韓国ドラマ「青い海の伝説」の内容、あらすじを紹介【テオのグループ、経歴も!】

青い海の伝説 日本ドラマ
この記事は約3分で読めます。

絶滅寸前の人魚が陸上に上がり、イケメン天才詐欺師のホ・ジュンジェに出会う。

慣れない陸での生活で起こる予測不能な出来事に振り回されながら笑いあり涙ありのドラマです。

あらすじ

1598年、激しい嵐で海岸に打ち上げられてしまった美しい人魚セファ(チョン・ジヒョン)は、近隣の村民に見つかり、この地の権力者でずる賢い商人のヤンに捕まってしまう。

ヤンは新しく赴任してきた県令のキム・タムリョン(イ・ミンホ)に気に入られるため捕まえた人魚を見せる。

人魚を哀れに思ったタムリョンは、ヤンが今までやってきた様々な悪事を見逃してあげる代わりに人魚を自由にし海に帰すよう命じて、人魚の命を救う。

時は流れ、現代のソウル。

タムリョンはホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)という天才詐欺師に生まれ変わり、仲間のナムドゥとテオと共に世界をまたにかけさまざまな詐欺をしていた。

ある日、スペインに滞在していたジュンジェは、見知らぬ女性が自分のホテルの部屋にいるのを見つけた。

その人は初めて陸に上がってきた人魚(チョン・ジヒョン)だった。

ジュンジェは彼女を不審者だと思い警察に引き渡すが、彼女が付けていたブレスレットが高額の骨董品であることを知り、彼女を警察から引き取る。

ジュンジェは狙いの高額のブレスレットを手に入れることに成功する。

しかし、すぐ他人を信じてしまい言葉を話すことが出来ず純粋で無防備な彼女を放っておくことができず、一日だけ自分のホテルに彼女を泊めることにした。

しかし、ジュンジェに詐欺でお金を奪われた韓国の権力者の手下の男たちに追いかけられ、二人は一緒に逃げ回ることになった。

そんな中、映画やドラマを見て韓国語を覚え会話ができるようになった彼女にジュンジェは“シムチョン”と名前を付けてあげる。

そして愛を信じず固くなった心を持つジュンジェが純粋で真っ直ぐなシムチョンによって少しずつ心を開いていく…。

 

感想

もう本当に面白かったです。

恋愛だけのドラマではなくハラハラドキドキの事件をあるので飽きずに見ることが出来ました。

笑いあり涙ありで韓国ドラマをあまり見ない人にも是非見て欲しい作品です。

テオ役は?

青い海の伝説を見ているみなさんが気になっているであろうテオ。ジュンジェから『韓国のインターネット環境は世界一』と誘われ、天才的なハッキングの技術を生かしそのままナムドゥとともに詐欺師3人組となった。

テオは無口で無表情な役ですがテオのアイドル級の顔面に釘付けになった人は多いのではないでしょうか?

このテオ役を演じたのは日中韓3カ国のメンバーで結成された

『CROSS  GENE』のシン・ウォンホです。

『僕らのイケメン青果店』(2011年)

『RUN60第二章』(2012年)

『ビッグ〜愛は奇跡〜』(2012年、KBSドラマ)

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』第25話(2015年)

『青い海の伝説』(朝鮮語版)(2016年、SBSドラマ)

『世上的所有恋愛』(2017年)

『Children of the 20th Century』(2017年)

『Risky Romance』(2018年)

 

シン・ウォンホさんは韓国の作品だけでなく、上手な日本語を活かし日本の作品にも出演しています。

2020年10月19日から兵役の義務を果たしているそうです。

青い海の伝説を見ながら帰ってくるのを楽しみに待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました