ブルースーリーのカンフーアクション映画『燃えよドラゴン』のあらすじ・レビュー

Enter-the-Dragon 中国・香港映画
この記事は約4分で読めます。

1973年に劇場公開された「燃えよドラゴン」の予告編動画

2020年11月のディレクターズカットの動画になります。

輝かしいキャリアの絶頂期に突然の死を迎え、40年以上の時を経てもなお語り継がれる伝説のアクションスター ブルース・リー

『燃えよドラゴン』は、ブルース・リーの没後に全世界で大ヒットを記録し カンフー映画ブームを巻き起こした記念碑的作品。

伝説のアクションスター! ブルース・リー

32歳という若さでこの世を去り、映画界に衝撃を与えた伝説のアクションスター ブルース・リー…『燃えよドラゴン』は、1973年に公開されたカンフー映画の最高傑作です!

本作でカンフー武術の魅力を余すところなく魅せ、リー自身によって演出されたカンフー アクションシーンは大ブームとなり、世界中でカンフー旋風が巻き起こりました。

リーは本作の完成直後に急死し、後世への影響を見ることなくこの世を去りました。

そのため、彼は伝説のアクションスターとなったのです!

「燃えよドラゴン」のあらすじ

要塞島での戦い!

香港裏社会の実力者・ハンは3年ごとに彼の要塞島で武術トーナメントを開催し、世界各地から格闘家を招待していた。

少林寺で武術を修行するリーは、その島でハンが行っている麻薬製造の証拠を調べるためトーナメントに参加するよう国際情報局から依頼される。

リーの妹は、かつてハンの部下に追い詰められ自害した事を父から聞かされていたのだ。

リーは、妹の復讐のためにも任務を引き受けて島へと乗り込んでいく。

昼のトーナメントでリーは妹の仇・オハラを倒し、復讐を遂げた。

リーは島の内偵を進めていき、麻薬工場を発見したが捕まってしまう。

次の日、見せしめに強敵との対戦を迫られたが、対戦相手と共に反撃する事になった。

リーは、鏡の部屋にハンを追い込み最後の闘いを挑んでいく…。

”アチョー”という雄叫び!

劇中では、リーがヌンチャクを繰り出しながら “アチョー!”という甲高い雄叫びを発しながら襲い来る敵を倒していきます!

公開当時は日本中の少年がこのシーンにドハマりし“アチョー!”と叫びながら、あちこちでヌンチャクを振り回して、ブルース・リーになりきっていました。

若き日の香港スターも出演

本作には、今やアクションスターとして活躍する若き日のサモ・ハン・キンポーや、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウの姿もエキストラ役で出演しています。

サモ・ハン・キンポーは序盤でリーと試合をしている男を演じ、ジャッキー・チェンは映画後半で襲いかかってくる雑魚役でリーに頭をつかまれ首を折られます。

ユン・ピョウは、中盤に訓練しているエキストラの一人として登場しています。

ちょい役のジャッキー・チェンが、“首をへし折られる”シーンでは、ボキという音が!!

『燃えよドラゴン』のキャスト

主演ブルース・リーに、ジョン・サクソン、ジム・ケリー、アーナ・カプリ、ボブ・ウォール、アンジェラ・マオ、シー・キエン、ジェフリー・ウィークス、ヤン・スエ、ピーター・アーチャーなどが共演。

『燃えよドラゴン』のみどころポイント

目にも止まらぬスピードと格闘アクション! ブルース・リーの引き締まった身体と俊敏な動きから繰り出される武術のかっこよさに魅了されます。

『燃えよドラゴン』は、リーの洗練されたアクションもさることながら「考えるな、感じろ!」などの名言もあります…“考えるのを止めて、物事を感じ取れ”という教えでしょうか。

東洋系のスーパースターはとても少ない中で、ブルース・リーが本作において遺した功績は永遠不滅です…リーは若くしてこの世を去りましたが、それは 新たな伝説への序章

例え肉体は滅びても、映画の中に刻み込まれたその勇姿は永遠不滅なのです ”アチョ~!”

映画「燃えよドラゴン」のレビューを調べてみた

会社の先輩、「ドラゴンタトゥーの女」を「燃えよドラゴン」とかの系統の映画だと思ってたらしく、LINEで「なかなか闘わない」とか送ってきてクソ面白い

僕は映画だと「燃えよドラゴン」 漫画だと「デビルマン」

燃えよドラゴンはワーナー・ブラザーズだった。 やはり芝居小屋(映画館も)は観客を覗きしまくる場所かもしれない。 あと成田凌のカツベン!ってのが最近だと面白く今の状況教えてた。 講談と映画上映会の間に住宅街から盗むシーンとかある。 ミラーマンの嵐の中ではくだらなすぎてキレたけど。

ミラーが出てくる映画は燃えよドラゴン(1973年)もだけど、ハリウッドでは権力者はずっと使えるのかもしれない。 あと教えすぎたのか主演が不審死してる。 俺が15の時の仮面ライダー龍騎(2002年2月-03年1月は鏡の前で変身ポーズをして鏡の中に入っていく作品だった。アーサー王とバトルロワイヤル物。

アフリカンカンフーナチス、ドイツとガーナと日本で厳選された11種類の雑味が入ってるだけで基本的にはドラゴン怒りの鉄拳→燃えよドラゴンの文脈だから本格カンフー映画なんだよな

『燃えよドラゴン』の作品情報

  • 製作国:香港・アメリカ合作
  • 監督:ロバート・クローズ
  • 上映時間:103分
  • 日本公開日:1973年12月22日

コメント

タイトルとURLをコピーしました