映画『アメリカン・スナイパー』のあらすじ【悪魔と呼ばれた伝説の狙撃手】ネタバレなし

americansniper
目次

2015年2月に劇場公開された「アメリカン・スナイパー」の予告編動画は、こちら

160人以上を射殺!?

アメリカ軍には、史上最強の伝説スナイパーがいた。

それは、イラク武装勢力に「ラマーディーの悪魔」と恐れられた男・・・クリス・カイル

『アメリカン・スナイパー』は、彼の自伝作「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」を原作としたスナイパー・アクションムービー。

その兵士は18万ドルの賞金首

ネイビー・シールズ所属のスナイパーであったクリス・カイルは、人並み外れた狙撃の腕前で戦果を挙げ続け、敵からは「悪魔」と恐れられるようになり2度目の派兵で、クリスは18万ドルの賞金首となってしまいます。

精度の高い狙撃により多くの同胞を救い、仲間からは「伝説の狙撃手」と讃えられるが、過酷な体験から 次第にカイルの心はPTSDにより崩壊の一途を辿り始めていく。

兵士たちが抱える深刻なPTSD

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、戦争や虐待などで凄まじい恐怖体験や衝撃を受けた後に生じる精神疾患で、帰還兵が戦争時に受けた過酷な記憶がフラッシュバックのように思い出され、辛さのあまり現実感がなくなったりする状態です。

2015年公開『ドローン・オブ・ウォー』(主演:イーサン・ホーク)は、戦地に赴かずドローンを操作し遠隔操作で異国の爆撃を行う戦闘機パイロットのお話ですが、ゲーム感覚で敵の家族ごと吹っとばし殺しまくる事で心が蝕まれ、PTSDに苦しむ様が描かれています。

『アメリカン・スナイパー』は、イラク戦争に兵役し狙撃手として160名以上の敵を射殺し、爆弾を持った子供さえ手にかけなくてはならなかった戦場の記憶に苦しむ兵士の姿を克明に描き出した名作です。

巨匠・名優による製作

本作は、クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー主演という巨匠と名優による最強の布陣で製作され、主演のブラッドリー・クーパーの役作りは、実在の凄腕ソルジャーの役に没頭するため、過酷なトレーニングや肉体改造に取り組み、約20キロも増量して撮影に臨みました。
その佇まいと演技によりクーパーは、アカデミー賞・主演男優賞にノミネートされました。

悪魔と呼ばれた狙撃手

アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員 クリス・カイルはイラク戦争に出した

スナイパーであるカイルは、武装勢力の攻撃から仲間たちを徹底的に援護していく。

人並み外れた狙撃の腕前で多くの同胞を救い、兵士達からはレジェンドと称されるが、その一方で反乱軍には「悪魔」と呼ばれ18万ドルの賞金首を賭けられた。

カイルは、その後も故郷に残した家族を思いながら、スコープをのぞき敵の命を奪っていく。

やがて、4度の出征で160人以上の敵を仕留めたカイルは、「伝説の男」に崇められる。

しかし、爆弾を持った子供さえ手に懸けた過酷な体験から、心に深い傷を負ってしまう。

そして無事に帰国した彼の日常を、戦争の狂気の記憶が彼を蝕んでいく…。

映画「アメリカン・スナイパー」のレビューを調べてみた

観終わって思い浮かんだのはアメリカン・スナイパー

「機械仕掛けのジュブナイル」とかのテーマ、人々の命を奪う戦闘により、完全にその中毒になってしまった兵士が、その後どう生きればよいのかは、凄く難しい問題ですね。機械仕掛け~は、デクスターの道を選んでいる。映画だと、アメリカン・スナイパーが傑作。リコリス…

映画「アメリカン・スナイパー」のキャスト

ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクド―ンなどが出演。

映画「アメリカン・スナイパー」の見どころポイント

主人公は、戦争で正義の任務につく狙撃兵だが「人殺し」としての顔を持ち、父親として、夫として、そして単なる「1人の人間」としての姿がある。

お国のために多くの人を殺し、挙句PTSDで苦しむ姿には、多くを考えさせられます。

彼の信条は、「人間には善良で無力な羊と、それらを食い物にする狼がいる。お前は狼には決してならず、羊を守る牧羊犬となれ!」という父の教えがありました。

そうです! 豚でも”立派な牧羊犬”となったベイブを見習いましょう!?

映画「アメリカン・スナイパー」の作品情報

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次