韓国ドラマ「ヴィンチェンツォ」11話のあらすじ・ストーリー・内容・感想【人気】

ヴィンチェンツォ 韓国ドラマ
この記事は約3分で読めます。

あらすじ

ヴィンチェンツォは、殺し屋の携帯に会長と登録されている携帯に電話をかけます。

そしてジュヌの携帯に殺し屋からの着信が来ていますがヴィンチェンツォはまさかの気付いてませんでした。(前回で絶対気付いてたはず)ジュヌはバレるかと思いヒヤヒヤしていました。

殺し屋達はまだ生きているで倉庫に拘束する事にしました。

そして、倉庫に到着したヴィンチェンツォ達は、殺し屋達を車の排気ガスを車内にいくように工夫し、いくつか質問をします。

遺族達や、キル院長を殺したのも白状し最後は車ごと水中に沈めてしまいました。

ヴィンチェンツォとチェヨンは二人でお酒を飲んでいました。

トンネルで抱きついた瞬間に胸がドキドキしたと言い、もう一度抱きしめたいとヴィンチェンツォにお願いします。

そしてヴィンチェンツォに抱きつきますが、緊張してドキドキしたんだと自己解決してしまいました。ヴィンチェンツォは母親のお見舞いに行きました。

母親は息子と会話しているとは気づいていません。

ヴィンチェンツォは「息子は元気にしているから、罪悪感を抱かず早く病気を治しましょう」と告げ、病院を後にします。

一方ミョンヒとジュヌは対策を練ろうとしますがウサン側は自分らにも危害が加わらないか心配になります。

ヴィンチェンツォ達はウサンのボスの通話記録を調べているとトンネル付近にいた事に気づきます。

ですが通信記録しか情報がないので足止めを喰らいます。

ボスと接点がある人間を探す事にします。

チョ社長の書き込みにより、お寺の住職が護法部(お寺を調査する部)が訪ねてきて、信徒に寄付の強要や法会を開かないと嘘ばかりの書き込みにより調査される事になりました。

ヴィンチェンツォはすぐチョ社長の仕業だと気づき、注意します。

その後、南東部地検国際犯罪チームに、殺人未遂・教唆・脅迫容疑で逮捕されてしまいました。住人の前でマフィアでコンシリエーレだど言われてしまい、容疑を晴らすためヴィンチェンツォに付いていきます。国際情報院としてヴィンチェンツォをスパイしていた住人がヴィンチェンツォを助けてくれました。

ヴィンチェンツォはすぐ釈放してくれてとても助かっていました。

ジュヌにもその情報が入り、なぜうまくいかないかモヤモヤしていました。

ヴィンチェンツォはイタリアで調べていた韓国人を調べる事にしました。

そうすればバベルのボスを見つけることが出来る為、助けてくれた情報院に頼む事にします。

そして見つけ、韓国人を捕まえて、ボスが誰か聞きますがすぐには答えてくれません。

ヴィンチェンツォは拳銃に一発だけ入れて、交互に撃ち合います。

それに耐えられなかった韓国人は、ジュヌがボスだと白状しました。

チェヨンはその頃ジュヌが得た情報を聞く為一緒にいました。

ヴィンチェンツォはチェヨンに電話をし、聞くだけにしてくれと言い「バベルのボスはジュヌだ」と伝えます。

ヴィンチェンツォはジュヌの所に訪れ、頭に拳銃を突き付けます。

最初はとぼけるフリをしていましたが、ジュヌは本性を現し「さっさと撃て。マフィア野郎」と言い第11話は終わります。

感想

遂にヴィンチェンツォはジュヌがバベルのボスだと気づきました。

チェヨンはウサンの頃から可愛がっていたジュヌだったので複雑な気落ちだと思います。次回も楽しみです。

12話は、以下の記事からどうぞ。

「ヴィンチェンツォ」12話のあらすじ・ストーリー・内容・感想【韓国ドラマ】
あらすじ 打とうとした瞬間検事達が入ってきて、ジュヌは「僕は違う!」と演技し、ヴィンチェンツォを嘲笑い、ヴィンチェンツォとジュヌは連行されてしまいます。 チェヨンはジュヌがまだ演技している事に対し腹が立ちビン...

コメント

タイトルとURLをコピーしました