映画『ザ・ロック』のキャスト・あらすじを解説【カーチェイスも見どころ】

The Rock

”ザ・ロック”こと かつての連邦刑務所アルカトラズ島は、脱獄不可の監獄島。

この島を、アメリカ海兵隊の英雄率いるテロリストが占拠した!

攻撃を阻止すべく監獄島に潜入した特殊部隊と、テロリストとの攻防を描いたアクション。

目次

舞台は、脱出不可能のアルカトラズ刑務所!

米国サンフランシスコ湾に浮かぶ天然の要塞・アルカトラズ島(通称ザ・ロック)は、かつては脱獄不可能の連邦刑務所として凶悪犯の収監がされていた監獄島

島からの脱獄を描いた実話で、クリント・イーストウッド主演の『アルカトラズからの脱出』(1979年)以降脱獄者はおらず閉鎖され、現在では一般観光客に公開されています。

映画『ザ・ロック』は、アルカトラズ島を観光客と共に占拠したアメリカ海兵隊の英雄率いるテロリストと、それを制圧する為に島に潜入した特殊部隊との攻防を描いた快作!

マイケル・ベイ監督 長編2作目!

本作は、今でこそ「破壊王」と異名をとるほどの超大作で名を知られるマイケル・ベイ監督のデビュー2作目でありながら、すでにベテラン監督の風格さえ漂う傑作アクションに仕上げています!

主演のショーン・コネリーも本作を、”数ある出演作の中でもトップ・クラスのお気にいり“と 言わしめるほどの作品!

元・英国の諜報部員登場?

難航不落の要塞と化したザ・ロックに特殊部隊が潜入するには案内役が必要であり、そこでこの島から唯一脱獄した男の名が挙がる…その男は収監されている元英国の秘密情報部員(007 ?)で、この一件に協力すれば恩赦を与えるとの条件付きで、案内を承諾するが…。

ザ・ロックにようこそ!

アメリカ海兵隊を指揮するハメル准将は、作戦中に部隊を見捨てられ、部下を失ったことから政府への怒りを覚えていた。

何の補償もされないまま失った部下たちに報いるため、ハメルは反乱を画策する。

部下たちを率い化学兵器VXガスを奪取した後は、ザ・ロックと呼ばれるアルカトラズ島に観光客を人質に立てこもり、遺族へ渡す補償金として1億ドルを要求した。

要求が吞まれない場合は、猛毒のVXガスを搭載したミサイルをサンフランシスコに撃ち込むとアメリカ政府を脅迫する。

その対処にFBI科学兵器処理班のグッドスピードは、特殊部隊と共に潜入を命じられた。

彼らを島の内部に案内するのは、かつてアルカトラズ刑務所から、唯一人脱獄したことのある元英国諜報部員メイソンだった…。

メイソンはこの一件に協力すれば、恩赦を与えられることを条件に案内を承諾した。

そして秘密の通路を通り、彼らは監獄島に潜入した…彼は言う「ザ・ロックにようこそ」

テロリスト集団と特殊部隊の死闘が始まった!

映画『ザ・ロック』のキャスト・出演俳優

主演

007 ロシアより愛をこめて」のショーン・コネリー

リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ

ニクソン」のエド・ハリス

共演

トゥームストーン」のマイケル・ビーン

12モンキーズ」のデイヴィッド・モース

デンバーに死す時」のウィリアム・フォーサイス

彼と彼女の第2章」のジョン・スペンサー

これが映画デビューとなったクレア・フォーラーニヴァネッサ・マーシルなどが出演。

映画『ザ・ロック』見どころポイント

脱出不可能の監獄島を舞台にスリリングなストーリーと大がかりなアクション、そしてエド・ハリスをはじめ主演3人の好演など、見どころが満載!

ベイ監督の映像のハイテンションも凄まじく、四方八方から多様にみせるカメラワークに圧倒され、その緊張感をさらにアップグレードするサウンドも素晴らしい!

あり得ないけど、ありそうに見せてしまうアメリカ冒険活劇に拍手!!

映画「ザ・ロック」のレビューを調べてみた

「隊長!おすすめの特殊部隊が出てくる映画は何でしょうか?」「とりあえずザ・ロック・SWAT・ブラックホーク・ダウン・極大射程・エクスペンダブルズ・ボーンシリーズなんかはどうかな?」

映画まだ見てないんですよね〜😶イカナクテハ フリ○ザ様がDB曲を歌うっていうのもなかなかロックですよね!雲のマシンなんて必要ないでしょうに🙀

なんとか脱出したいけど 監視の目が今日はきついね😂 映画のザ、ロックやな😮‍💨

映画、ザ、ロストシティー❗サンドラブロック。良かったです。面白かったです〜ブラビも良かった❗

アポロ13…ですか、私も大好きな映画ですね エド・ハリス演じる軍人なら”ザ・ロック”のハメル准将を推したい所ですが、確かにマーヴェリックでも軍人役で出てましたね

作品情報

  • 製作国:アメリカ
  • 監督: マイケル・ベイ
  • 上映時間:135分
  • 劇場公開日:1996年9月14日
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる