映画「白ゆき姫殺人事件」のあらすじ・内容・キャスト【湊かなえ】

sirayuki 邦画
この記事は約2分で読めます。

概要

湊かなえ原作のSNSの炎上や個人情報漏洩、マスコミの報道被害を題材にしたミステリー小説を映画化。

美人OL殺人事件の容疑者になってしまった女性とその事件について、テレビディレクターの取材をもとに、各登場人物の目線で語られることで主観と客観が入り混じり真実が見えなくなっていく本格サスペンス。

あらすじ・キャスト

ある夜、『白ゆき』という大ヒット石鹸を販売する化粧品会社の美人OL・三木典子(菜々緒)がメッタ刺しに遭い焼死体で見つかる。

うだつの上がらないワイドショーの契約ディレクター・赤星雄治(綾野剛)は高校の友人・狩野里沙子(蓮佛美沙子)から事件について、被害者・三木とは真逆で大人しく地味な同期の城野美姫(井上真央)が怪しいとの情報を聞き、独自で取材をはじめることに。

会社の同僚たちに話を聞いてまわると、盗難事件や恋愛問題、事件当日の目撃情報などから城野の犯行では、という印象を強く持ち始める。

この取材をワイドショーで取り上げられたことが称賛され、調子にのった赤星はさらに美姫の故郷に行き取材を進めることに。

美姫の小学校時代の「呪いの儀式」からファンだった「音楽グループの事故」にまで話が広がり、SNSやワイドショーではさらに美姫を責めるようになっていく・・・。

三木典子を殺したのは本当に城野美姫なのか?

誰が本当のことを言っているのか?

考察・感想

「人の記憶は都合のいいように捏造される」とても印象に残るセリフでした。

「あの人って○○だと思うんだよね」が独り歩きし「あの人って○○らしい」となり、最終的には「あの人は○○だ」にまでなってしまうことってありますよね。

本作は同じ湊かなえ原作の映画『告白』と同じように登場人物のそれぞれの目線で描かれているのが印象的。

SNSへの書き込みやワイドショーにより個人情報漏洩や無責任な情報が流されていることへの恐怖が、点と点がつながって線になるかのような個人的には好きな技法で描かれていて楽しめる作品です。

出演

本作の主要キャストの一人、赤星雄治を演じた綾野剛さん。

ドラマ『コウノドリ』での心優しい産婦人科医役や、『S -最後の警官-』でのクールだけれど強い信念を持った刑事役などあらゆる役どころを器用にこなしているように見えますが、クズな男やお調子乗りを演じさせたら本当に上手いですね(笑)。

また、出演されている役者の大半が、「主観と客観」や「それぞれの目線」で役どころを演じ分けているのも面白い演出です。

予告動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました