ドラマ「イチケイのカラス」1話から3話のあらすじ・ストーリー【ネタバレあり】

イチケイのカラス 日本ドラマ

1話のストーリー・あらすじ

入間みちお(竹野内豊)は、東京地裁第1刑事部<通称:イチケイ>の刑事裁判官です。

元弁護士という経歴を持つみちおは、ヒゲを生やし服装はカジュアルで裁判官のイメージとはほど遠い男ですが、自由な観察眼と、徹底的に調べる探究心を持ち、弁護士団や検察官から恐れられていました。

そんなみちおを見守るのは、イチケイの部長で、有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判におき30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官・駒沢(小日向文世)と、元傍聴マニアの書記官の石倉(新田真剣佑)。

また、お人よしの書記官・川添(中村梅雀)や、母でもある書記官・浜谷(桜井ユキ)、事務官・一ノ瀬(水谷果穂)もイチケイを支えているメンバーです。
そのイチケイに、特例判事補になった坂間千鶴(黒木華)が赴任することになります。

東大法学部出身の坂間は、冗談が全く通じずイチケイに異動してきた目的は、事件の処理件数が少なく、会社なら倒産レベルの“赤字”状態であるイチケイを立て直すためでした。
駒沢は早速坂間にみちおと組むよう指示し、みちおを裁判長に坂間と駒沢の3人で審議する合議制で取り組むことになります。

起訴案件は、大学生の長岡誠が代議士の江波にケガを負わせた傷害事件でした。

実は彼は江波の秘書だった洋一郎の息子で、洋一郎は2ヵ月前不正献金疑惑で特捜部がマークし始めた矢先に、電車に飛び込み、自殺を図っていたのです。
検察側から、みちおのお目付け役として井出と、城島が出廷した第1回公判では、誠は江波の方から先に殴ってきたと証言し、父は自殺ではないと主張しました。

するとみちおは、傷害事件のもとになった洋一郎の死の真相を確かめる必要があるとして、捜査権を発動し現場検証を行うと言い出して坂間や井出たちを驚かせます。

現場へ赴き、交通情報や付近の工事現場の騒音など、とても電車の音に気付けるような状態ではないことが分かったみちおは、現場の踏切でお花を手向けていた少女のことが気になります。
後から調べると、少女は目撃者の娘であることが発覚しました。

実はこの子と母親が事件現場のそばにいた時に、母親が洋一郎の揉めている所を目撃し少女はオルゴールの音色に気を取られ、踏切内で箱から物を落としてしまい屈んで拾おうとします。

ただ周りの音がうるさくて電車に気付かなかった少女を、咄嗟に救ったのが洋一郎だったのでした。目撃者である母親は命の恩人なのに嘘の証言を江波に頼まれ、ずっと隠していましたが、良心が痛みやっと真実を話してくれたのです。

こうして事件は解決しました。

2話のストーリー・あらすじ

ある日坂間は最高裁判所判事で、司法研修所時代の教官でもある日高から呼び出され、パーティーに出席します。そこで坂間は、最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎を紹介されました。

健一郎は、坂間が地裁の第3支部の立て直しを任されていることを聞いており、人事局でもみちおの存在が問題視されていることを彼女に話します。
そんなとき駒沢は、合議制で扱いたい案件があるとみちお達に伝えます。

それは、1審で有罪判決が下された料理研究家の深瀬瑤子(前田敦子)による幼児虐待事件でした。

瑤子は当時1歳半の娘が泣き止まないことに苛立ち、激しく揺さぶりケガを負わせたことにより、傷害罪で2年6ヵ月の有罪判決を受けていたのです。

しかし瑤子は判決を不服として控訴します。それを受け高裁は、審理内容を精査し、地裁に差し戻したのでした。

実はこの案件は第1審の裁判長を健一郎の息子・隆久が務めた“取り扱い要注意”案件で、幼児の症状を診た医師の診断に間違いがないかみちおは疑問を持ち、10名の他の医師を呼び、同じように子供の症状を診てもらったのです。

すると医師らは、外傷を負った日から症状が出るまで3日程度の幅があったことが予想できると判断したのでした。

この事実が分かるとみちおは職権を発動し、事件3日前のときから事件を調べることになったのです。
まずはじめに、みちお達は瑤子の夫・啓介に話を聞きに行きました。

啓介は瑤子の育児疲れもあって、事件の3日前は社内の託児所に娘・しおりを預けていたことを話してくれました。

保育士に話を聞くと、その日に微熱があったしおりを連れ、かかりつけの病院でしおりを診てもらったそうです。

診察室で電話が入り保育士はその場を離れ、しおりを先生に預けたままでしたが、いつもより診察時間が長かったことを話しました。

その医師の名前は、なんとしおりの事件時の診断をした足立医師だと判明したのです。
足立医師を法廷に呼びたかったのですが、足立はそれを拒みました。

そこでみちおと坂間は病院に話を聞きに行きましたが、看護師から足立と香田隆久が揉めていたことを聞き、2人は学生時代の先輩後輩という間柄だったことを突き止めます。

そして地裁チームと検察チームの連携プレーで、足立と香田から話を聞く差し戻し公判が開かれることになります。
香田は証人尋問でみちおから「裁判官が絶対にしてはいけないことは何か?」と尋ねられます。

香田はすぐに「間違えることです。」と答えますがそこでもう1人の証人、足立が法廷に現れました。

足立はしおりが受診した日のことを正直に話し、診察中に急患の電話でカルテを見ている時に、しおりが寝返りしベッドから落ちたのです。

その後足立はしおりに異常がないか確認しましたが、3日後に救急で呼ばれ、しおりが急性硬膜下血腫で危険な状態だったのです。

3日前にベッドから落ちたことが気になりましたが、母親が虐待していた可能性もあることを聞いていたので、SBS(乳幼児揺さぶられ症候群)という判断をしたのです。

それからずっと疑念を抱き、不安になった足立は香田に思い切って誤診をしたかもと相談しますが、間違いが嫌いな香田は、自分も足立も間違えてないと言い聞かせたのでした。

結局、足立はSBSの第一人者である恩師に今回のことを診断してもらい、診断はSBSではなく3日前のことが原因での出来事だということでした。

瑤子は無罪になり事件は解決したのです。

3話のストーリー・あらすじ

ある日駒沢は合議制で扱いたい案件がある、と告げます。

案件は重過失致死及び死体損壊の事件で、被告人はガラス工房で働く藤代、被害者は野上でした。

その教室には野上の娘・碧が通っていましたが、迎えに来た碧の母で、警察官でもある奈緒に一方的に好意を抱いた藤代は、「野上哲司は浮気している」等の内容の手紙を差し出し人不明で送りつけていたのです。

それが藤代の仕業だと気づいた野上は、事件当夜、藤代と工房で会い口論からつかみ合いになったというのでした。

藤代は工房にあった自転車に乗って逃げようとし野上と衝突し、野上は後ろに倒れ後頭部を強く打ち命を落としたらしいです。

犯行の露見を恐れた藤代は、野上の遺体を焼却炉で燃やしていました。
みちおが裁判長を務めた第1回公判、入廷してきた駒沢の姿を見た藤代は驚きます。

実は駒沢は、18年前に裁判長として藤代を裁いたことがあったのです。駒沢はかつて自分が裁いた人間が悪党で、また犠牲者を出したのかという不安に陥っていました。
調べを進めると、藤代は犯行時刻をちゃんと把握しておらず、辻褄が合わないので、みちお達は新たに捜査をすることになりました。

事件のあった工房に行くには、工事をしている道を通らなくてはならないのですが、藤代の証言した時間だと工事中のため車は通れないのです。

したがって犯行時刻が矛盾していることが分かりました。
ある日、担当の刑事が事件の証拠がなく、裏どりをしてないことをみちお達に伝えに来てくれました。

理由は野上奈緒にDVの疑いがあったからです。
藤代の18年前の事件について調べると、自首する前に逃亡した藤代が自殺を図った時に、その頃新人警察官として赴任していた野上が彼を説得し、自殺を思いとどめさせたのでした。2人は昔から深い関係があったのです。
実は事件の真相は、娘の碧が父親のDVを受け、母と自分の身を守るために頭を殴って殺したのでした。

その日にガラス工房のレッスンに通うことになっていたのに工房へ来ない碧を心配した藤代は電話をかけると、碧は助けを呼び、藤代は野上の遺体を目にしたのでした。そこから現場を変え、工房へ遺体を運び、色々な細工をして事件現場を作り変えたのです。

奈緒も工房を訪れ、同じように細工をしました。

2人はかつて愛し合い、碧は2人の娘だったのでした。

4話から6話の記事は、以下にあります。

ドラマ「イチケイのカラス」4話から6話のあらすじ・ストーリー【ネタバレあり】
4話のストーリー・あらすじみちおは、坂間を訪ねて裁判官官舎にやってきた彼女の妹・絵真と出会います。絵真から、姉はどんな裁判官なのかと尋ねられたみちおは、裁判を傍聴したらどうかと言い、絵真はみちおと一緒に、坂間が裁判官を務めたいくつかの公判を

コメント

タイトルとURLをコピーしました