「ヴィンチェンツォ」13話のあらすじ・ストーリー・内容・感想【韓国ドラマ】

ヴィンチェンツォ 韓国ドラマ

あらすじ

チョ社長はヴィンチェンツォに銃を向け、「今までご苦労様でした」と言いなぜか理由を聞きますが、チョ社長は答えません。

Dとマークがついた金塊だけ取り出し地下室から出ます。ヴィンチェンツォは「欲しいのは金じゃなくギロチンファイルか」と答えます。

ギロチンファイルは各政治家の裏事情など公にできない情報がたっぷり詰まっているファイルの事で、チョ社長はヴィンチェンツォが知っている事に驚いていました。

このファイルがあればバベルを倒せるので探していて、地下室にあることを知っていました。

チョ社長が電話に出た瞬間銃を奪いヴィンチェンツォとチョ社長は揉み合いになります。

その頃ジュヌは各政治家や新聞社の社長などトップ達にビルのフロアをあげる代わりに、バベルが非難や騒動が起きても揉み消せる約束をします。

ヴィンチェンツォはチョ社長が持っていた銃を見ていると弾は一発も入っておらず、撃つ気もありませんでした。

ギロチンファイルだけを取り出したくヴィンチェンツォに嘘をついていました。

住人達は車内で「チョ社長とヴィンチェンツォが会っていたのが怪しい」と思い、旅行に行くのを辞め、ビルに帰る事にします。

チャヨンはヴィンチェンツォに電話をし「住人が戻ってきたわよ!」と焦り急いで地下室のドアを閉じます。

金塊や虹彩データなどジャンパーも全て地下室に戻しました。

ヴィンチェンツォはチョ社長に「ギロチンファイル」も戻してしまい、せっかく開けたのに悲しんでいました。

ジュヌの弟ハンソはジュヌを殺しかけていたので、自分も殺されてしまうんじゃないかと不安でした。

そしてやけくそになり自分が無能なフリをし、警察のお世話になり暴れまくります。

ネットではジュヌが会長に就任すると掲載されていました。

いいイメージが持たれており、チャヨンは腹が立っていました。

ハンソは狩りで撃ってしまったことを謝ります。

ジュヌはすぐ許しますが「俺が刑務所に入るときはお前が入れ」と身代わりのために利用しようとします。

ジュヌはバベルの就任式に向かいます。

ヴィンチェンツォとチャヨンはバベルの企画チーム長と委員長を罠にはめようとします。

委員長を捕まえ、椅子にぐるぐる巻きにします。

セメントに埋めようとし「誰の仕業だ」と委員長は聞き、チーム長だと嘘をつきます。

委員長はすぐさまチーム長に電話をし「俺を殺そうとしたな、さもないと、不正行為を暴露する」と言い電話を切ります。

ジュヌはバベルが新しく電気自動車に進出するオープニングセレモニーを開き、会場にはジュヌのファンが押し寄せていました。

ヴィンチェンツォとチャヨンはジュヌにとっておきのプレゼントを用意していました。

突然映像が変わり、チーム長と委員長が会長の命令で不正をやったなどの映像がリアルタイムで流れていました。

もう一つサプライズで、カサノ家で代々伝わる力を誇示する為、ボスに向かって豚の血をかける儀式がありました。

それを、ジュヌの頭目がけて豚の血が流れてきて、マフィア式でジュヌをお祝いしました。

ジュヌはヴィンチェンツォらに向かって睨みつけ第13話は終わりになります。

感想

ギロチンファイルを見つけましたが、また地下室送りになってしまいました。

あれがあればすぐバベルは終わりなのに!と悔しいですね!ジュヌは弟を身代わりにするとかかなり最悪な兄。。

ヴィンチェンツォはしっかりチーム長と委員長を騙し合わせて、計画は大成功に終わりましたね。

頭上から豚の血はかなりインパクトがありました!

余談ですが、ジュヌ役のテギョンは2PMのメンバーでもあります。

Heartbeatという歌の歌詞の中で「Listen to my Heartbeat」とあり、ドラマのセリフの中でも同じことを言っているシーンがあります。次回も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました