映画『ムーラン』の内容・考察・原作との違い【ディズニー】

ムーラン 洋画
この記事は約3分で読めます。

ディズニー・カンパニーを代表する、最強ヒロイン ムーラン

名作アニメ「ムーラン」が待望の実写化です!

父の代わりに男装して出兵した彼女が、多くの困難を乗り越え成長する姿が描かれます。

名作アニメの実写版!

1998年に公開されたディズニー・アニメ『ムーラン』は、古代中国の伝説「花木蘭」をモデルとしたストーリーで京劇や絵本にもなっており、古来より中国の人々の間でも広く知られる昔話。

北方騎馬民族の侵攻により自国の存亡に関わる戦いを前に、一家から男性がひとりずつ徴兵を迫られる中、年老いた父の代わりに娘・ムーランが男装して出兵!

男と偽って軍に参加し、敵軍と戦うというファンタジー・アドベンチャー。

生命力と勇気にあふれたヒロインの活躍と運命を描いた本作は大きな反響を呼び大ヒットし、続編の『ムーラン2』も2005年に公開されました。

戦場で「戦う女性」を描いた名作『ムーラン』の実写版が、再びディズニーで製作されました。

 アニメ版と実写版の違い?

アニメ版では、ミュージカルとコメディ的な要素があり、ムーランの守護竜であるお調子者のムーシュも登場し、子供から大人まで楽しめるディズニーらしい作品となりました。            劇中で歌う「リフレクション」や「アイル・メイク・ア・マン・アウト・オブ・ユー」といった名曲も登場!

実写版は、筋書きこそアニメ版と一緒だが戦闘画面に重点が置かれ、かなりシリアスなドラマが展開されます。

アニメ版でムーランとのロマンスが描かれるリー隊長は登場せず、コン・リー演じる敵軍の魔女が中心的な役割を果たすことになる。

あらすじ

時代は、争いが絶えることのない古代中国。

中国の皇帝は北方騎馬民族・フン族の侵略から国を守るために、「全ての家から男子を一人ずつ兵士として徴収する」という命令を下す。

しかし、ムーランの家に男性は父親しかおらず、更にその父親は老いて病弱で戦いに出ることが困難なため、ムーランが代わりに兵士として戦地に行くことを決意する。

ムーランは男装して自らをファ・ジュンと名乗り出兵し、戦争で数々の試練と立ち向かうことになる…果たして、ムーランは無事父の元に帰る事ができるのか!

 キャスト

主人公のムーランを演じるのは、世界5大陸1,000人を超えるオーディションから選ばれた中国出身の女優リウ・イーフェイ。

さらに、ハリウッドで活躍するカンフー映画界のレジェンド、ジェット・リーや、映画『ハンニバル・ライジング』や『マイアミ・バイス』などの出演作で知られるコン・リー、そしてアクションスター ドニー・イェンが脇を固める。

みどころポイント

本作のみどころは、ナント言ってもムーランの強さ! 愛する家族を守るために男装し戦地に赴き、戦う姿は男を超えた勇気に溢れています。

壮大な中国を舞台に、様々なアクションが繰り広げられる展開は実写版ならではの迫力に満ちています!

しかし実写版『ムーラン』は、筋書きこそアニメ版と一緒だがストーリーは完全オリジナルで、より戦うシーンに重点をおいた戦争映画のようなバイオレンスシーンも多く含んだ内容となっている為、アメリカでは視聴の年齢制限である「PG-13」に指定されました。

アメリカの映画審査機関MPAAでは、死人がたくさん出るほどのアクションシーンがある作品は「PG-13」になりやすいようです。

作品情報

製作国:アメリカ

監督:ニキ・カーロ

上映時間:115分

日本公開日:2020年5月22日

予告動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました