映画「バクマン。」のあらすじ・感想・曲【ネタバレなし】

バクマン。 邦画
この記事は約2分で読めます。

バクマン。の原作・概要

原作は『DEATH NOTE』でおなじみの原作・大場つぐみと作画・小畑健のコンビによる「週刊少年ジャンプ」で2008年から2012年まで連載された人気漫画。

実際にある出版社・週刊誌を舞台に、漫画家を目指す少年2人の物語。

漫画業界の表も裏も描いた話題作で、NHK教育テレビでアニメ化(第1シリーズ2010年から第3シリーズ2013年まで)もされた作品。

劇中の音楽・曲

作品内の音楽担当は、「サカナクション」が担当しており、主題歌は、「新宝島」

あらすじ

同じ高校に通う2人の高校生・真城最高(佐藤健)と高木秋人(神木隆之介)。

文才はあるが絵が下手な秋人は、絵は上手いがどこか冷めた普通の高校生活を送る最高に「一緒に漫画家を目指さないか!」と誘うが断られる。

実は最高には「週刊少年ジャンプ」でプロの漫画家として活躍していた叔父がいたが、連載が打ち切りとなり、再度連載を目指す最中に過労でその叔父が亡くなったという過去を引きずっていた。

そんな最高だが、思いを寄せるクラスメイト・亜豆美保(小松菜奈)が声優になることを目指していることを知り、「ともに夢が叶ったら結婚する」という約束を勢い余って交わしたため、漫画家になることを宣言する。

そして初めての作品が完成し、ジャンプの編集者・服部(山田孝之)や編集長・佐々木(リリー・フランキー)の目に留まる。

やがて2人は同じ高校生でありながらすでに連載デビューの決まっている新人天才漫画家・新妻エイジ(染谷将太)と出会い、お互いをライバルとして意識し始める。

最高と秋人は強敵(とも)との「友情」「努力」を糧に、夢という「勝利」をつかむことができるか?!

感想

漫画を実写化した映画に引っ張りだこの佐藤健さんと神木隆之介さんとそのライバル役の染谷将太さん。

『漫画家同士の対決』を表すため佐藤・神木コンビ VS 染谷のCGを使って漫画の道具を武器に戦うところは『るろうに剣心 VS 寄生獣』を彷彿させるようなアクションシーンでした(笑)。

クライマックスからエンドロール(?)にかけても遊び心が満載で、往年のジャンプファンにはたまらない出来栄えになっています。

出演

本作の主要キャストはもちろんのこと、脇を固めるメンバーもまた良い役者を揃えてます。漫画家として最後まで戦う最高の叔父・川口たろう役の宮藤官九郎さんや過去に川口たろうの担当編集者で現在はジャンプ編集長・佐々木役のリリー・フランキーさんは原作のイメージをそのまま再現できていたのではと思います。

逆に亜豆美保役の小松菜奈さんはカワイイというよりも美人なので原作を意識すればアイドルあたりを起用しても良かったのかも(笑)。

予告動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました