「私の家政夫ナギサさん」のあらすじ・ストーリー

家政夫のナギサさん 日本ドラマ
この記事は約3分で読めます。

原作

四ツ原フリコによる日本の漫画であり、NTTソルマーレが運営する電子書籍配信サイト『コミックシーモア』内の少女漫画レーベル「恋するソワレ」で、2016年8月19日から配信連載中をしています。

製薬会社の医薬情報担当者(MR)として働く28歳のキャリアウーマンが、突然現れた家政夫とライバルとの関係に振り回されるさまを描くハートフルラブコメディになっています

また、2020年7月7日から、TBSテレビ「火曜ドラマ」で放送されていました。

主演は、多部 未華子さんです!

キャッチコピーは「おじさん、とっ散らかった私のココロもキレイにして!」

あらすじ

大手製薬会社に勤務する相原 メイは仕事はできるが、家事は大の苦手だった。

ある日、メイが家に帰ると、妹のユイが雇った家政夫・鴫野 ナギサがいて、世話を焼くナギサを、メイは気に入らずクレームをつけ追い出そうとするが、完璧な家事に、メイは何も言うことができなかった。

ぶつかり合う二人だったが、次第に、仲良くなっていき、ナギサのおかげで疎遠になっていたユイと母、また、わだかまりのあったメイと母の母娘の絆を取り戻す。

しかし、ナギサは、昔製薬会社に勤務していた時、うつ病になった後輩の女子社員・箸尾さんを救えなかったことを後悔し続けており、家政夫になったことやメイに世話を焼く理由もそこにあったのである。

感想

主人公の相原 メイと家政夫のナギサさんのやりとりが面白おかしくて、毎回同じシーンを観てました。

また、ハラハラドキドキなシーンも沢山ありました。

観ていない方は、是非観てほしいです。

主人公

相原 メイ:多部 未華子(幼少期:金子莉彩)

大手製薬会社に勤務する医薬情報担当者のMR。

成績優秀で、自他ともに認める負けず嫌いなため、キャリア重視派で、結婚や恋愛は二の次。

夢は「お母さんになること」だが、家事全般が大の苦手である。

多部未華子のプロフィール

生年月日:1989年1月25日

出生地:日本 東京都

身長:158 cm

血液型:O型

職業:女優

配偶者:熊田貴樹(2019年)

事務所:ヒラタインターナショナル

出演作品

君に届け(2010年)

デカワンコ(2011年)

大奥〜誕生[有功・家光篇](2012年)

あやしい彼女(2016年)

これは経費で落ちません!(2019年)

空に住む(2020年)

私の家政夫ナギサさん(2020年)

まとめ

多部 未華子さんは、撮影初日は、カタカナが耳に入ってこないように生まれてきてしまったと思うくらい、薬の名前が全く入ってこなく、口もなかなか回らず大変だったそうですよ。

覚えるのも言葉で発するのも、とても大変だったんでしょうね。

また、お洋服も可愛らしく自分でも着やすいコーディネートなので参考にしようかなと勝手ながら思っています。

多部さんの、今後のご活躍も楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました