『天気の子』のネタバレしちゃいます

アニメ

『天気の子』4D版を上映

アニメーション監督の新海誠が12月13日(木)、都内で行われた最新作『天気の子』製作発表会見に出席。

「いい映画になる確信がある」と自信を示す同時に、「前作が成功したおかげで、複雑さを盛り込める立場になれた。賛否分かれる要素もある」と語った。

映画『天気の子』には晴れ女、水の魚、銃など、気になる描写やアイテムが多数登場しました。

この記事では、『天気の子』の解釈の分かれるラストや劇中では詳細に説明されなかったシーンを考察・解説していきます。

新海誠監督『天気の子』に、音楽に新たな試みとして三浦透子が参加していることが明らかになった。

3DCG映像を高速にレンダリング(生成)するために、十数台のワークステーションをクラスタ構成で束ねたレンダーファームにもZを採用。

『天気の子』の制作で使われたワークステーションの9割をZで固めた。

Zを導入したことで、3DCGチームをはじめとする制作現場は「ストレスなく仕事ができるようになった」とも話す。

例えば『天気の子』は雨のシーンが多く、粒子の運動を表現する3DCGのグラフィック技法である「パーティクル」を多用する。

そういった重い処理を多く実行しても、ハードウェアが原因で処理が止まってしまうといったことはほぼ無かったという。

新海誠監督作の『天気の子』が、2020年2月9日に開催される、第92回アカデミー賞授賞式の「国際長編映画賞」ノミネート候補作品の日本代表に選ばれた。

新海誠監督の最新作『天気の子』が公開から75日間で観客動員数1,000万人、興行収入130億円を突破したことが分かった。

『天気の子』が、9月27日(金)から4D版を上映することが決定。新ビジュアルも到着した。

『天気の子』Blu-rayコレクターズ・エディションに収録される映像特典<メイキングドキュメンタリー>の中から、醍醐虎汰朗&森七菜のアフレコ映像の一部が到着した。

タイトル『天気の子』とは、願いで”天候を操る”能力を持つ陽菜のこと。先述した天気の巫女の響きにも通じますね。
映画パンフレットによると「天気はたんなる自然現象ではなく、思いや運命や世界そのものの象徴」であり、誰もに身近な「天気」のように、みんなの物語だという意味があるとのこと。

だからこそ、「子ども」ではなく「子」になっているのです。
そこから転じて、帆高にとっての陽菜、陽菜にとっての帆高のように、狂った世界でも生きていくための支え、希望、光(太陽)のような存在。

誰かの世界の理解者、そばで”「大丈夫」になりたい”と思ってくれている人を、天気の子と呼ぶのではないでしょうか。

3年ぶりとなる新作『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を”選択”していくというストーリー。

東京にやってきた家出少年・帆高が出会った、不思議な力を持つ少女・陽菜。2人の恋の物語は、美しく、切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして全世界の人々へのメッセージとして描かれていく。

新海誠監督の最新作『天気の子』が、初日3日間で『君の名は。』対比128.6%となる16億円超えの興行成績を記録したことが分かった。

新海誠監督の大ヒット映画『天気の子』。

本作を無料で観るならU-NEXTがおすすめです!本記事では本作を視聴できる配信サービス、あらすじ、キャラクター、映画『君の名は。』とのつながりなどについても解説していくので、要チェックです。

『天気の子』が第44回トロント国際映画祭のスペシャル・プレゼンテーション部門に出品決定した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました