「ヴィンチェンツォ」1話のあらすじ・感想を紹介【韓国ドラマ】

ヴィンチェンツォ 韓国ドラマ
この記事は約2分で読めます。

あらすじ・ストーリー

イタリアのマフィア「カサノファミリー」の一人

ヴィンチェンツォ・カサノは悪党でありながら、悪党退治をしていく物語です。

ヴィンチェンツォは仕返しをしにエミリオのぶどう畑を燃やします。

パオロ(ボスの息子)はそのやり方に不満を感じ、ヴィンチェンツォの住んでる所に刺客が現れて、殺そうとしますがヴィンチェンツォにはバレバレで刺客をあっさり殺してしまいます。

パオロに着信が入り、ヴィンチェンツォはパオロの車だけを爆破しました。

なぜならボスの息子でもあるパオロは「ボスになる資格はない。殺さないのは最後の敬意」だと伝え、ヴィンチェンツォは韓国に飛び立ちます。

着いた途端、ヴィンチェンツォは睡眠薬の入った水を飲ませて強盗をする運転手のリムジンバスに乗ってしまい、手持ちの物全て盗まれてしまいます。

生粋のイタリア人なので怒る時もイタリア語。そもそもなぜ、韓国に来たのか。

ある依頼人(ワン会長)がクムガプラザの地下に密室を作り金の財宝を隠していて、その数15トン。

その内容を知っているのはワン会長・ヴィンチェンツォ・チョ社長の3人。

クムガプラザの周辺は開発が進んでいるハベル建設が所有していて、住人も反対運動をして立ち向かっているが、ハベル建設は住人を脅すために建設メンバーを引き連れてきました。

タイミングよくヴィンチェンツォが登場し、ハベル建設のボスを窓に突き落とします。

命綱は住人が首にかけていたメジャーのみ。

ヴィンチェンツォは「僕は必ず建物を取り戻し、あんたに代価を払わせるだろう」と伝え怖気ついたボスは手下たちを連れて逃げていきます。

感想

まだ一話目でしたので、これからの内容が楽しみです。

終始シリアスな感じかなと思ったら、時折コメディーさも交えた内容だったので最後まで楽しく見れました。

ソン・ジュンギが出ている作品は基本面白い作品ばかりなので今作も飽きずに見れるのではないかなと思います。

ソン・ジュンギ出演作

  • トキメキ☆成均館スキャンダル
  • 根の深い木〜世宗大王の誓い〜
  • 優しい男
  • 太陽の末裔〜Love Under The Sun〜

 

2話の記事は、こちらからどうぞ

「ヴィンチェンツォ」2話のあらすじ・ストーリー・感想【韓国ドラマ】
あらすじ・ストーリー ヴィンチェンツォが、アントカンパニーの代表(ソクド)を窓からメジャーで吊るした後代表が仕返しをしようとする瞬間に記者が集まってきてさっさと帰ることに。 その後ユチャン弁護士と話をします。 弁護士は「ふざけ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました