「浅田家!」のあらすじを小説と映画版で比較!相違点やそれぞれの見どころの違いも紹介!

邦画

あらすじ

いろんなシチュエーションでコスプレして撮影するユニークな家族写真で注目を集めた写真家・浅田政志の実話をもとに、二宮和也と妻夫木聡の共演、「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督のメガホンで描いた人間ドラマ。
4人家族の次男坊として育ち写真家となった主人公・政志を二宮、やんちゃな弟をあたたかく見守る兄・幸宏を妻夫木が演じ、家族の“愛の絆”や“過去と今”をオリジナル要素を加えつつ描き出す。

浅田家の次男・政志は、父の影響で幼い頃から写真に興味を持ち、やがて写真専門学校に進学。
卒業制作の被写体に家族を選び、浅田家の思い出のシーンを再現した写真で学校長賞を受賞する。
卒業後しばらくはくすぶっていたものの、再び写真と向き合うことを決意した政志が被写体に選んだのは、やっぱり家族でした。
様々なシチュエーションを設定しては家族でコスプレして撮影した写真で個展を開催し、写真集も出版されまして、権威ある賞も受賞する。
プロの写真家として歩み始めた政志は、全国の家族写真の撮影を引き受けるようになった。

 

2011年3月11日、東日本大震災が発生。
これまで撮影した東北に住む家族のことが心配になった政志は被災地に足を運ぶが、それで家や家族を失った人々の姿を目の当たりにする。

 

小説と映画の異なる点

小説では、事実がそのまま記載されており、浅田政志さんの腕には「学校の名前」の入れ墨が入っているのだが、映画では二宮の腕には別の文字がタトゥーとして入っている。

 

また、映画では登場しているが、小説では登場しない人物がいる。

そう!政志を支えてくれた若菜(黒木華)さんである。

これは、映画オリジナルの登場人物かと思わされるが、小説でも最終的には、ちゃんと登場してくるのである。(笑)

 

基本的には、小説と映画でそこまで異なる点は、ないが小説を読んでいる人でも充分に映画も

楽しめる作品として仕上がっている。

 

 

映画の評価

■受賞

・日本アカデミー賞を8部門受賞

・ワルシャワ国際映画祭 最優秀アジア映画賞受賞

 

■DVD、Blu-ray情報

⇒2021年3月17日(水)Blu-ray&DVD 発売

 

■映画の原案となった浅田家のオフィシャルサイト

⇒浅田正志オフィシャルサイト

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました