ドラマ「イチケイのカラス」のストーリー・出演者・メンバーを紹介

イチケイのカラス 日本ドラマ

キャッチコピーは、「法廷イチのくせ者は裁判官でした。」

竹野内豊さん演じるお堅い裁判官のイメージとはほど遠い型破りのクセ者と、黒木華さん演じる堅物エリートをコミカルに描く、笑いあり、涙あり、サスペンスありの爽快エンターテインメント。

「イチケイ」の意味は?

イチケイは、東京地方裁判所第3支部第1刑事部の事を指しています。

放送回数

全11話となります。

最終回は、6月14日の放送予定です。

出演者

イチケイのメインメンバー

入間みちお・・・竹野内豊。イチケイの刑事判事。本作の主人公で中卒でありながら、元弁護士である。
坂間千鶴・・・黒木華。イチケイを改善するために特例判事補。主人公とは、正反対の堅物でエリート意識が高い

駒沢義男・・・小日向文世。総括判事でベテラン判事。

川添博司・・・中村梅雀。イチケイの主任書記官で「ついていない男」である。同期が出世する中、自身が出世しないのは、イチケイに原因ありとネガティブ。

石倉文太・・・新田真剣佑。イチケイの書記官

一ノ瀬糸子・・・水谷果穂。新人女性事務官

浜谷澪・・・桜井ユキ。イチケイの新人女性事務官

最高裁判所のメンバー

日高亜紀・・・草刈民代。最高裁判所判事である。

東京地方検察庁

井出伊織・・・山崎育三郎

城島怜治・・・升毅

ストーリー・あらすじ

竹野内豊さん演じる主人公・入間みちおは、東京地方裁判所第3支部第1刑事部、通称「イチケイ」の刑事裁判官。

ひげを生やし、カジュアルな服装を身にまとう、お堅いイメージの裁判官とはほど遠い風貌をしています。

それに加え緊張感のないゆるい空気をまとい、とぼけた発言も多い事から周りが振り回される事もしばしば。

しかしその一方で、しがらみや偏見、先入観にとらわれない自由な発想と観察眼を持ち、弁護士団や検察官たちから恐れられているクセ者でもあります。

周りの事などお構いなしにマイペースで事件を深堀りしていくみちおですが、実は元弁護士という異色な経歴の持ち主でした。

元弁護士の彼がなぜ裁判官になったのか。

みちおの知られざる過去が次第に明らかになっていきます。

そして、そんな入間みちおと正反対の堅物エリート裁判官・坂間千鶴(さかまちづる)を演じるのは、黒木華さん。

堅物エリートのイメージ通り、男性社会の法曹界において若くして特例判事補になった優秀な女性です。

将来を約束されたエリート中のエリートですが、堅物で冗談が全く通じず、マイペースにじっくりと事件の真相を深堀りしていくみちおにイライラが募るばかり。

しかし、事件をただの”案件”ではなく”一人一人の人生”として扱うみちおの信念に気づいたとき、坂間は「裁判官として何ができるのか」という問いに直面することに。

そんな性格も価値観も違う相容れない2人が運命的な出会いを果たす事で、難事件の裏に隠された真実が明らかになっていきます。

 

イチケイのカラスの各話の詳細は、以下の記事にあります。

ドラマ「イチケイのカラス」1話から3話のあらすじ・ストーリー【ネタバレあり】
1話のストーリー・あらすじ 入間みちお(竹野内豊)は、東京地裁第1刑事部<通称:イチケイ>の刑事裁判官です。 元弁護士という経歴を持つみちおは、ヒゲを生やし服装はカジュアルで裁判官のイメージとはほど遠い男ですが、自由な観察眼と、徹底...
ドラマ「イチケイのカラス」4話から6話のあらすじ・ストーリー【ネタバレあり】
4話のストーリー・あらすじ みちおは、坂間を訪ねて裁判官官舎にやってきた彼女の妹・絵真と出会います。 絵真から、姉はどんな裁判官なのかと尋ねられたみちおは、裁判を傍聴したらどうかと言い、絵真はみちおと一緒に、坂間が裁判官を務めたいく...
ドラマ「イチケイのカラス」7話から9話のあらすじ・ストーリー【ネタバレあり】
7話のストーリー・あらすじ 弁護士時代のみちおが最後に担当した12年前の東丸電機殺人事件。 東丸電機の研究部主任だった被告人の仁科は、被害者の経営戦略部部長・布施から研究部門の解体および製造部門への異動を命じられたことが原因で度々ト...
ドラマ「イチケイのカラス」10話から最終話のあらすじ・ストーリー【ネタバレあり】
10話のストーリー・あらすじ みちおは青山と、彼女の母親の多恵に会いに行きます。 帰り道、青山は独立し事務所を立ち上げるにあたり、得意の企業法務だけでなく国選弁護もやっていくつもりだとみちおに話します。 青山は、その国選弁護で...

感想

本作品の見どころは、なんといっても性格や価値観が違う個性豊かなキャラクターです。

裁判官といえばお堅いイメージを浮かべる中で、竹野内豊さん演じる主人公・入間みちおの、良い意味で期待を裏切るゆるさとマイペースさは思わず笑ってしまうストーリー展開となっています。

今回は今話題の黒木華さんとの共演ということで、演技派揃いの俳優陣という事もあり、ストーリーがより鮮明に頭に入り引き込まれていきます。

竹野内豊さんが月9に出演するのは、上戸彩さんと共演したラブストーリー『流れ星』以来実に11年ぶり。

役柄も少し風変わりな裁判官役でお茶目なシーンもあり、決める所はしっかり決めるというギャップも描かれているので、とても新鮮な気持ちで楽しめるのではないでしょうか。

まとめ

2021年4月より放送された、竹野内豊さん主演の月9ドラマ『イチケイのカラス』。

検察官が主人公のリーガルドラマ作品は数多く放送されてきましたが、刑事裁判官を主人公とした民法連続ドラマは意外にも今作が初。

11年ぶりに月9ドラマで主演を務める竹野内豊さんに、共演するのは今話題の女優・黒木華さんという、安定感のあるキャスティングとなっています。

一話完結ストーリーとなっているので、前話を振り返らずとも楽しめるのが本作品の魅力的な要素の一つでもあります。

堅苦しくて難しいイメージが先行する裁判の事象を、子供から年配の方にまで馴染みやすく丁寧に作られた作品です。

クセのある刑事裁判官を竹野内豊さんがどう演じ切るのか?

そして、入間と坂間の2人の関係は今後どう転んでいくのか?

最後まで目が離せないストーリー展開は必見ですよ!

竹野内豊の出演作品

テレビドラマ

  • 星の金貨シリーズ
  • 理想の結婚
  • ロングバケーション
  • ビーチボーイズ
  • WITH LOVE
  • 氷の世界
  • 真夏のメリークリスマス
  • できちゃった結婚
  • ヤンキー母校に帰る
  • 人間の証明
  • 瑠璃の島
  • BOSSシリーズ
  • 不毛地帯
  • 流れ星
  • 素敵な選TAXI
竹野内豊主演の「素敵な選TAXI」のあらすじ・ストーリー
バカリズムさんが脚本の面白ろおかしいストーリー。タイトルの「素敵な選TAXI」は選択肢とTAXIを掛けている遊び心満載のコメディドラマです。主演は竹野内豊さんが演じる「選TAXI」の運転手、枝分(えだわかれ)さん。すごい名前。頭に残っ...
  • グッドパートナー 無敵の弁護士
  • 義母と娘のブルース
綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」のあらすじ・感想・キャスト【撮影場所も紹介】
概要このドラマは、一生懸命義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘、そして、その家族を支えた人間たちの愛と絆の物語である。あらすじ・ストーリー数年前に母親を亡くしてから、父親・良一と娘・みゆきの二人暮らしをしている...

映画

  • 冷静と情熱のあいだ
  • 太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-
  • 謝罪の王様
  • シン・ゴジラ
  • ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜
  • 彼女がその名を知らない鳥たち
  • 孤狼の血

コメント

タイトルとURLをコピーしました