美しき殺し屋『ANNA アナ』のあらすじ【リュックベッソン監督のアクション映画】

anna 洋画
この記事は約3分で読めます。

アナは、昼はモデル・夜は殺しのヒットマン。

彼女の使命は、国家にとって危険な人物を消し去ること。

リュック・ベッソン監督の”殺し屋映画”が進化したスタイリッシュ・アクションムービー。

昼はモデル、夜は殺し屋!

アナはフランスのパリで昼は華麗なるファッションモデル、夜は暗殺者として国家の敵を葬るKGBの凄腕ヒットマン!

映画『ANNA アナ』は、荒々しいファイトスタイルに優雅なアクションが融合した、ベッソン監督の米仏合作のスパイムービー。

『ニキータ』のアップデート版

本作のメガホンを取ったリュック・ベッソン監督の女・殺し屋映画”は、1990年に公開された『ニキータ』や『コロンビアーナ』(2011)があります。

『ニキータ』は、警官殺しの罪で死刑宣告を受けた女・ニキータが政府の秘密工作員として生きる道を選び、厳しい訓練を受け一流の殺し屋となる。
『コロンビアーナ』は、麻薬組織のマフィアに両親を殺害された女・カトレアが殺しのスキルを習得し、マフィア達を次々に殺していく復習劇を描いています。

本作『ANNA アナ』は、『ニキータ』同様ドン底人生から諜報部員にスカウトされる女性を描いているというところだけじゃなく、アクションも殺しのスタイル、もはや『ニキータ』のアップデート版と言っちゃっていいぐらい、パワーアップされています。

優雅にして壮絶極まるアクション!

本作で主演のサッシャ・ルスは、これまでシャネル、クリスチャン・ディオールなど多数のブランドのショーで活躍してきた、ロシア出身の元トップモデルさん。

本作のアクションの為に週5回1日6時間のトレーニングを2ヶ月間努め、バレエ経験もあることから、優雅にして壮絶なアクションを披露してくれております。

あらすじ

アナは裕福な家庭に育ったが、両親の事故死をきっかけに底辺まで落ちてしまい自由も奪われてしまう。

そんな時、アナの経歴に目をつけたKGBのアレクセイに誘われ、自由を得る条件でスパイになる。

アレクセイや部長のオルガの訓練を受け、暗殺や情報収集などの任務を行う。

しかし、アナはある任務に失敗しCIAに捕らわれて二重スパイになってしまう。

その後、CIAのレナードから完遂したらハワイで自由に暮らすという条件で、KGB長官・ワシリエフの暗殺という危険な任務を受ける。

最大の危機を前にしたアナは、KGBとCIAの機密と引き換えに、ある賭けをするのだった。

キャスト

主演が新人のサッシャ・ルスに対し、ガッチリ脇を固めるのはベテラン俳優たち。アナに近づくCIA職員役にはキリアン・マーフィ。そして、アナの直属の上司で恋仲にも発展しちゃうアレクセイを演じるのはルーク・エヴァンス。さらにアレクセイの上司であり、アナを色んな意味で可愛がるオルガ役にはベテラン女優ヘレン・ミレン。

脚本・監督・製作は、リュック・ベッソン。

見どころポイントを解説

最大の見どころは、レストランでの大暴れシーン!「丸腰の女が40人の屈強な男たちを5分で全滅させる!」という宣伝文句通りのアクションが堪能できる。

丸腰の状態から、身近にある皿・フォーク・ナイフ・パイプまでを武器にして数十人のボディガードを全滅させる殺って魅せるアクションは、さすがベッソン映画。

ヒロインを演じたサッシャ・ルスの立ち姿が美しく、彼女の七変化は一見の価値あり!

決して美人顔とは言えないが、緊迫した場面になると古風な美人顔になるのです?

作品情報

製作国:フランス・アメリカ合作

監督:リュック・ベッソン

上映時間:119分

劇場公開日:2020年6月5日

予告動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました