「天国と地獄」第4話のあらすじ・概要・感想【ネタバレあり】

天国と地獄 日本ドラマ

猟奇的な殺人が再び!二人そろって塀の中?!

あらすじ

彩子(魂が日高)が再び猟奇的殺人を犯して、その時の動画を日高(魂は彩子)に送ってきた。

ショックで言葉を失う日高(魂は彩子)のもとに、河原刑事がやってきます。

河原刑事の事情聴取を受けるものの、自宅から全く家をでてないので帰されます。

聴取後、彩子(魂は日高)と日高(魂は彩子)の痴話げんかのような光景を目撃した河原刑事は、二人の様子に違和感を覚え疑惑の目をむけるようになります。

しかも、先日証拠品として押収した手袋からは、DNAなどは採取されなかった。

それは、バクテリアが混入していたため、バクテリアによって試料が分解されたためだった。

科捜研の人々の声を聞いてしまった河原刑事は、彩子(魂は日高)に疑惑の目をむけていきます。

河原の疑惑の目をすり抜けることはできるのか?二人はどうやってすり抜けるのか?

 

捨ててあった家のごみの中から血まみれのものを見つけてしまった同居人陸。

疑いの目を彩子にむけていきます。

そして、仕事中にコインロッカーの前にいる彩子を見つけてしまい…。

感想

『次の数字はなんなんですかね~』なんて言いながら今まで殺された殺人事件の被害者には、数字が使われていることを思い出しつつ、入浴している綾瀬はるかが色っぽすぎます。

 

それだけじゃなく、最近の日高の様子がおかしいことが気になっていた秘書の樹里が、社内メールで『社長は今記憶障害がおきている』と送ると社員みんなが社長室にやってきて、社員みんなに信頼されていたんだなというところがすごいです。

 

彩子(魂は日高)が、捜査一課でパソコンに向かっていると、するどい視線を感じてその方向に振り向くとそこには河原刑事の後ろ姿が…。

北村一輝演じる河原刑事の視線は、いたいくらいなんじゃないかと見ていて思ってしまいます。

 

実は、彩子(魂は日高)が、証拠品の手袋を返してほしいと、日高(魂は彩子)に伝えてそれを渡してもらう場所が、高級スパ。

密会という言葉が似合う場所過ぎて驚きでした。

そこで、日高(魂は彩子)が、『このまま見過ごして死体の山が増えるくらいなら二人そろって地獄に落ちましょう』というシーンは圧巻でしたよ。

高橋一生の女っぽい言葉遣いが、見ていて不自然なさ過ぎて、それもすごいです。もう女性にしか見えない!!

 

その理由というのが、実は河原刑事が見つけてきた目撃者が、殺人鬼日高(外見は彩子)によって殺されてしまうのではないか?と八巻と日高(魂は彩子)が考え、それを阻止するために動き出したところ、彩子(魂は日高)もそこまでは思っていなかったようで、二人の冷静な企みで、うまくすり抜けるんですが、河原刑事が、ついに大変な立場になってしまい…。

 

逆に河原刑事の逆襲がこわいぞーって思いつつもう毎回見逃せません。

 

第5話は、こちらです。

「天国と地獄」第5話のあらすじ・概要・感想【ネタバレあり】
日高はるとは、一体どんな人間なのか?少しずつ明かされていく真実が!? あらすじ 公園のロッカー前で、同居人彩子(魂が日高)の姿を見てしまった陸。 便利屋りっくんとしての仕事の師匠に、ロッカーの合鍵を作ってもらいロッカー内を物色して...

コメント

タイトルとURLをコピーしました