「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」のあらすじ・感想【ネタバレなし】

ザ・ファブル殺さない殺し屋 邦画
この記事は約5分で読めます。

ザ・ファブル2を見る前に

どのような経緯で主人公が今の状態にあるのか?を知りたい方は、以下の記事を読むとわかるかと思います。

漫画「ザ・ファブル」の実写を岡田准一が演技
映画「ファブル」のあらすじ 仕事は一人につき6秒以内。 ファブルはそういった事情を全く知らぬまま、彼女と同僚として親しくなっていきます。 飾り気のない素直な美人で、病気の母親と父親の借金を抱え、オクトパスの他にもバイト...

あらすじ・ストーリー

東京にて、6人のターゲットのうち5人を始末した殺し屋のファブル(岡田准一)。

最後の一人の始末は中止となり、理由は気にしませんでした。

それから4年が経ってボスから殺し屋を休業するよう言われてからは一般人の「佐藤」として日々を過ごします。

佐藤はデザイン兼印刷の店でアルバイトをしてポスターの配達を頼まれました。

子供の未来を大切にするNPO法人の一室があるマンションに足を運び、代表者の宇津帆(堤真一)がポスターを受け取ります。

彼の後ろには車イスに乗ったヒナコ(平手友梨奈)がおり、佐藤は彼女がリハビリしているのを見たことがあったので声を掛けられます。

ヒナコはリハビリ中に何度も佐藤が現れたことで怪訝(けげん)に思い、鈴木(安藤政信)に相談して彼は佐藤に忠告をしたという経緯を宇津帆に話しました。

宇津帆は職員の鈴木が悪いことをしたと言いつつ、佐藤の仕草にヒナコが笑顔を見せたことで良い青年だと思うのです。

一方、佐藤は宇津帆が過去に始末しなかったターゲットだったと気付き、不審に思いました。

宇津帆は表向きはNPO法人、裏では脅しや殺人をいとわない犯罪を犯していたのです。

仲間の鈴木や井崎(黒瀬純)と綿密な計画を立てて次に狙ったのは貝沼(井下好井)という青年…彼は佐藤のバイト先の社員であり、同僚のミサキを盗撮していました。

宇津帆は盗撮を調査しているとウソをついて会社先を調べて盗撮用のカメラを発見。

次にミサキがグラビアアイドルをしていた過去を利用して、彼女の事務所の関係者を装って貝沼の元へ行きます。

人感センサー付きのカメラに貝沼が取り付けている際の映像が残っていたと証拠を突きつけ、示談金を約束させました。
その後、逆恨みした貝沼は会社でミサキに包丁を突き立てようとした所を佐藤に止められ外へ逃げます。

貝沼を失踪したと見せかけて殺す予定だった鈴木は彼を拉致しますが、姿を見られたため佐藤の家へ…彼の妹であるヨウコがいたので、銃を突きつけて座らせたのですが、その肝の座った様子を見て佐藤が伝説の殺し屋であるファブルだと確信します。

腕っぷしのあるヨウコは瞬く間に鈴木を締め落としました。

佐藤が帰宅すると拘束された鈴木がいたため、貝沼を返して欲しいと伝えると井崎が事故で殺してしまったと分かります。

鈴木は死を覚悟しましたが、ボス(佐藤浩市)に殺しを禁じられていたこともあって佐藤は彼を解放。

鈴木は宇津帆に佐藤がファブルだったと報告すると、宇津帆は弟を殺された恨みを晴らすべく佐藤の命を狙います。

佐藤は宇津帆に呼び出されてマンションを訪ねると多くの敵に囲まれました。

そうして逃げ通すことに成功し、ヨウコに鈴木の後を追わせましたが彼女は捕まってしまいます。
宇津帆や鈴木は佐藤を待ち構えますが、ヒナコは宇津帆が両親の敵だとわかって銃を構えました。

一方、宇津帆は佐藤のために用意した地雷をヒナコが踏んでしまったことに怒り、自身を撃ってヒナコを吹き飛ばそうとするのです。

そこに佐藤が現れ、鈴木の協力を得てヒナコを助けましたが…宇津帆はわざと撃たれるようなマネをしたことで鈴木が手を下し、彼を射殺しました。
ヒナコは歩けるようになると佐藤に約束し、佐藤は日常に戻ります。

感想

アクションが凄い!

佐藤がファブルとして名をはせた際に東京で5人を暗殺したシーンから映画が始まるため引き込まれましたね。

スマートな殺し屋としての6秒以内にターゲットを殺していくため、都市伝説と言われるレベルの技量がしっかり伝わってきました。
そして、宇津帆の弟の首を斬った時には車が暴走してしまい、取り残されたヒナコを助けようと必死に…車にしがみついて最後には屋上から飛び出してしまうのですが、ヒナコを抱えて脱出しつつ電線がクッションにするまでは目が離せませんでした。

映画の後半のマンションでの動きも凄かった!

宇津帆に呼び出されてマンションを訪ねるとドアに仕掛けが…佐藤は仕掛けをそのままにすると誰かが死ぬ可能性があると思ってわざと爆発させました。

爆風に巻き込まれないように瞬時に外廊下の手すりを飛び越えて2つ下の階へ飛び移るスマートさ、多くの敵が彼を襲う中での戦う姿などアクションの見どころが満載!

少女を助けるために組み立てられた足場を崩して走ったり、強敵と対峙したりするのにはハラハラさせられます。

他では見ないような凄まじいアクションは一番の見どころでしたね。

宇津帆の因縁

元々、仲間と共に売春で稼いでいた宇津帆はファブルに仲間や弟を殺されて恨みを募らせていました。

一方で、家出少女だったヒナコを売ろうとしていたことがバラされないよう暗躍するという賢い面も恐ろしかったですね。

車イス生活となったヒナコに近付き、面倒を見るようになったのですが…佐藤がファブルだと知った際にヒナコの両親の首を斬って殺したのも彼だとヒナコに吹き込むのです。

しかし、彼女は両親の死の状況を警察は公表していなかったことで宇津帆の仕業だとわかりました。
こうした意外な展開に目が離せず、ヒナコが宇津帆を銃で撃つシーンは特にハラハラさせられます。

宇津帆は半ばヤケになって「ヒナコが家出をしなければ両親は死ななかった」と叫ぶラストは、彼女の心情が良く表れていたためとても引き込まれました。

ヒナコと佐藤にも注目

下半身不随だったヒナコは公園の鉄棒に捕まって歩けるようにと努める中、彼女の姿を見かけた佐藤はただただ見ているだけでした。

もちろん、ヒナコは不審者だと思って彼を変態呼ばわり…それでも佐藤は彼女を気にかける理由を知りたくなりましたね。

理由の一つは4年前に売春で稼ぐ悪人を始末した際にヒナコを助けたことがあるからだと思われますが、心情をあまり語らない佐藤の真意は他にもあったのかもしれません。
そして、ファブルとして殺し屋業を行う際には常に顔を隠していたため、ヒナコは佐藤がファブルとは気づきませんでした。

彼のアドバイスにも反抗気味に返していましたが、鉄棒を低いものから始めたり、歩く際にはイメージが大切だということを聞いたりする様子が心に残ります。

予告動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました