ドラマ「イチケイのカラス」10話から最終話のあらすじ・ストーリー【ネタバレあり】

イチケイのカラス 日本ドラマ
この記事は約6分で読めます。

10話のストーリー・あらすじ

みちおは青山と、彼女の母親の多恵に会いに行きます。

帰り道、青山は独立し事務所を立ち上げるにあたり、得意の企業法務だけでなく国選弁護もやっていくつもりだとみちおに話します。

青山は、その国選弁護である案件を担当するため、またイチケイに通うことになる、と続けました。

翌日、駒沢は合議制で審理するとみちおや坂間達に伝えます。

それは傷害事件でしたが、被告人が『名無しの権兵衛』で青山が弁護人を引き受けた案件でした。
第1回公判では、被告人は名前はもちろん、素性を明かすことを拒みます。

事件は、当時17歳だった被害者の朝倉純の胸部を工具で殴打し、ケガをさせたというものでした。

事件の背景にあるのは、路上生活者に対する少年達の投石事件です。

河川敷で路上生活者仲間とバーベキューをしていた被告人は、被害者の純を含む5名の少年達から石を投げつけられました。

少年達を追いかけた被告人は、純を捕まえ注意しました。

すると、腹を立てた少年達は再び投石行為に及び、路上生活者の一人にケガをさせてしまったのです。

純を探し出した被告人は、もみ合いになったときに彼が持っていたスパナを奪って殴りつけたというのです。

純は肋骨が折れるほどの大ケガでした。
しかしみちおから、起訴事実について間違いはないか、と問われた被告人は、間違っている、嘘だと答えます。

そして自分は嘘が嫌いだと言い、氏名は明かすことはないまま裁判が始まりました。

謎だらけの案件ですが、普段のように職権を発動します。
調べると、被告人はまるで医師のように路上生活者達の健康を気遣い、方言を話していたことを知ったみちおは、富山の方言かもと勘よく言い当てます。

青山の地元の富山へ向かったみちお達は、被告人の素性がわかりました。

17年前に緊急で帝王切開で処置しなければならない妊婦がおり、処置したのが被告人で、その場にいた看護婦が青山の母親だったのでした。

青山は母から頼まれ、彼を弁護することを引き受けたのです。
次の公判で被告人は自身の名を語り、17年前にあった出来事を話します。

緊急で手術し、母体も赤ちゃんも助けたかったのですが、実は彼は医師免許を持っていない、無資格医だったのです。

免許のない医師でしたが、医院のない過疎地では村のみんなから必要とされ、喜びを感じてしまったのでした。

医師免許を持っていないのに医療行為をしたことは時効が成立していますが、今回の事件で被害者が命の危険に瀕した際に被告人が医療行為を行った痕跡が残っていました。

自分がまた罪を犯すことよりも、被害者の命を救いたい、なぜならその子は17年前に自分が助けた子だからという、その理由だけで咄嗟に行動したのでした。

被害者も真実を語りたかったのですが、友人達から嘘をつくように言われ、嘘の証言をしてしまったようです。

最終話のストーリー・あらすじ

裁判官であるみちおが、元同僚の弁護士・青山と癒着し、無罪判決を出しているという告発記事が週刊誌に掲載されました。

そんな中、みちおを呼び出した日高は、「地裁の裁判官の任期は10年。任期満了後にはほとんどが再任される。問題のある裁判官以外は――」と告げました。

坂間は、日高がみちおを呼び出した理由を知ろうとします。

しかしみちおは、カレー屋を開くという話だけだったと嘘をつきました。

みちおの任期終了まであと3週間。

再任は、最高裁裁判官会議の指名により内閣が任命されますが、実質的にはみちおと因縁のある、香田健一郎が事務総長を務める最高裁事務総局の決定によるものでした。

坂間や駒沢は、ゴシップ記事の裏で何か大きな力が働いていると考え、みちおが職権発動している重過失致傷事件を検証し直すことになります。
事件の被告人は大学生の笹岡です。

自転車競技部に所属する彼は、大会に向け深夜に自主練習をしていた際に、すごいスピードを出していた上、左側通行を守らず、旅行から自宅へ帰ろうとしていた家族連れと衝突事故を起こします。

その事故で、7歳の娘が意識不明の重体となっていたのです。

笹岡は、左側通行を守っていましたが、右折するときにライトで視界を遮られ、さらに工事用のガードフェンスがあったために右側を走るしかなかったと話しました。

しかし検察によれば、深夜に工事を行っていた記録は一切ないのです。
坂間は、大きな力で真実を捻じ曲げるなら司法はそれを許さない、と言いみちおへの協力を申し出ます。

みちおは、そんな坂間に「この案件が最後になろうとも、僕はいつも通りやるよ」と言い、いつものように現場へと赴き、調べるのでした。

現場は地下鉄工事エリアだということが分かり、坂間が今担当している案件と繋がりがある可能性があることも判明しました。

“東京スクランブルシティ”と言う大型複合施設が建設予定であり、それに伴う地下鉄工事の業務上過失で多くの工事作業員が怪我をし、ある作業員・本庄昭が亡くなっていたのでした。

本庄の母によると、日頃の過重労働が原因ではないかと話していました。
またプロジェクトリーダーの代議士・安斎高臣は2世議員で、この工事の元請けは鷹和建設で脱税をしていたところだったのです。
事の大きさが分かりましたが、みんな普段通りに二つの事件を併合審理として取り扱うことに決めたのでした。

そして職権を発動し、事件のことについて詳しく調べることになります。

みちお達は本庄昭の息子・歩にも話を聞くことにしました。

歩は父が忙しくなかなか話もできなかったので、父親と交換日記をつけていたことを教えてくれました。

その日記には、事件のことについても記されていたのです。
併合審理3日目に、5歳の歩が証言台に立つことになりました。

幼なすぎて証言能力に欠ける恐れもありますが、過去にも幼い子供が証言していた記録が残っていたのです。

歩はお父さんはいっぱい働いていて、ある日お父さんに勇気をあげたことも話してくれました。
歩の父親のために勇気を出した行動を見て、傍聴席にいた人達は胸を打たれ、嘘をついていた工事作業員のメンバーが真相を話すことに繋がったのです。
違法労働によって予期せぬ自転車事故が起き、工事作業員はみな限界だと本庄が伝えていたようで、業務上過失ではなく、社長の指示で過重労働によって本庄が亡くなった、と言うのが事実でした。
事件は解決し、みちおは任期を終え、結局クビになりました。

しかし納得のいかないイチケイメンバーらは、香田健一郎の元へ直訴に向かいます。

彼の知られたくない秘密を暴露し、みちおのクビはなんとか免れたのでした。
それからみちおは熊本に配属され、新天地でまた裁判官として事件とまっすぐ向き合います。

まとめ

裁判官にも関わらず型破りな捜査をし、いろんな人から話を聞いて聞いて、一番いい判決を下す入間みちおは、今日も事件と真正面から向き合い、真実を明らかにしていきます。

みちおを支えるイチケイメンバーと、検察側の連携プレーも見ものの、新しい法廷物のお話でした。

個人的には毎話出てくる芸人さんが、楽しみで、笑わせていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました