ドラマ「デクスター 警察官は殺人鬼」シーズン1のあらすじ・感想・キャスト・出演者

デクスター 警察官は殺人鬼 海外ドラマ

アメリカのドラマシリーズ。
ジャンルはサスペンス・スリラー・クライムドラマ。
ショウタイムで2006年から放送された。
DVDおよび試写会にではR-15指定。

キャスト・出演者

マイケル・C・ホール

ジェニファー・カーペンター

あらすじ

主人公のデクスター・モーガンは、マイアミ警察で働く優秀な血痕専門鑑識官。

実は2つの顔を持っています。

殺人課に事件解決の協力をしていない時は、法律をうまく潜り抜けて、罪を犯した悪人を捕まえて殺すという裏の顔(シリアルキラー)を持っています。
戦利品として殺した相手の血をスライドに保存して証拠を残さないように悪人をラップで体を固定してバラバラに切り刻み、ゴミ袋に小分けして海に捨てていました。
昼間は殺人事件の解決に力を注ぎ、夜になると殺人に加担する日々。

でも、デクスターは無差別に殺すわけではなく、殺人犯だけを狙って殺しを繰り返します。
なぜ殺人犯だけ殺すのか?

それは義理の父親・ハリーが作った「ハリーの掟」に従っているからです。
既に亡くなっていますがハリーだけはデクスターの異常さに気付き、殺しの衝動を抑えられないデクスターを導いたのです。
義理の妹・デボラはデクスターの本性は知らずにマイアミ警察官として同じ職場に働いてます。
たった一人の警官・ドークスを除いてはデクスターに疑いを持つ者はいません。
ドークスだけデクスターの異常さを感じ取っていて監視したり、尾行しますが何も証拠は掴めませんでした。
あるとき売春婦の連続殺人事件が起きます。
遺体は血がすべて抜かれた状態で発見され、冷凍車の中で犯行が行われていることが推測され、「冷凍車キラー」と名付けられます。
デクスターの助けもあってデボラは死体を運ぶトラックを見つけ、殺人課への転属されます。
犯人の「冷凍車キラー」はデクスターのアパートに侵入し、デクスターをもてあそび始めます。
「冷凍車キラー」の正体とその目的とは何でしょうか?
一方、デクスターには恋人・リタがいます。

セックスすると本性がバレて捨てられてしまうので、トラウマからセックスに嫌悪感を抱いているリタは恋人相手として最適です。
そんなデクスターとリタでしたが思いがけず愛を深めていきます。

保釈中の前夫・ベネットを陥れて刑務所に逆戻りさせます。
デボラは病院で知り合った義肢医のルディ・クーパーと交際を始めやがて婚約します。
しかしルディにはデクスターに深い関係があり、デクスターが殺人鬼になってしまった理由を知っていたのです。
実はルディはデクスターの実の兄・ブライアンであり、「冷凍車キラー」だったのです。
ブライアンとデクスターは、幼い頃に目の前で母親を殺され、その血の海の中で2日間を過ごしていました。

この過去から、2人とも殺人衝動を抱くようになったと言います。

ブライアンは精神病院で過ごした一方で、デクスターは警察官のハリーの元で育てられています。
ルディはデクスターに近づくためにデボラと婚約したのです。
ルディは巧妙にデボラを誘拐し、デクスターは昔住んでいた家に行きます。

そこには意識朦朧としているデボラがいてルディに殺すように誘導されます。
しかしデボラを殺すことはできません。
後に、今度はルディを罠に嵌めて、ラップでぐるぐる巻きにします。

このときのデクスターの表情は苦しみに溢れています。

絶対に許すことが出来ない存在であると同時に、唯一の理解者であるルディを、今にも殺そうとしているのです。
異次元の葛藤。

苦痛の表情。

そして、デクスターはルディの首を自殺に見せかけて切ったのでした。

感想

普段からサスペンスドラマを見ている方でもちょっと覚悟して見た方がいいかもしれません。
生々しい殺しの描写が続くからです。
大人気サスペンスドラマだけあって続きが気になって仕方なくなるドラマです。
普通のドラマですと凶悪な殺人鬼とそれを追う警察官という構図です。
ですが主人公が幼い頃から殺人衝動を抑えられないシリアルキラーであり、マイアミ警察の鑑識官という所が面白いです。
主人公が次々と凶悪犯を殺害していくので捕まるのではないかとハラハラしてしまうストーリーです。
特に「冷凍車キラー」の結末は評価の高いポイント。

デクスターの義理の妹・デボラの婚約者だったというだけでなく、生き別れたデクスターのお兄さんだったとは・・・と二度驚かされました。
こんな衝撃的な結末は二度とお目にかかれないだろうと言うファンもいるようです。
シリアルキラーの表・裏の顔を描いた興味深いドラマです。
普通のサスペンスドラマに飽きてしまった方におススメです。
ジェフ・リンジーの小説『デクスター 幼き者への挽歌』が原作であり、第1シーズンのプロットはほぼこの小説の内容を踏襲している(ただし、サブキャラクターの性格設定や、ストーリーの細部は改変が加えられている)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました