韓国ドラマ「アビス」4話のあらすじ・ストーリー・感想・評価【ネタバレあり】

アビス 韓国ドラマ

あらすじ

ミンとセヨンはヒジンを追いかけてる途中、ミンはバイクにぶつかり転倒してしまいました。

それでも追いかけようとするミンをセヨンは引き止め「今追いかけても姿はミンじゃないでしょ」と説得しました。ジウクはヨンチョルに頭を殴られてしまい病室にいて

「ギマンを刺したのはヨンチョルではない」と言いました。心はヨンチョルでも姿は別人なのでジウクは混乱していました。ミンは現場ん付近にヒジンがいるかもしれないとまたヒジンを探しに行きました。

カフェや色んな所を探しますがヒジンは見つかりませんでした。

ミンとセヨンは刑事にヒジンを探してもらおうと頼んだ瞬間、ヒジン本人が情報提供として来ていました。

ヒジンは「お金持ちだから婚約してやった」「私たちが付き合っている時も常にセヨンがいた」など証言していたり、ミンが犯人だというふうに証言を仕立て上げていました。

ミンは署から出てきたヒジンを引き止め話を聞こうとしますが、ヒジンはすぐ車に乗り込みました。

同乗者にはヨンチョルがいました。ヨンチョルは空港でヒジンを拉致して、警察で証言させていました。

セヨンはミンが偽物なんじゃないかと疑うようになってしまい、ID検索(指紋認証)をしました。

偽物の疑いが晴れたミンはほっとします。テレビでもミンが犯人だと放送されて、ヒジンが電話中継していました。

「お腹の赤ちゃんのためにも自首して」と嘘を言っていました。

ミンがそれに騙されないようセヨンは説得します。

ヨンチョルはヒジンと待ち合わせしていました。

「あんたなんかといたくない」と言うと「おまえの母さんにそっくりだ」と言います「私に刃向かったら母さんと同じになる」とヨンチョルは言います。

ヒジンは目の前にいるのがヨンチョルだと気づいていないので、本人に向かって「お母さんに何かしたら殺してやる」といい店を後にします。

ミンはヒジンと公園で会う約束をし、待ち合わせしていました。

車を停めてヒジンは降りた瞬間ヨンチョルがヒジンを轢いて逃げてしまいました。

ヒジンは死んでしまいましたが、ミンがアビスによってヒジンは生き返りセヨンの部屋で隠れる事にしました。

ミンはギマンを一度死なせてからアビスで生きかえらそうと考えギマンが入院している病院に向かいます。

ジウクもギマンの病室に向かう途中、受け付けの看護師に睡眠薬入りのコーヒーを渡し、眠らせている間にヨンチョルがギマンを殺そうとしていました。

その途中でミンが病室に入り殺されてしまいました。

セヨンはミンが持っていたアビスで生き返えらそうとしましたが、アビスは次の復活者(ヨンチョル)の手に渡ったのでアビスは消えてしまいました。

ここで第4話は終わりになります。

感想

アビスの持ち主ミンが死んでしまいました。

これからセヨンはどう行動していくのか気になりますね。

そして殺人鬼ヨンチョルの手に渡ってしまったアビスはどうなってしまうのかも気になりました。

次回も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました