感動の名作!映画『愛と青春の旅立ち』のあらすじ【感動の卒業シーン】

an-officer-and-a-gentleman 洋画
この記事は約4分で読めます。

1982年に劇場公開された「愛と青春の旅立ち」の主題歌と感動シーン

複雑な家庭環境で育った男は、夢を抱き 海軍養成士官学校へ入校する。

そこには、鬼教官の地獄の訓練が待ち受けていた!…そして、彼女と出会い恋をする。

『愛と青春の旅立ち』は、下流の生活環境から脱出しようとする男の夢・友情、そして愛を描いた感動の青春物語。

リチャード・ギアの出世作!

今でこそ渋い男優の魅力を放つリチャード・ギアですが、この頃は20代前半の「士官候補生」役ということで、実に若く瑞々しい姿を見せてくれます!

もともと、この役は当時人気絶頂だったジョン・トラボルタにオファーされたが、断られたために『アメリカン・ジゴロ』で注目されたリチャード・ギアに役が回り、本作の大ヒットによりリチャード・ギアの出世作ともなりました。

「愛と青春の旅立ち」のあらすじ

パイロットへの夢・愛・そして友情

ザック・メイヨは、夢だったパイロットになる為、航空士官養成学校へ入学を決意する。

海軍の兵曹だった父親は、基地から基地への生活で家族のことは顧みなかった。

そして、ザックが13歳の時に母親は自殺した。

ザックは不遇だった少年時代を振り切るように家を飛び出し、養成学校に志願したのだ。

彼は腕の刺青を隠し意気込んで参加したが、鬼教官のフォーリーに目を付けられる。

士官候補生は丸刈りにされ、13週間の過酷な訓練生活が始まった。

過酷極まる毎日の訓練で、任意除隊で脱落するものが増えていく。

ある日、ザックは地元の懇親会パーティでポーラと出会い恋をする。

親友のシドは突然除隊し、女性とのトラブルから自殺しザックは孤独の淵に落ちていく。

その後過酷な訓練も乗り越え、無事卒業式を迎えたザックは少尉となった。

自分より偉くなったザックに、フォーリー軍曹は敬意を示し最敬礼をし彼を見送った。

ザックはその足でポーラのいる製紙工場へ向かい…彼女を見つけ、抱き上げます。

外に出た二人の前には綺麗な大空が、広がっていた…。

「愛と青春の旅立ち」をAmazonプライムで視聴

鬼教官との感動の名シーン!

鬼教官の異名を持つ、フォーリー軍曹の厳しい訓練についていける者はなかなかおらず、

次々と脱落する中で、主人公のザックは軍曹の罵声やひどい仕打ちを受けても諦めない!

そして無事卒業式の日には少尉となり、自分より偉くなったザックに軍曹は敬意を示し最敬礼をします…この時、ザックは彼に銀貨をプレゼントし感謝を示します。

軍曹はテレを隠しながら「ここから立ち去れ」と言う…感動の名シーンです!

鬼軍曹役のルイス・コゼット・ジュニアは、本作の演技でアカデミー賞・助演男優賞を受賞。

アカデミー歌曲賞を受賞!

主題歌のバラード「愛と青春の旅立ち」は、 アメリカのビルボード・ヒットチャートでNo.1 に輝き、第55回のアカデミー賞では歌曲賞を受賞!

枯れた声のジョー・コッカーと、甘い声のジェニファー・ウォーンズのデュエットが見事にマッチして感動のシーンを盛り上げます。

ラストシーンでの、彼女を抱き上げた「お姫様だっこ」に憧れた女性も多いはず…。

映画「愛と青春の旅立ち」のレビューを調べてみた

孤独な人間は……辛さなど感じない。『愛と青春の旅立ち』

ちなみにワタシは「愛と青春の旅立ち」という映画がキライだということに最近気がつきました。 あれアメリカ軍のリクルートビデオじゃねーの?

カレー屋で音楽かかってて あ、これ明日にかける橋だっけ? てマスターに言ったら 愛と青春の旅立ちだと と言われた 間違えた

「愛と青春の旅立ち」のキャスト

リチャード・ギア、デブラ・ウィンガー、デヴィッド・キース、リサ・ブロント、ルイス・ゴセット・Jr、リサ・アイルバッハー、ロバート・ロジア、トニー・プラナ、ハロルド・シルベスター、デビッド・カルーソー、ビクター・フレンチ、グレイス・ザブリスキーなどが出演。

「愛と青春の旅立ち」の見どころポイント

兵役訓練を通して一人の人間の肉体的試練と精神的成長が描かれ、本作は間違いなく心に残る 青春映画の代表格のひとつ! アメリカ映画の良心が感じられる佳作です。

主題歌のバラードも  ”人生の道は長い 山々も僕らの前にそびえたつ でも僕らは毎日 一歩づつ登るんだ ♬” と、サビの部分は何度聴いてもシビれます。

ラストで、彼女を抱き上げた「お姫様だっこ」シーンは、正に “愛と青春の旅立ち”。

「愛と青春の旅立ち」の作品情報

  • 製作国:アメリカ
  • 監督:ティラー・ハックフォード
  • 上映時間:124分
  • 日本劇場公開日:1982年12月18日

コメント

タイトルとURLをコピーしました