ドラマ「イチケイのカラス」7話から9話のあらすじ・ストーリー【ネタバレあり】

イチケイのカラス 日本ドラマ

7話のストーリー・あらすじ

弁護士時代のみちおが最後に担当した12年前の東丸電機殺人事件。

東丸電機の研究部主任だった被告人の仁科は、被害者の経営戦略部部長・布施から研究部門の解体および製造部門への異動を命じられたことが原因で度々トラブルを起こした挙句に撲殺した罪で、無期懲役を言い渡されていました。

しかし仁科は、判決後も無罪を主張し続け、獄中で命を絶ったのです。

仁科は、事件現場から逃げていく男を目撃したと主張していました。

その男が、イチケイが扱った窃盗事件の被害者で、国税庁OBの志摩だったのです。

この窃盗事件がきっかけで、志摩が所長を務めるオメガ会計事務所が、東丸電機を含む大手企業数社の脱税に関与していた疑いが浮かび上がっていました。
坂間は、仁科の妹の由貴を訪ね、再審請求をすれば12年前の事件の真相を明らかに出来ると説得しますが、断られてしまいます。

次に由貴を訪ねたのが、みちおの元同僚でもある弁護士の青山でした。

二人の説得により、由貴は再審請求を決心します。弁護人を務めることになった青山は、すぐに会見を開き、今回の再審請求について公開での審理を求めました。
第1回公判で裁判長を務めることになったみちおは、公判が始まる前に自身がかつてこの事件の弁護人であったことを公にしてから臨むのでした。

またみちおは、いつものように職権を発動し、事件を調べ直すことになりました。

かつての事件関係者達から事情を聴取し、新たな事実が分かったのです。
次の公判では、それらの事実は全て志摩を犯人だと疑ってかかり、裁判が公正に行われないと思われてか、検察から3人の裁判官を排除する申立が出されてしまいます。

高裁からの圧力で、それは坂間が尊敬する日高に関わりのあることでした。
第3回公判では、日高も法廷に呼ぶことになりました。

駒沢より、当時の裁判時の書記官から「上の意見を汲んで、早く審議を終わらせるように言われていたということ」を聞かれ、日高は証言が偽証だと告げます。

現役裁判官なので、ズバッと切り捨てるように理由も述べました。成す術もないイチケイメンバーは何も言い返せなかったのでした。
公判後に中森検事は日高に真実を語る様子を、日高はこっそりと録音します。

日高はその録音を持って、マスコミに大々的に取り上げてもらい、自身も裁判官を辞職する決意をしました。

初めから日高は中森検事から真実を聞き出すため、みちお達の裁判を利用したのでした。

8話のストーリー・あらすじ

『イチケイ』に、事務官から書記官になるための研修生として、前橋と磯崎がやってきます。

駒沢は合議制で扱う案件があるから立ち会うよう、2人にも指示します。

案件は傷害事件でしたが、その起訴状を見た坂間と浜谷は驚きます。

被告人の潮川恵子は、坂間が裁判長、浜谷が書記官を務めている窃盗事件の被告人だったのです。
万引きの前科があった恵子は、再びスーパーで万引きをして保安員に捕まっていました。

恵子の万引きを目撃し、店側に伝えたのは山寺史絵という女性でした。

恵子には6歳になる娘がおり、夫は海外単身赴任中で、育児と義母の介護の疲れから軽いうつ状態で服薬していたのです。

そんな恵子と話した浜谷は、子どもを預ける場所がない彼女は罪を認めて逃亡の恐れもないことから、在宅からの審理がいいのではないかと坂間にアドバイスしたと言います。

しかし恵子は、その間に史絵に暴行を加え、ケガをさせていたのです。
窃盗事件と傷害事件が併合され開かれた第2回公判で恵子は、被害者が小学校時代の恩師だったことに触れ、4ヵ月前に万引きで逮捕されたときのことは恨んでいないと証言します。

史絵にケガをさせてしまったのは、実は史絵が万引きをしたところを目撃し、それを止めようとした際に襲われて抵抗したからだと言います。

恵子は取り調べの時からそう主張していましたが、虚偽の発言として取り上げてもらえなかったのでした。
一方、井出は史絵が万引きをした証拠がないこと、そして恵子から暴行を受けた後、市会議員の夫に電話し、逆恨みで元教え子に襲われたと助けを求めていることを指摘します。

10分後に夫が史絵のところに駆けつけ、一命を取り留めたのです。ただ軽度の麻痺と記憶障害が残ってしまったようでした。
さらに被告人は窃盗をしてしまう病気『グレプトマニア』になっていることが判明します。

被告人は史絵が万引きしたところを見た時、自分のようになってしまうと思い止めようとしたのでした。
傷害事件の傷の回数が2回で、それがどのようにしてできたのかが腑に落ちないみちお達は、職権を発動し事件を調べることにします。

その最中に被告人の娘のほたるが行方不明になり大騒ぎになりますが、彼女は史絵に会いに行っていたのです。

「ママを許してください」と謝るほたるに史絵は涙を流しました。

記憶障害だと思われていましたが、記憶は戻ったようです。
次の審理で史絵は手紙という形で、証言をします。

その手紙を夫が代読し、事件の真相を語ってくれました。

自身も被告人と同じ病気で、万引きがやめられずにいたのでした。

被告人が史絵と争い、被告人がその場を後にしたのち、史絵は「もう罪を隠しきれない」と思い、もう一度自分で頭に石を振り下ろしたのでした。

これが真実です。傷害事件については、被告人は無罪となりました。

9話のストーリー・あらすじ

みちおや坂間達「イチケイ」が扱うことになった世田谷家政婦殺人事件が、裁判員裁判で審理されることになりました。
事件の被告人は高見梓、被害者は桐島優香で梓は家政婦として桐島家で働いていましたが、ある時柵が壊れていることを知りながらバルコニーで優香と争い、突き飛ばして転落させたと言います。

梓は転落後もまだ息のあった優香を、そのまま放置しました。

偶然やってきて異変に気づいた配達員が救急車を呼びましたが、意識は戻らなかったのでした。

また優香は梓に、多額の遺産を残すことを1年前に弁護士に伝えていたそうです。
優香の娘の希美も見守る中で行われた第1回公判で、梓は自分は殺していない、事故だと主張します。

遺産の件も知らないと証言しました。

実は梓は5年前に、火災事故で父と娘を亡くし、譲り受けた夫の会社を売却して多額の資産を得ていたのです。

被告人に対し不利な事柄ばかりが浮上しますが、イチケイメンバーは至って冷静に話を聞き判断していました。
また希美も家政婦の高見を弁護するため証言台に立ちましたが、家族のように思っていると話をしてくれました。

昔から心臓疾患を抱えていて、11歳の頃移植を受け、やっと普通の生活が送れるようになったそうです。
被告人のことを悪く言う人はいないことがわかり、裁判員の人達は困惑してしまいます。

関係者の周辺の人達に聞き込みを行うと、希美の心臓移植と、高見の娘の亡くなった日にちが同じであることが判明し、調べを進めるとやはり、希美の心臓は高見の娘の心臓だったことが分かりました。
最後に被告人は真実を話してくれました。

被害者は13年前の元夫の悪事を話し、別荘で自分も殺されそうになったことを口にしました。

そして逆に元夫を殺そうと思い、隙を見て殴りかかり、別荘から抜け出したそうです。

数時間後にもう一度別荘へ戻ると、元夫は倒れたままで息があったのですが、命が尽きるまで放置し近くの山林に埋めたそうです。

捕まるわけにはいかないと思いつつも、最近遺体が見つかり、もう時間の問題だと思ったようです。被告人は自首を進めましたが、娘のことを思い、事故を装ってバルコニーから身を投げました。
判決は自殺幇助(ほうじょ)として懲役一年になりました。

 

10話から最終話は、以下の記事にあります。

ドラマ「イチケイのカラス」10話から最終話のあらすじ・ストーリー【ネタバレあり】
10話のストーリー・あらすじ みちおは青山と、彼女の母親の多恵に会いに行きます。 帰り道、青山は独立し事務所を立ち上げるにあたり、得意の企業法務だけでなく国選弁護もやっていくつもりだとみちおに話します。 青山は、その国選弁護で...

コメント

タイトルとURLをコピーしました