映画「最高の人生の見つけ方」のあらすじと解説【泣ける洋画】

目次

2008年5月に劇場公開された「最高の人生の見つけ方」の予告編動画は、こちら

「最高の人生の見つけ方」のあらすじ

車の整備士を長年勤めてきた高齢のカーター。

彼は妻や子供に恵まれていましたが、せき込んだ際に血を吐いてしまいます。

病院にかかるとガンだと発覚しそのまま入院…同じ病室にはエドというお金持ちだけど孤独なおじいさんがいました。

経営者のエドはこの病院の経営もしており、自ら「病院は一室二床」と決めたことに悪態をつきます。

長くて余命6ヶ月だと言われた2人は徐々に話をするようになりました。

ある日、カーターは「棺おけに入るまでにやりたいこと」をリストにしようとして途中で紙を捨ててしまいます。

エドはそれを拾ってリストを書き写していき、スカイダイビング、世界一の美女にキス、入れ墨といった内容を見ていきました。

カーターは内容に触れて欲しくないと思いつつ、エドがリストを埋めていこうと提案するのに驚きます。

カーターは笑いものになる気は無いと言いつつも説得されました。
ちょうどそこにカーターの妻が現れ、ガンについて話すことに…彼女はカーターがエドと共に残りの時間を自由に過ごすと言い出したことに怒ります。

「子供を見捨てるのか」と責め立てて、病と向き合って戦うべきだと言いますがカーターは譲りません。

そうしてエドとカーターの自由な時間が始まるのでした。

まずはスカイダイビング。

飛行機すら嫌いなカーターは怖気づきますが、トレーナーに無理やり落とされて空へ。

無事に地上に戻り、次々にリストの内容にチャレンジしていくのです。

ある日、カーターは医療機器の不備で服を血で汚してしまい、エドの家へ。

豪華な内装に驚きつつも風呂へ行くとテレビ付きだったことに驚きます。

そこにカーターの妻からエド宛に電話がかかってきました。

彼女は夫を返して欲しいと言い、エドはカーターを説得しようとしましたが聞き入れず…その後、いくつかの国を回ってリストを消化していくのです。

エドは娘のことは話したがりませんでしたが、エジプトでぽつぽつと語り始めました。

娘の旦那が暴力を振るったと聞いて秘密裏に引き離し、それから娘とは絶縁しておりカーターは親子で会うべきだと思い始めます。
ある日、雪山へ登ろうとした2人ですが吹雪に見舞われたことでホテルへ引き返しました。カーターがバーで飲んでいると美女から声をかけられたことで妻に会いたいと強く思います。

そして、エドが美女をけしかけたことを踏まえて、彼を娘と会わせようとしますが…エドは激怒してその場を去りました。

ケンカ別れとなったカーターは家族の待つ家へ帰り、団らんを楽しみます。

その後、カーターはガンが脳に転移したことで病院へ。

エドはその知らせを聞いて急いで会いに行って前と同じように話をして笑い合います。

カーターは治療を続けてガンの手術を受けますが亡くなってしまい、エドは彼が遺した手紙を読みました。

そこに「人生を楽しむように」と綴られていたことで、彼は娘に会いに行くことを決めたのです。娘の家で孫を紹介してもらって喜ぶエド…その後、カーターの葬式を終え、ほどなくして彼も亡くなりました。

2人の遺灰はリストの希望を兼ねて、缶に入れて雪山に安置されたのです。

「最高の人生の見つけ方」の感想

自分の死期がわかった2人の男性が色々なことにチャレンジしていくヒューマンドラマであり見入ってしまいましたね。
序盤は一代で10億円も稼いだエドが、自らが経営する病院でガンの宣告を受けるという展開は皮肉もあったのかなと思いました。

患者に対して1人1室よりも、2人で1室を使わせる方が経営的には良いと考えていたのに、自らが患者の立場となると嫌だと感じるのです。

そうした視点や見方が変わっていくのが映画の見どころだと言えるでしょう。
お金持ちで生活する上では不自由していなかったエドですが、一人で暮らしているという寂しさを感じさせました。

娘と疎遠になってしまったことを気に掛けつつも、彼女の夫を引き離したことは全く後悔していない様子…色々と納得していないからこそ、カーターが無理やり会わせようとした時に怒ったのかもしれませんね。
そんな彼が家で簡単な食事をするのにも不便を感じている姿を見た際には切なさも覚えます。

最後には娘に会って、孫を紹介してもらいつつ「世界一の美女とキス」とうリストを消化できたのには微笑ましさを感じました。

カーターは実直に働いて来て、看護師の妻と共に多くの子供たちに恵まれていたのが印象的。

哲学的なこともマジメに考える彼だからこそ、エドがリストを消化しようと誘って来たことに対して乗り気にならなかったのでしょうね。
そうしてリストの最初のスカイダイビングをして「こんな景色は初めてだ!」と喜ぶエドに対し、後悔しながら落下し続けるカーター…一人だったら絶対にやらなかった行動を2人だからこそチャレンジしていくのはおもしろかったです。
他にも、車のレース場で2人だけで車を飛ばしたり、サバンナで野生動物を眺めながら車を走らせたり…そのままの勢いでライフルを試すエドが、撃った反動で大きくと吹き飛ぶのには笑ってしまいました。

カーターはそんな彼を見て笑い、多くのことを考えるのです。

暖かい地域から寒そうな地域まで様々な場所を周る2人が徐々に互いの心情などを分かり合っていくのが見どころでしたね。

カーターと過ごす上でエドに変化があり、カーターは家族の大切さを改めて感じる姿が印象的でした。

「最高の人生の見つけた」のレビューを調べてみた

「最高の人生の見つけ方」という映画を見たんですが、とても考えさせられました⭐️ 末期癌の2人が人生最後にやりたいことをやるという話です。 そして最後には、本当に大切なことに気づくという内容です。 後悔しない人生を送りたいと改めて思いました😌

先日、 友達と一緒に「最高の人生の見つけ方」のDVDを観たんだけど、知ってますか?おもしろかったから、観たことない人は観てみて!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる