ドラマ「天国と地獄」第5話のあらすじ・概要・感想【ネタバレあり】

天国と地獄 日本ドラマ
この記事は約3分で読めます。

日高はるとは、一体どんな人間なのか?少しずつ明かされていく真実が!?

あらすじ

公園のロッカー前で、同居人彩子(魂が日高)の姿を見てしまった陸。

便利屋りっくんとしての仕事の師匠に、ロッカーの合鍵を作ってもらいロッカー内を物色してしまいます。

その中に入っていた手紙の宛先が『日高はると』だったこともあり、日高(魂は彩子)のもとに陸がやってきます。

カフェで二人があっているところに、秘書の五木から連絡が入り、再び会うことを伝えて去っていきます。

会社では、日高社長が連続殺人の容疑者であるとか、殺人事件に関することや警察が情報公開してないことなどがSNSで拡散されているというのでした。

その情報を漏洩したのは一体誰なのか?

これを調べ始めていくコアース社の社員たち。

その一致団結力を見る度、日高(魂は彩子)は、日高はるとという人間性に触れている気がして、彼が殺人を犯す人とは思えなくなっていくのでした。

コアース社のネガティブキャンペーンをしているのは誰なのか?

捜査情報を漏洩してしまったのは誰なのか?これを日高と彩子が協力して調べていて…。

感想

今回は、同居人陸と日高(魂は彩子)の関係性が、とてもキュートです。

陸は、彩子(魂は日高)が使っていたコインロッカーの中からでてきた手紙から日高(魂は彩子)の元にやってきて…。

日高と彩子が入れ替わったことを告白されて、激しく納得している陸が可愛い。

そして、陸が殺人犯かもしれない彩子(魂は日高)との同居が心配で、家からでていくようにという日高(魂は彩子)もとってもかわいかったです。

陸のことが大切だったのかな。

こちらがメインですが、日高が経営するコ・アース社のネガティブキャンペーンがSNS上で拡散されて、その犯人が誰なんだ?と日高(魂は彩子)と彩子(魂は日高)が、協力して調べていく様子はバディ感があって、おもしろいです。

実際は、以前も登場したアメリカで日高といっしょに働いたりもしていた九十九が、情報漏洩して、自分のところに莫大なお金が入ってくるようにと画策していたことを知ります。

彩子(魂は日高)が、女スパイみたいな恰好がしたいと言って、ハイブランドのドレスとばっちりメイクをして、九十九の元へ行っている様子が痛快です。

陸と彩子の出会いから、陸の彩子への想いがはっきりとわかって驚きでした。

一度は逃げた彩子(魂は日高)の元に、スパイとして戻っていく姿はLOVEですね。

でも彩子(魂は日高)が、部屋に戻ってきて家にいる陸を見てほっとしていた様子もなにかひっかかります。

この伏線は回収されていくのかな。最後まで見逃せません。

 

ドラマ「天国と地獄」第6話のあらすじ・感想【綾瀬はるか主演】
歩道橋の上の彼女が犯人?!明かされ始める日高の過去 あらすじ 日高(魂は彩子)は、彩子(魂は日高)が隠し続けている手紙が気になり始めます。 その内容は、『歩道橋の上で待っています』というラブレターのようなもの。 日高の過去に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました