映画「小さいおうち」 の内容・感想・レビュー【松たか子・黒木華主演】

小さいおうち 邦画

山田洋次監督作品の「小さなおうち」のあらすじ・内容

先ず、この映画の主人公は、清楚な日本人女性を演じさせると抜群で其の代表的女優といっても言い過ぎではない「黒木華さん」が主演していることです。

更に、恋愛映画として当然ながら主人公である彼女の恋愛物語かな、と思いきや全くそうではなく松たか子と吉岡秀隆とのチョット不倫がかった恋愛映画で、其の二人の不倫恋愛に主人公の黒木華が大いに悩むという筋書きなのです。

この映画は、あの寅さんシリーズでおなじみの山田監督がメガホンを撮った映画でも有りました。

更に、この題名の映画を観る直前に某TV局で同じく山田監督の「東京家族」を放送していたので拝見したのでしたが、出演者の主な顔ぶれが主に脇役陣ではありましたが揃いも揃って同じ人物なので、これにもびっくりしました。

そして、これらの山田監督の一家、家族と言える出演者も相変わらずですが、これが見ていて違和感がまったく無かったのも不思議といえば不思議なのですが、やはり監督の秀逸さと一種の拘り(こだわり)があるのでしょう。

其の山田監督といえば昨今の時代劇(武士の一分、たそがれ清兵衛、隠し剣 鬼の爪などの三部作)や現代劇において「家族」を描いた作品が多く、何れも秀逸で中々批判や批評の対象になりにくい作品になっています。

強いて云うならどの作品も背骨がはっきりしている、ストーリー展開がストレートで判りやすい優秀な作品と云うことです。

山田監督の初物とも言える本格的なラブストーリー

これまでも山田監督にしても恋愛的な要素は多々描かれてきたが、今回のは、このような清い淡い夫婦愛や男女の愛物語ではなく、ズバリ本当の不倫物語なのです。

それでも、描き方などは極端に描写を強調したりせず、監督特融の心情的な細やかな描写で想いを感じさせる、謂わば抑えた手法、手腕に好感がもてたのです。

現在と過去とが交錯しながら、主人公(黒木華)である女中の「タキ」が書き綴ったノートから秘密が解き明かされる展開はチョットはミステリー的でもあり、吉永小百合えんじた「母べえ」のように直接的な描写を避けて実はこっそりと戦争の理不尽さを訴え、山田監督十八番の家族の物語でもあるのです。

松たか子の演技も良かったですが、特に、板倉役の吉岡秀隆が相変わらず渋い演技で際立っていました。

それともう一つ、この映画を観終わった直後、女中の「タキ」を演じた黒木華さんが同映画での出演で、のベルリン映画祭女優賞受賞のニュースを得たことでした。

 

出演した黒木華さんはこの映画でベルリン国際映画祭最優秀女優賞で銀熊賞を受賞している

予告動画

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました