映画「テネット」で疑問に思う事を理解しておきたい【前提知識】ネタバレなし

テネット 洋画

映画を見る前の前知識

映画テネットを見た人は、かなり複雑に感じて意味がわからない人もいるかと思います。

ネタバレしない程度に少しだけ覚えておくとよい事を書いておきます。

知っていると映画が理解しやすくなるかと思います。

主人公の名前

劇中内では、一度も主人公の名前が呼ばれる事がありません。

そのため、主人公は「名もなき男」となっています。

ちなみに実際の俳優の名前は、「ジョン・デビッド・ワシントン」で、30歳までは、プロのアメリカンフットボールの選手でした。

テネット

そもそも映画のタイトル「テネット」は、どうゆ意味なのでしょう?

「主張」、「主義」の意味になりますが、作品の中では、主人公が遂行する”任務名”と理解してよいと思います。

作戦=テネット

みたいな感じでしょうか。

ぎゃっこう(逆行)

作品内で逆行の言葉が頻繁に使われます。最初は、意味がわからなくてもストーリーを見ていくと意味がわかります。

ギャッコウは、逆の方向へと進むことを意味します。

アルゴリズム

アルゴリズムと言われる言葉は、簡単に言うと「仕組み」と理解してよいと思います。

「このアルゴリズムは、複雑だ」なんて会話をする事もありますが、まさに仕組みの事を指しています。作品内では、仕組みを作る部品の一部と思うとよいかと思います。

テネットの飛行機は、CGなのか?

ご存じの通りノーラン監督は、CGを使いません。

最初は、ミニチュアを使う予定だったと言われる話もありますが、飛行機が建物に突っ込むシーンは、実際の飛行機を使っているそうです。すごいです。

ニールのリュックにぶら下がる五円玉

5円玉に似ていますが、5円玉ではありません。

ニールのお守りを再現して販売している人がいます。

メルカリで「テネット チャーム」で検索してみると見つかりますよ。

過去に戻るが未来にはいかない?

作品を見ていると未来から過去に行く事があっても、戻るシーンがありません。

すごく不思議な感じがしますが、タイムトラベルの考え方が根本的に異なるからです。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」では、過去を変えると未来が変わりますが、

テネットでは、過去が変わっても起きた事は、変わらない理論なんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました