映画「幸せのレシピ」の概要・考察【料理レシピ】美味しそうなパスタ!

No Reservations 洋画
この記事は約6分で読めます。

概要

完璧主義者で料理長を務める一人の独身女性がある日突然、姪と一緒に暮らし始めることに。

職場では自分と正反対の陽気な男性副料理長が新たに雇われて・・。

仕事、家族、恋愛、悩みながらも成長していく、心がほっこり温まるヒューマンラブストーリー。

原題

しあわせのレシピの原題は、”No Reservations

日本語で”予約なし”の意味になります。

2007年のアメリカ映画

本作は、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演、2007年に製作されたアメリカ映画で、2001年のドイツ映画『マーサの幸せのレシピ』をリメイクした作品になります。

あらすじ

完璧主義者のケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、マンハッタンの高級レストランで総料理長を務める独身女性。

その腕はファンが付くほどの人気ぶりで、迅速で無駄のない動き、シェフ達に対し的確な指示を出し、絶品料理の数々を作り上げる程の才能を持っていた。

しかし、内面は完璧主義の気が強い性格なので、オーナーのポーラ(パトリシア・クラークソン)の命令でセラピーに通わされていた。

本人は自覚がないものの、神経質な性格でお客と口論になることが度々あった。

そんなある日、いつものように厨房で忙しく料理を作っている時、ケイトの姉のクリスティーン(アリヤ・バレイキス)と姪のゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)が交通事故に遭ったとの連絡を受けた。

ケイトは病院へ向かい、治療を受けてベッドに眠っているゾーイの姿を見て安堵するが、クリスティーンが既に亡くなっていたので深い哀しみを受け立ち尽くした。

クリスティーンはシングルマザーだったので元夫の連絡先もわからなかった。

目が覚めたゾーイは母の死を知り涙を流し続ける。

ケイトはクリスティーンが妊娠中に書いた手紙を読み返し、自分にもしもの時があったらゾーイをケイトに託すと書かれていたこともあり、ゾーイと一緒に暮らすことを決意する。

ゾーイは自分の家に帰りたいと言うが、ケイトはクリスティーンの生前の想いを伝え「私の家に」と話し、ケイトと一緒に暮らすことになる。

ポーラの命令で1週間の休暇を受けたケイトだったが、店の様子が気になったので見に行ってみると、見知らぬ男性シェフが厨房に立っていた。

ラジカセからはオペラの音楽が流れ、シェフ達は笑顔で料理を作り、厨房内は和やかな雰囲気に包まれていた。

ケイトがいた時とは真逆の雰囲気になっていたので、戸惑ったケイトはポーラと話しをする。

ニック(アーロン・エッカート)が突然フリーに転身したので、ケイトに相談できず急いで副料理長として迎い入れたのだった。

ケイトはニックの軽薄な態度が気に入らなかったが、ニックがケイトと一緒に働きたかったので他店からの誘いを断ったことを知り、渋々彼を受け入れることにした。

家庭と仕事、どちらも新たなスタートになったケイトだった。

クックパッドに掲載の料理レシピ

映画「幸せのレシピ」に登場する料理のレシピが掲載されていましたのでリンクを貼っておきます。

映画「幸せのレシピ」風、トマトパスタ by 金さんx

ニックのバジルパスタ by ♪Miwa♪

小さなゾーイのパンケーキ by ♪Miwa♪

幸せの帆立貝のサフラン・ソース添え by miow miow rabbit

僕のティラミス by ♪Miwa♪

感想

穏やかで心温まる作品でした。

とてもキレイな料理を機敏に作っていくケイトの姿がカッコよかったです。

料理長という責任がある立場から精神的な負担を受ける中、ゾーイとニックという大切な存在に出会えたことはとても奇跡的な印象を受けました。

出会いは人生を変えていきますね。

ニックのイタリアンで陽気な性格は明るくなり最高でした!

母を亡くして食欲不振になっていたゾーイはニックが作ったパスタを思いっきり食べる姿がとても可愛らしかったです。

料理を通じてケイト、ニック、ゾーイの心の距離が徐々に縮まっていく場面が良かったです。

そして美しい料理の数々が登場。

うずら、フォアグラ、ロブスター、ムール貝の料理など、どれも美味しそうな料理が出てきたのも楽しめました。

2人の出会いでケイトのお堅い性格が柔らかくなっていき、作る料理にも変化が出てくるんだなぁと思いました。

家庭・恋愛・仕事と心身共に余裕がない大人の世界。

そんな毎日を模索しながら一生懸命歩み続けていくケイトの強さが伝わってきました。

とても愛に溢れ、家族で美味しい料理を食べたい気持ちが湧いてくる映画でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました