映画「フューリーズ復讐の女神」のあらすじ・解説・みどころ

The Furies 洋画
この記事は約3分で読めます。

8人の女たちは突然さらわれた!…目覚めた時、彼女たちは8人の殺人鬼に襲われる。

それは仕組まれた殺人ゲームで、美女と野獣の生き残りを賭けた死闘が始まった!

スラッシャー描写が凄すぎる! オーストラリア発バイオレンスホラー。

スプラッター映画とは?

舞い上がる血しぶき、飛び散る肉片、はみ出る内蔵など、スプラッター映画とは殺害シーンの生々しい描写に特徴のある作品。

その荒唐無稽でグロテスクな残酷描写が一部のホラーファンをつくり、これまで様々なスプラッター映画が製作されました。

スプラッターの名作

グロを超えた名作もあり、仕掛けられた罠と残虐描写で話題となった『ソウ』は、リアルな描写と緻密なストーリー展開で7作の続編がつくられるほどの大人気シリーズとなりました。

サム・ライミの長編デビュー作『死霊のはらわた』3部作も、非常に人気の高い作品。

本作『フューリーズ/復讐の女神』も過激なバイオレンスと残酷なスラッシャーに満ち溢れた、美女と殺人鬼の生き残りゲームが展開される。

マンハントとデスゲーム

 数人の男女が突然拉致されて、荒野や森に放たれ訳もなくデスゲームの餌食にされる『ザ・ハント』などの映画もあります…いわゆる「金持ちの娯楽」のためのデスゲームなのデス

ザ・ハントの作品については、以下の記事を参考にしてみてください。

映画「ザ・ハント」のあらすじ・考察・キャスト【ネタバレなし】
富裕層の娯楽ゲーム「人間狩り」が始まった! 森の中で目を覚ました12人の男女は、”マンハント”の標的にされた事を知る。 人間狩りという過激な設定が全米公開時に物議を醸したサバイバルアクション。 「人間狩り」の映画 これまで、...

逃げ場のない森と殺人鬼

本作でもデスゲームの餌食になり殺人鬼が襲ってくる!

ただし、美しい乙女が無闇に犠牲になるだけの趣向に収まらず、後半からは「復讐の女神」となり反撃していくのです。

本作のタイトル「フューリーズ」は、ギリシャ神話の復讐と殺戮の女神「エリーニュス」が語源で、復讐のために血祭りにあげる少女の怒りを表現しています。

あらすじ

高校卒業を控えたケイラは、ある夜友人のマディと共に何者かに連れ去られてしまう。

見知らぬ森の中で目を覚ますと、ケイラとおなじように森をさまよう女性たちと出会う。

そこへ女性と同じ数だけのマスク姿の殺人鬼が次々と現れ、彼女たちを襲ってきた!

武器を手に追ってくる不気味なマスクの殺人者たち・・・次々と殺される仲間たち。

そして女性が殺されると同時になぜか、殺人鬼の頭も爆発した?

この不可解な殺人ゲームに翻弄されながらも、ケイラは必死にサバイブする。

生きてこの森を脱出するためにケイラは殺人ゲームの謎を解き明かす…そして仲間と共に逆襲を開始した!

キャスト

出演はエアリー・ドッズ、リンダ・ンゴー、テイラー・ファーガソンなどのオージー俳優。

監督と脚本はミュージックビデオやCM、TVドラマを手がけて来たトニー・ダキノ初の長編映画で、シッチェス映画祭では最優秀作品賞にノミネートされるなど、世界各国のファンタステック映画祭で上映され、好評を得ています。

本作は、劇場型発信映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」の上映作品。

みどころポイント

低予算系B級作品ながら面白い!

美女を襲う殺人鬼たちのビジュアルもなかなか良く、ジェイソン風やレザーフェイスなど有名殺人鬼のマスクがオールスターなみに登場。

ドス黒い血糊と展開のなかに、さりげなく社会批判も盛り込まれている。

そしてゴア描写は、そこまでやるかの豪快なグロシーンが盛りだくさんで、大のホラー映画ファンを自認する監督の気合がめちゃ入っている!

単純に殺人鬼VS逃げる美女展開と思いきや、その裏に隠された驚きの設定もすごく新鮮で予想外の良作ホラーです。

作品情報

製作国:オーストラリア

監督:トニー・ダキノ

上映時間:82分

劇場公開日:2020年1月10日

予告動画

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました