洋画「ラブ・アゲイン」の意味とは?【キャスト・考察】

ラブ・アゲイン 洋画

概要

2011年のアメリカのロマンティック・コメディ映画です。
監督は「フィリップ、きみを愛してる!」のグレン・フィカーラとジョン・レクアがタッグを組みます。
脚本を「塔の上のラプンツェル」のダン・フォーゲルマンが手掛けました。
あの有名な「40歳の童貞男」に主演したハリウッドきってのコメディー俳優スティーヴ・カレルが再度主演です。
「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリング、エマ・ストーンが共演します。

あらすじ

仕事も家庭も順調にいっていると思っていた中年男性キャル(スティーヴ・カレル)は、いきなり愛妻エミリー(ジュリアン・ムーア)が浮気をしたと白状し「離婚したい」と言われてしまいます。
一人で冴えない日々を過ごしていたある日、バーで遊び人ジェイコブ(ライアン・ゴズリング)と出会います。
次から次へと女性をナンパをしてはお持ち帰りをするジェイコブは妻を忘れられないキャルに興味を持ち、お洒落や女性の口説き方などを指南するようになります。
最初は乗り気じゃなかったキャルもジェイコブの指導を受けるようになります。
そのかいあって冴えなかったキャルは”イケダン”になり女性のお持ち帰りも出来るようになります。
その頃、遊び人ジェイコブはいつものようにナンパをします。
ところがそのハンナ(エマ・ストーン)は彼氏がいる法学部の学生で全く相手にされませんでした。
ロースクールを卒業し司法試験に合格したハンナは友達を含めたディナーでプロポーズをされると思い込んでしまいます。
自分の勘違いだと分かったハンナはヤケになりジェイコブがいるバーに乗り込みます。
いきなりジェイコブに熱烈なキスをして一夜を過ごそうを誘います。
ジェイコブはハンナをお持ち帰りしていつものように口説きますが、予想外のシチュエーションになります。
なんと二人はたわいないお喋りをして朝を迎えたのです。
これにはジェイコブも誤算でジェイコブにとってハンナは特別な女性になりました。
実はハンナはキャルの娘だったのです。
そのことを知らないジェイコブはハンナの父親に会おうと向かいます。
もちろんキャルもまさか自分の娘の相手が遊び人・ジェイコブだとは思っていません。
2組のカップルの行く末はいかに?

感想

”イケダン”になれば妻は取り戻せるのでしょうか?現実はそう簡単ではないです。

でも悪戦苦闘して不器用なキャルを見ていると親近感が湧きました。
ほとんどの人が不器用なキャルに共感するのではないでしょうか?
器用な人間はあまりいなくて、不器用な人間の方が多いように感じるので共感する人が多いように感じます。
特に恋愛や結婚なら尚更です。
こちらの映画は2組のカップルの愛を絶妙に描いていて笑い、切なさ、愛が詰め込まれています。
キャルの奥さんへの愛が伝わってきて温かい気持ちになります。
そして遊び人・ジェイコブが本気になった相手がキャルの娘だとは驚きでした。
でもジェイコブがハンナを本当に愛する様子は見ていて嬉しかったです。
ジェイコブも”人を愛するという素晴らしさ”が分かったんだと思いました。
最後は絡み合った2組のカップルがハッピーエンドになり気持ちがいいです。
個人的にはジェイコブがイケメンで目の保養になりますので、特に女性は見て損はない映画ですのでオススメです。
キャル・ウィーバー役/スティーブ・カレルについて2005年には『40歳の童貞男』で主演・脚本・製作総指揮を兼任し、このコメディ映画は全米で大ヒットを記録しました。
またこの年から主演したテレビシリーズ「ザ・オフィス」もヒットし、2006年にゴールデングローブ賞を受賞、エミー賞にもノミネートされました。

2014年にジョン・デュポン役で主演した「フォックスキャッチャー」でも2015年度
ゴールデングローブ賞とアカデミー賞両方で主演男優賞にノミネートされ、コメディからシリアスなドラマまで幅広い演技力が評価されています。

予告動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました