ブラック・ウィドウとは?身長や本名は?

彼女は、過酷な訓練によって万能な戦闘スキルとタフな精神を身につけた最強スパイ。

暗殺者という過去を背負いながらも、ヒーロー集団アベンジャーズの一員として、いくつもの戦いに参加してきた…しかし、メンバーの中で唯一過去が明かされていないヒーロー。

そんな彼女の身長は、170.18センチ

本名は、ナタリア・ナターシャ・ロマノフ(略してノマノヴァ)

ブラックウィンドウの意味は?

「ブラック・ウィンドウ」という名前の毒クモがいます。

このクモは交尾後になんと!オスを食べてしまうのです。

この危険なクモから名前が使われているのです。

暗殺者という過去…

ナターシャ・ロマノフは孤児で、ソ連が行っていたスパイ養成の「ブラック・ウィドウ・オプス」計画によって育てられ、暗殺者ブラック・ウィドウとなる。

彼女は秘密の訓練基地「レッドルーム」でマインドコントロールを受けながら、戦闘や諜報活動の厳しい訓練を続け、またここでバイオテクノロジーによって彼女は長寿となり、若い身体を保てるようにも改造された。

各ブラック・ウィドウは祖国への忠誠心を維持するために偽りの記憶を植えつけられてから任務を与えられ、ナターシャは国際諜報組織S.H.I.E.L.D. の任務の一環で中国に派遣され、アベンジャーズと共に闘うことになった。

過去の秘密が解放!

初登場からこれまで、彼女はスパイのプロとして人目につかないような漆黒のボディスーツを身にまとい、「黒色」はブラック・ウィドウのトレードマークともなっている。

しかし、本作では真逆の目にも爽やかな「白色」のボディスーツ姿で登場!

黒は「闇」、白は「解放」! アベンジャーズの中で唯一明かされてこなかったブラック・ウィドウの過去と秘密が本作で遂に明かされる!

更に『アベンジャーズ/エンドゲーム』で下した決断の背景も明かされる。

あらすじ

孤高の暗殺者…ブラック・ウィドウ。

世界を危機から救ってきたヒーローチーム「アベンジャーズ」のメンバーは、とある事情により各々の時間を過ごしていました。
スパイとして技量の高いナターシャは単独で動き、信頼できるメイソンにキャンピングカーを用意してもらいます。
彼はブタペストからの荷物も届けてナターシャを見送り、彼女は荷物を車に積んでおいてバッテリーの充電のためそのまま街へ。
車を運転していると突如、衝撃に襲われてタスクマスターに襲われたとわかりました。
ナターシャは荷物の中身が狙いだと気付き、中にあった試験管を確保してタスクマスターをやり過ごします。
そして、ケースの中に見覚えのある手紙があったことでブタペストに向かうのでした。

ある日、ブラック・ウィドウの前に“妹”エレーナが突如現れた!

エレーナも自分と同じ戦闘能力を持つ、女戦士である。

訓練の時、偽りの家族を植え付けられ、妹も存在したのだった。

幼い頃に家族4人で過ごしたことを思い出しつつ、エレーナが「レッド・ルーム」に送られてその後どうなったかを聞くのです。

ウィドウ姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織「レッド・ルーム」の秘密を知ったことで命を狙われる。

レッド・ルームの支配者であるドレイコフの洗脳から逃れたばかりのエレーナは施設の壊滅を望み、ナターシャも協力することにしました…彼女自身もレッド・ルームの出身で、シールドに入る際にドレイコフごとレッドルームを壊滅させたと思っていたことから内心は穏やかではなかったのです。

ドレイコフと協力していた父のアレクセイは雪山に囲まれた刑務所に入れられていました。
彼はキャプテン・アメリカのようなスーパーパワーを持っており、ナターシャから連絡を受けて脱獄を試みますが警備に阻まれてピンチに…エレーナはヘリコプターを操縦して砲撃で援護しましたが雪崩が発生したため急いで救出。
3人はそのまま母のメリーナを訪ね、一家は数年ぶりの再会を果たすのです。
エレーナは嬉しそうにしますがナターシャは「偽りの家族」と思っていたため懐疑的。
レッド・ルームの作戦で集められた4人は果たして家族と呼べるのか…そんな中、メリーナがドレイコフに連絡したことでナターシャたちは拘束されてレッド・ルームに連れていかれます。

ナターシャはメリーナに変装しドレイコフの元へ。
自分たちのように操られたスパイ助けようと努め、エレーナたちも拘束から脱出してレッド・ルームの崩壊すべく動き出します。
タスクマスターの妨害を受ける中、エレーナは施設内の仲間を解放。
メリーナは空高く飛翔していたレッド・ルームのエンジンを停止したことで、それぞれが脱出を試みます。
エレーナは逃げるドレイコフを殺すためエンジンに細工をし、その爆発に巻き込まれて落下…ナターシャは彼女のピンチを救いつつタスクマスターを退けました。

レッド・ルームの壊滅と仲間の解放を果たした家族4人は再会の約束をしつつ別れます。

キャスト

主演ウィドウ役に、スカーレット・ヨハンソン、妹役に期待の新星スター フローレンス・ピューやレイチェル・ワイズ、デヴィド・ハーパーら、豪華スターが顔を揃えています。

みどころポイント

ポスターに刻まれたキャッチコピーは「何も信じるな!過去、家族、自分さえも。」とは、まさに予想のつかないスパイ・アクションを象徴していると言える。

アクションの白眉は、ブラック・ウィドウと敵のタスクマスターによるダイナミックな空中戦! 予告編では崩壊する建物から自由落下しながら格闘する2人を、カメラが縦横無尽に動き回りながらとらえていくシーンは圧巻!の一言。

本作は「ミッション:インポッシブル」などのようなスタイリッシュかつトリッキーな仕掛けに、MCUらしいヒーロー・アクションが融合し迫力満点!

また、同等の戦闘能力を持つ妹との再会と”姉妹愛”も、深く描かれています。

感想

登場人物の魅力

ナターシャは落ち着いていてどこか冷たい印象がありましたが、今作では家族思いのまさに「ヒーロー」という感じでしたね。
タスクマスターがドレイコフの娘だと知ってから、彼女の洗脳を解こうと危険を省みずに行動するのが見どころです。
最後の戦いにふさわしいアクションと感動を与えてくれました。

ナターシャのメリーナはドレイコフに一目置かれる科学者であり、スパイとしても凄い技量を持っていましたね。
冷静かつ現実的な彼女だからこそ、ナターシャたちのレッドルーム壊滅を応援することができなかったようです。
それでもメリーナは4人で暮らしていた際のアルバムを持ち続けていたり、ナターシャの懸命な姿を見て協力を決意する様は熱い!
その後、ナターシャがメリーナに変装していることに気付かせないまま話が進むため、ドレイコフの企みが完遂されるのではないかと冷や冷やしました。
変装を解いてドレイコフに立ち向かうナターシャ、彼女のピンチに駆け付けるエレーナのシーンも素敵です。
もちろん、アレクセイがキャプテン・アメリカの赤い衣装バージョンのような格好をしてスーパーパワーを発揮する姿も良かったですよ。

タスクマスターはブラックパンサーのような爪を立てて軽やかに動いたり、キャプテン・アメリカのように盾を使いこなすアクションが凄い!
彼女は他者から学んだ戦闘方法をそのまま模倣できることから、ナターシャ以上の強さを見せてくれました。
カーチェイス時にはバートンのように弓を使うのもクールだったのが見どころです。

どの登場人物も見せ場があるので、見ていて引き込まれました。

アベンジャーズ作品とつながる物語

『エイジ・オブ・ウルトロン』でナターシャの過去が少し明かされましたが、その際に過酷で非人道的な子供時代を送っていたのが印象に残ります。
スパイとしてのトレーニングにおいて、初めての殺しに躊躇したり女性であることがスパイ活動において邪魔にならないよう手術をしたり…その手術の生々しい様子を語るエレーナのシーンがありましたが、さすがのお調子者の父親も引いていましたね。
それでも、過去の重々しさを感じさせない演出は見どころでした。

ナターシャと相棒のような関係を築くメイソンですが、ロマンスのような展開になるか…と思いきや友達止まりという感じでしたね。
他作品ではハルクと関係を深めたり、バートンとの絆を感じさせたりすることが多かったので、今作ならではの登場人物の良さを感じさせます。
エンドロールでナターシャが亡くなった後のことが語られていましたが、エレーナがバートンを敵だと思って話が展開するとしたらハラハラしますね。
ナターシャのもう一つの家族だった「アベンジャーズ」にまつわるドラマシリーズも楽しみです。

作品情報

  • 製作国:アメリカ
  • 監督:ケイト・ショートランド
  • 上映時間:133分
  • 公開日:2021年7月9日公開

予告動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました