実話をもとにした映画「シェフ三ツ星フードトラック始めました」のあらすじ・キャストを紹介

chef-2014 洋画
この記事は約3分で読めます。

洋画オタクの筆者オススメ

あなたはやりたい仕事をしていますか?
上司に言われるまま、我慢して仕事をしている人は大勢いると思います。
でも1度きりの人生、思い切ってやりたいことやってみませんか?
本作は人生について考えられて、爽快感が味わえる映画です。

キャスト・出演者

・カール・キャスパー 演:ジョン・ファヴロー
主人公であり、レストランの総料理長。腕はいいが大人気ないシェフ。
料理評論家やオーナーとケンカして、レストランを辞めて移動販売を思いつく。

・パーシー  演:エムジェイ・アンソニー
カールとイネズ(元妻)の息子。10歳。カールについてきて、フードトラックのお手伝いをするようになる。

・マーティン 演:ジョン・レグイザモ
カールの助手で親友。カールがレストランを辞めたので料理長に出世したが、カールについてきて楽しそうにフードトラックを盛り上げる。

・イネズ 演: ソフィア・ベルガラ
カールの元妻。親権はイネズなのでパーシーと同居している。マイアミ出身。
のちにフードトラックを手伝うようになる。

あらすじ

一流レストランで総料理長を務めるカール(ジョン・ファヴロー)は、有名な料理評論家が来店するので、自分の創作料理を出そうとします。
ですがオーナーに「オーナーは自分なんだから言う通り、いつものメニューを出せ」と言われ、仕方なくいつものメニューを出しました。
結果、料理評論家に酷評されてケンカをしてしまい、オーナーとも揉めて店を辞めてしまいます。
そんなカールをみた元妻イネズの提案で、故郷であるマイアミにいくカール。
マイアミのレストランで食べた、キューバサンドイッチの美味しさに驚きます。
「このキューバサンドイッチを移動販売したら、繫盛するのでは?」と思いつきます。
中古トラックを貰いますが出てきたトラックは汚いオンボロトラック。
カールは息子パーシーと一緒に掃除・修理してなんとか使えるようにします。
元同僚で親友のマーティンも途中から駆けつけ、3人で移動販売するようになります。
マイアミ~ニュー・オリンズ~オースティン~ロサンゼルスまでの、移動販売の旅が始まりました。

三ツ星シェフのフードトラックは、うまくいくのでしょうか?

感想

本作を観ていると、自分のやりたいことをやろうと思えてきます。
上司に言われるまま仕事している人は大勢いると思いますが、思い切って自分の思うまま仕事をするのも、いいのではないでしょうか?

フードトラックを始めたカールを観ていると、レストランの総料理長をしていた時より、イキイキしていて仕事をしています。
男3人で男くさい旅かもしれませんが、ワイワイ楽しんでいて観ている私も楽しい気持ちになりました。

一流レストラン総料理長からフードトラックに転身だと、不幸せそうなイメージでしたが、むしろ逆で幸せなんだと考えが変わりました。
私もカールのように生きてみたいなと思いました。
もちろん、イイコトばかりではないのは理解しています。
ですが人生はあなたが思うよりあっという間に過ぎていきます。
長いようで短いのが人生。
本作を観て、仕事や人生について本気で考えてみませんか?

作品情報

2014年のアメリカ合衆国のコメディドラマ映画。
ジョン・ファヴローが監督・脚本・製作・主演の4役を務めます。

最初から最後まで完全に実話という訳ではなく、実話をインスパイアした作品です。

インスパイアとは簡単に説明すると「影響を受けること」です

ジョン・ファヴローが監督したあの有名な「アイアンマン」は大ヒットとなり、2010年公開の続編「アイアンマン2」の監督も務め、さらに両作で主人公スタークの運転手ハッピー・ホーガン役で主演している。
「アイアンマン3」の監督は続投すると思われたが、降板の発表がされた。

予告動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました