名作『千と千尋の神隠し』の興行収入が「鬼滅の刃」と勝負

ジブリ

誰もが知るジブリの名作『千と千尋の神隠し』

『千と千尋の神隠し』の世界は不思議で、カオナシの存在や、トンネルが入った時と出るときの違いだったりと謎が多いですね。

2001年に公開された長編ジブリアニメーション『千と千尋の神隠し』。

興行収入は300億円を超え、数々の著名な映画祭で受賞するなど、興行的にも作品としても大成功を収めた作品です。

しかし、ファンの間でまことしやかに囁かれる都市伝説があることをご存知でしょうか。

今作の解釈は人それぞれで、明確になっていない謎もあります。

そんな想像を掻き立てる余白が、『千と千尋の神隠し』の魅力を更に引き出しているのかもしれませんね!
また、宮崎駿監督や制作陣の熱い思いが作品に反映されているのも印象的でした。

宮崎駿氏が監督した、スタジオジブリ制作の「千と千尋の神隠し」は、日本では2001年に公開されたが、外国映画の公開本数を制限している中国では未公開のままだった。

児童文学「霧のむこうのふしぎな町」の影響を受け、日本各地に伝わる民話をベースに独自のファンタジーを生み出した宮崎駿監督。

その舞台は日本の神様たちがやって来るお風呂屋さんだ。

作品に描かれた街並みは、宮崎監督が個人的に大好きな場所、明治、大正時代の民家や商店などが移築・復元してある、東京の都立小金井公園にある「江戸東京たてもの園」のような世界をイメージして作られている。

また、湯婆婆が経営する温泉旅館に関しては、特定のモデルはないとされているが、これも日本各地の温泉街(道後温泉本館、渋温泉金具屋、湯原温泉油屋)や、江戸東京たてもの園の子宝湯など、さまざまな建築物を基にして描かれているという。

しかし、今ではこのような温泉街もかつてのような勢いはなくなり、お風呂屋さんはほとんど見かけることがない。

『千と千尋の神隠し』は、このような現代社会で失われつつある日本固有の文化、そしてなによりも言葉の持つ力とその重さと尊さを教えてくれる。

「千と千尋の神隠し」は、10歳の少女千尋が思いがけず迷い込んでしまった八百万の神様の不思議な世界で、周りの人に支えられながら、たくましく成長していくファンタジー物語です。
千尋のモデルとなったのは、スタッフの子供である10歳の少女だそうです。
その少女は宮崎駿監督の「小さな友達」であり、「小さな友達」との出会いが、10歳の子どたちに向け、少女がたくましく生きる姿を描きたいという思いを沸き起こさせたそうです。
たくましく生きること、人を思いやること、家族を大切にすること、自分を大切にすること。
この物語の中には、子どもたちに伝えたいメッセージがたくさん詰まっているように思われます。
子どもだけではありません。
映画を見た大人も、童心に返り、きっと心を打たれるでしょう。
それが宮崎駿監督の映画がどの世代にも受け入れられる所以だと思われます。

『千と千尋の神隠し』にはいろいろな外見の神様が登場しますが、みんなどこか愛らしい面をもっています。

おしら様はまさにその典型といったところでしょう。

千尋に優しく接してくれたこの神様に隠されたドラマを紐解いていきましょう。

幻想世界に迷い込んだ女の子が主人公の「千と千尋の神隠し」は、国内外で熱狂的なファンを生み、スタジオジブリの映画で最も総収入が多い作品となっている。

この日本中の人がよく知っているジブリアニメ「千と千尋の神隠し」は、海外でも人気の高いジブリアニメの一つです。

海外からの賞の受賞・評価

・第52回ベルリン国際映画祭金熊賞
・第30回アニー賞掌編アニメ映画監督賞、脚本賞、音楽賞
・第68回ニューヨーク映画批評家協会賞アニメ映画賞
・第28回ロサンゼルス映画批評家協会賞アニメ映画賞
・ナショナル・ボード・オブ・レビューアニメ部門賞
と海外の多くの賞を受賞しています。

銭湯や神様といった日本の文化や考え方に触れることができ、その価値が評価されていると思われます。

映画『千と千尋の神隠し』を彩る要素はいくつもありますが、とりわけ観客に衝撃を与えたのは「変身」かもしれません。

目の前で両親が豚に変わっていくのを見つめるしかない千尋、あるいはワガママな性格を咎められ、ネズミに変えられた坊。

一見繋がりのない二つのドラマは、あるひとつのテーマによって繋がっていました。

徳間書店から出版されている「千と千尋の神隠し―Spirited away (ロマンアルバム)」や、「千尋と不思議の町」と言った書籍のインタビューで監督は、10歳くらいの子どもたちに向けて、本作を制作したと話しています。

掘り尽くせない謎やメッセージの奥深さが魅力の本作ですが、今回はストーリーを順に追いながら作品を紐解く考察を行います。

2001年に日本公開し、興行収入300億円を超えた『千と千尋の神隠し』。

実は、本編のラストシーンよりあとに続く、幻のラストシーンがあるといわれています。

主題歌は、「いつも何度でも」

多くの人の心に残る名曲であり、老若男女問わず歌われる名曲です。

しかし、映画が完成に近づいた段階でラッシュ(完成した素材を荒くつないだ映像)を見て、「千尋とカオナシの話」であることを認めたという。

結論としては、どちらにせよ白狐と人間のどちらも含んだキャラクター設定になっていると思います。

その説を支持した場合、『千と千尋の神隠し』という物語は”千尋が味わった一時の臨死体験”とも言えそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました