「罪の声」の概要、あらすじと評価をご紹介【ネタバレなし】

邦画

あらすじ

 

実際にあった昭和最大の未解決事件(グリコ・森永事件)をモチーフに過去の事件に翻弄させられる2人の男の姿を描き、第7回山田風太郎賞を受賞するなど高い評価を得た塩田武士のミステリー小説「罪の声」を、小栗旬と星野源の初共演で映画化。

 

平成が終わろうとしてる頃、新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は、昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、30年以上前の事件の真相を求めて、残された事実内容をもとに取材を重ねる日々を送りつけいた。

この事件では犯行グループが脅迫テープに3人の子供の声を使い始めており、阿久津はそのことがどうしても気になりましていた。
一方、京都でテーラーを営む曽根俊也(星野源)は、父の遺品の中にカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。

どうしても気になるテープを再生するとと、幼いころの自分の声が聞こえてくる。

そうしてその声は、30年以上前に複数の企業を脅迫して日本中を震撼させた、昭和最大の未解決人で犯行グループが使用した脅迫テープの声と同じものでした。
新聞記者の阿久津を小栗、もう1人の主人公となる曽根を星野が演じる。

 

作品の評価

 

■優秀作品賞

■優秀監督賞・・・土井裕泰(「麒麟の翼 劇場版・新参者」、「映画 ビリギャル」)

■優秀脚本賞・・・野木亜紀子(「逃げるは恥だが役に立つ」、「アンナチュラル」)

■優秀主演男優賞・・・小栗旬

■優秀助演男優賞・・・宇野祥平、星野源

■優秀撮影賞・・・山本英夫

■優秀照明賞・・・小野晃

■優秀音楽賞・・・佐藤直紀

■優秀美術賞・・・磯見俊裕/露木恵美子

■優秀録音賞・・・加藤大和

■優秀編集賞・・・穗垣順之助

 

作品の元になった事件

 

グリコ・森永事件をモデルにした「ギン萬事件」を作中で扱っている

「グリコ・森永事件」は、「かい人21面相」を名乗る犯行グループが食品会社6社を次々に脅迫。「どくいり きけん たべたら しぬで」との脅し文句とともに、青酸ソーダ入り菓子をばら撒くという手口で国民をパニックに陥らせ、被害企業は株価暴落など経営に大きな打撃を受けた。

 

一方で犯行グループは「けいさつのうそはごう盗のはじまり」「あほあほと ゆわれてためいき おまわりさん」など、警察を揶揄する〝挑戦状〟をマスコミ各社に送付。凶悪犯であると知りつつも、どこか憎めない軽妙さを伴った彼らの一挙手一投足に、国民の目は釘づけとなった。

 

1985年8月12日、かい人21面相は、「くいもんの会社いびるの もおやめや」との〝終息宣言〟を残し、闇に消えた。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました